閉じる


試し読みできます

算命学余話 #R43 (page 1)

 前回の余話#R42は龍高星(及び同じ印星としての玉堂星)へ向けた限定的な内容だったにも拘わらず、思ったより購読された方が多く、現代社会に苦悶している龍高星の数が窺い知れました。龍高星は調舒星と共に、他の星からは全く理解されないというハンデのような特徴がありますが、とはいえ人体図の五星全てが龍高星だけ、調舒星だけで構成されている命式というのはまず見かけませんし、仮にあったとしてもそれは八相局という別の意味合いが出てきます。

 いずれにしても主星以外の四星に「他の星」があるのが普通ですから、龍高星が他者と交流する時は、そうした「他の星」を駆使して他者との相互理解に努めているわけです。しかし本人にとって一番の本質である主星が抜けている状態で相手に接しているわけですから、本人としては不本意ですし、空しさも感じています。こうした空しさは、龍高星が知性を司る星であるだけに隠者のような厭世観を招き、うわべだけの付き合いに終始する人間関係にハナから望みをかけないという態度にも繋がります。良く云えば冷静、悪く云えば冷淡。こうしたシニカルな物の見方は龍高星に特徴的なもので、算命学ではこのような一歩引いた客観的視点のあることを「知性」と見做しているのですが、果たして「他の星」たちはこれを知性と認識するかどうか微妙なところです。

 

 ところで中野信子著『サイコパス』にサイコパスの特徴や見分け方を並べた項目があるのですが、算命学の唱える龍高星の見かけ上の性質とほぼ一致していました。サイコパスは知能の高い異常犯罪者に共通するタイプの人間として世間に認識されています。同著にはそうでない社会貢献度の高いサイコパスもいるのだという記述があるものの、読者の関心を惹くためにやはり悪事を働き恐怖をそそるサイコパスについて語る部分が多いです。

 この本の冒頭を読んでいる時既視感を覚えたのですが、橘玲著『言ってはいけない』の犯罪者と遺伝の関係を述べた部分とかぶっていました。同じデータを使い回しているのでしょう。どちらかがパクッているとは思いませんが、新しくもない説をそれぞれ別の本で紹介して儲けようとする著者や出版社の、本来の知性とは離れた商魂と売名を、龍高星たちは「指をさして」冷笑していることでしょう。同時にこの本を鵜呑みにして、サイコパスでない自分に優越感を覚えて安心している読者たちの知恵の浅さにも、皮肉な笑みを向けていることでしょう。

 

 龍高星のイライラとはこうしたものなのです。龍高星たる私は、中野氏の宿命における龍高星の有無を調べてやろうかと思いましたが、この方は生年月日を非公開にしているのですね。しかし、このような本を出しているからといって彼女に龍高星がないとは言えません。なぜなら龍高星は他者の理解を得るために「他の星」を駆使して化ける術を心得ているからです。尤もそうやって他者を説得し操ろうとする龍高星は、まさにサイコパスと呼ぶにふさわしいかもしれません。

 但し、繰り返しますが、龍高星でもそれ以外でも、持って生まれた星を使わない、或いは隠しておくというのは星が輝くのを妨げる行為ですから、その人の宿命消化という意味ではマイナスです。ましてや自分の本質である主星を輝かせないならば人生全体がくすぶりますし、本人も幸せを感じません。周囲に認められて称賛されたいという欲求は官星のものであって、他の福寿禄印星の本分ではないのです。たとえ世間がそっぽを向いても、本人の心が満足しているのなら、星は輝いています。算命学の唱える運勢向上とは、こうした輝きを優先するものなのです。

 

 前回のテーマを引きずった前振りが長くなりましたが、今回の余話は基礎から考えるシリーズの禄存星です。前回の余話を購読された方にはおわかりの通り、現代社会は禄星の圧倒的支配下にありますから、禄存星・司禄星の本質を知っておくことは処世術につながるかと思います。禄存・司禄は土性に属し、その本質は引力です。宇宙の天体の持つ重力が時空を歪めるほどの力を持つことはよく知られています。禄星というのはそうした重力を武器に財を集め、愛を集める星々です。巷の入門書には、これまた読者の関心を惹くために禄星を「愛の星」と宣伝するものが見受けられますが、算命学余話はそうしたふわふわした話ではなく、もっとズバリな現実を直視します。つまり愛とはカネであるという現実です。


1
最終更新日 : 2017-10-08 15:45:26

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

十條実さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について