目次
(りある?夢?日誌…)
(上旬)
(上旬)
(5月1日) 【海保の拷問(海中に頭を沈めた)による救急搬送事件に新証言】「意識不明らしいぞ。死んだらまた連絡する」「やばい。溺死したかも。意識不明だ。」現場の海上保安官発言。
(5月1日) 落ち着いて妄想に耽溺しまくって、まとめて書くだけの時間が欲しいんだってば~ッッッっ!
(5月2日) 目つき悪いし、余裕も無さげだし、まるで「昔の私」…☆★www
(5月2日) ※エルさんの転生史※
(5月2日) 狂気というよりもホラー。ホラー映画の現実に住んでいるようですよ
(5月3日) 富士山の神様は室町時代は赫夜姫/カグヤヒメという少女の神様が祀られていたんだよね。
(5月3日) ものすごい白烈光が視えます。惠瑠さんは自信満々です…
(5月3日) エルの天秤。
(5月5日) 1杯の紅茶や緑茶で30分以内に脳が活性化。
(5月5日) そして人類として輪廻することを選んだ。その利点は自分たちがどこから来たか忘れてしまうことにある。
(5月5日) 脳は一回細胞が完全に死滅すると再生はしません。努力したところで脳は回路を変えて対応するだけで、なくなった部位の機能は二度と取り戻せません。
(5月5日) こりゃダメだ、みんな死ぬ。
(5月6日) ちなみに私は1964年生まれで、「大気圏中熱核実験」の後が、いつもこんな鼻血まみれで…
(5月7日) (りすはここに棲みたい…☆)
(5月7日) タイムラインが複数有りそれぞれ歴史が違う。それぞれの異なるタイムラインは違う次元だ。このトラベルは、正確にはタイムトラベルでなく、次元間トラベルだ。
(5月8日) (とりあえず「何故じぶんがコノ時代に生まれ変わってきたのか」だけは、ハッキリしている…。w(^□^;)w
(5月8日) なぜ動くんだ点P!
(5月8日) 全員に脳の萎縮がみられる。壊された神経細胞は元にもどることは ありません。愉しい音楽と、娯しいアニメで、悔いのない毎日を、過ごしますかね…☆
(5月9日) 数万年前に地球の数分の一という巨大彗星がやってきて引力で接合し、持っていた水を地球に大量に明け渡し、自分は地球の衛星になってしまった。
(5月9日) どうせ私が努力なんかしたって、ぜんぶカミサマに潰される。
(5月10日) 逢いたいたい人には逢いにゆけ。今、すぐ…
(中旬)
(中旬)
(5月11日) 脳内はあいかわらず、歴代前世暗黒史を大展開中でございます…
(5月11日) ちなみに昨日の「脳内放送局」延々リピート曲目は…
(5月11日) 地面に激突死するまでの短い数分間のフリーフォール無重力をヤケで愉しんでるみたいな…
(5月12日) 脳内では前世大反省会。
(5月12日) 被曝した100人を比較したところ、とくに左脳に変化が生じていることがわかった。
(5月12日) いつも特別扱い(?)ありがとうございます、レラカムイ様!
(5月13日) 中国南端あたりに、慧瑠さんはいるらしい…
(5月13日) 「俺が朝早く起こされたのは全部地球が丸いのが悪い!」
(5月13日) 「今日は大通り公園から黒とうきびのご紹介!晴天だった札幌中心部、人生初の私の中継が始まった途端大雨&雷。そして終わった後に止む始末。ついてますね!!!」
(5月13日) 「何しろ広大な領土を自らの失政でなくしたのですから。未来をなくしたので過去に戻ったのですね。そこは、失政を無にできる遺制的な幻想の時空です。それを法的に実現するのが改憲です。」
(5月15日) からおかしな頭痛がすると思ったら、軽い脳梗塞を起こしていたようですが/私が凹んでいいのは「狼さん」関係と、判断ミスで「部下を無駄死にさせた」時。だけ…!
(5月15日) まぁ「ジャストこの時代に生まれ合わせた」のが、「生まれる前の自分の歴ヲタ趣味のせい」なのは、間違いない、自己責任。だからな…(~~;)…
(5月15日) (カザフの衣装の紋様が、アイヌ刺繍にそっくり!?)
(5月15日) 5万年におよぶ音楽の歴史を7分で見渡せる動画。
(5月16日) 大脳は「現実を映すプロジェクター」として設計されています。瞬間毎に感じる刺激や経験によって連続感を生み出しています。それで経験や現実が実際に途切れて幻想であっても連続する「幻想」の中で
(5月16日) 狼さんからの脳内放送が何故かコレだし。
(5月17日) 人命を粗末にするんじゃねぇ!ばか為政者ッ!
(5月17日) 海外で報じられてる事実が、日本だけでなぜか、電波とかトンデモ扱い。いい加減、真実を知られないようにするための洗脳工作だって気づいて欲しいんだけど。
(5月18日) 人の心配している場合じゃないな。不整脈が出て死にそう。まだ死にたくないよ。
(5月19日) シンクロニシティは、扉の向こうのもう一つの世界の端にあります。
(5月18日) 「生きるために不撓不屈の闘いを続けるひとたちを励ますための物語を書く」。
(5月18日) エル似の〈清少納言}嬢の実に人間的で秀麗な怒り顔が大アップで拝めた。
某所の新人リーダー嬢《清少納言の君〉(仮名)の手配写真。(いやほんとにエルに似てるんだよ雰囲気がエラソウで…wwww)
(5月19日) タイムラインを見ていないで、原稿を仕上げなさい。
(5月19日) 思い出したくもない前世黒歴史/被曝の最大の障害は知能低下と性格崩壊、意欲の減退。東京でも影響が出ている。
(5月19日) ??邪恋とか神世とか、どっから湧いて出たんだよ…??
(5月19日) まじで【さっぽろ結界】は、地球で一番、安全な聖地かもしれません…!!
(5月20日) ようするに、「暗いと不安で眠れない」んだな…(--;)…。
(5月20日) 私がいま視ている白日夢が被曝による脳損傷が見せている幻覚ではなく前世記憶の総ざらえであるとするならば。
(5月20日) 別名「ニグルの木の葉」現象。(そして永遠に原稿が完成しない…(--;)★)
(下旬)
(下旬)
(5月21日) 『いまだ視えざる物語』。/歴史とは、一般に認められた作り話である。
(5月21日) そんで私はヒラニアガルパだったのか?( ̄○ ̄;)
(5月22日) 「ヤ」はユダヤと同根の「神」を意味している。天皇が朝鮮から来たことが明らかになると非常に困るのが、万世一系説の信奉者たちだ。
(5月22日) 「泣き虫」は、「アイリス」だったのか…!
(5月22日) むしろシュメール語の キスキル・リラ  (kiskil-lilla)。
(5月23日) これは転生数十回がかり?の、相当大がかりなプロジェクト?だったわけで…
(5月23日) でも私の認識だと、そもそも「昔はエルと一つだった」んだよ。おばえてないけど。
(5月23日) 何のために生きているのかは判る。
(5月24日) 灰色姫。
(5月24日) 「埋もれた神話」を発掘作業中…☆
(5月24日) 吹奏楽のための「神話」~天の岩屋戸の物語。
(5月24日) (すでに先史文明前期に突入)
(5月25日) 白昼夢で「7次元レベルから見下ろしたリステラス時空還流の4次元立体モデル」とか視ちゃってたし、生身の脳に負担かかりすぎたかも。
(5月25日) 創作活動の手助けを目的とした地学関連の知識を載せた本とかって、南極地誌の解りやすいのが、絶賛大希望ッ!
(5月25日) 「ミネルバ」神の価値観は、「恋愛なんかしてる場合じゃない!」に、なるのであった…
(5月25日) 【核戦争】が始まった。/空爆後も逃げられなかった子供たちが描く絵。
(5月25日) なにも気づかないふりして「平穏な日常」の空虚な演技を続けるような、自分自身のありようそれ自体が、むしろSF…。
(5月26日) 「惑星《紅蓮》の物語」。
(5月26日) 人類ほど非現実的なものはありません。だからこそ死後の世界をも創造することができるのです。
(5月26日) 『バーディア 砂漠の花火』…続きが読みたい…(--;)…
(5月26日) 一番の抑止力は「政治力」と「外交力」だ。それをお前に期待した隊員も多かったんだぞ。
(5月26日) Ring of Fire. 「何をしているんだ……。原稿を書きたまえ。」
(5月27日)
(5月27日) 外面完璧TV対応なのがニョゼで、不器用で社交ヘタで一芸に徹するのみの頑固者が私(トキ・マサト)です…w
(5月27日) 事態をちょっくら、解説してみましょう…☆
(5月28日) 亜空間情報が高次立体に誤プリントされ実異時空に墜ちる。
(5月28日) 「清少納言の君」あらため「ミカサ・アッカーマンの宮」。
(5月28日) 足して3で割って、直立二足歩行型に改造したら、
(5月29日) 最大のトバッチリ被害者であらしゃられますエル@大地世界主神マライアヌ転生大魔王サマが、ぷんむくれていらっさいます…★
(5月29日) …どうやら本当に、「作中人物」の「真犯人」に、なってしまいましたね。
(5月29日) これから数年間は、二極化した人たちの戦いの時代に入ります。食料と水の確保、大地震や噴火に備え、放射能のない安全な場所を確保して下さい。
(5月30日) 登場するのはキリギリス(akris)のみである。…キリギリスって、ARK-RISなの?
(5月30日) 「罰ゲーム転生」。
(5月31日) 「スタッフ参加」希望者は帰天後、彼のところへ集合!
(借景資料集)
(借景資料集)
奥付
(続きます。)
奥付

閉じる


<<最初から読む

92 / 92ページ

奥付

 

リステラス星圏史略

sin 資料ファイル

Ω-X-2015-5

(霧樹りすはアルパカ狼さんの夢を視るか?)

(2015年5月)


http://p.booklog.jp/book/117983
 
 
 ☆ 著者 ☆
 霧樹里守
(きりぎ・りす)
 is
♪ 歌いながら大地を歩く ♪

著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/masatotoki/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/117983



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト

 


この本の内容は以上です。


読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について