目次
「あらすじです。」
「あらすじ」の梗概。
0 上古神代~四界神話
0.『 上古神代 』
 0.『 上古神代 』
(幕間劇 1)(ヤツリーダムの物語)
(幕間劇1) (ヤツリーダムの物語)
1-0. ヤツリーダムの物語。
1 涙滴大陸 (前期)
(1.涙滴大陸)(前期)
1-1. 《 神殺し 》。
1-2. 《 碧葉国 》の物語。
1-3. 《 谷の一族 》
1-4. 《月女神》信仰。
1-5.《鱗の民》 と 《谷》の終焉。
(幕間劇 2)
(幕間劇2)
『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)
1 涙滴大陸 (後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期) (1-6~10.)
(幕間劇 3)
(幕間劇3)
ヤツリーダムの物語 3
2 大地世界の物語
2.《大地世界》の物語
《大地世界》の物語 (※)
3 地球の終わりの物語
3.《地球》の終わりの物語
2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。
2-1.『間隙時代』の変遷。
2-8.『最終戦争』
4 美麗天地の物語
4.《美麗天地》の物語
3.美麗天地の物語
4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。
5 地球再統一
5.地球再統一
5-1.《 地球 》 再統一。
6 3界の物語
6.三千世界の物語
6.《三千世界》の物語。
(幕間劇 4)
(幕間劇4)
7 ジースト世界の物語
7.《ジースト》の 物語
(※)
8 銀河統一の物語~エリスウェサ体制まで
8.《統一銀河》の物語
8.《三千世界》 時代。
(幕間劇 5)
(幕間劇5)
9 リズから外へ ~ 末法宇宙の物語
9.《 リズ 》から外へ。
9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。
X 終わらない物語
(※)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(元原稿)
『 試 験 に 出 る 宇 宙 史 』 / 【INDEX】 (2015年4月9日)
ヤツリーダムの伝承歌 1
ヤツリーダムの伝承歌 2
ヤツリーダムの伝承歌 3
ヤツリーダムの伝承歌 4
ヤツリーダムの伝承歌 5
ヤツリーダムの伝承歌 6
ヤツリーダムの伝承歌 7
ヤツリーダムの伝承歌 8
(設定資料)
(設定資料)
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

36 / 55ページ

8.《三千世界》 時代。

8-1.《三千世界》時代


リスタルラーナ《行政府》や、地球《迎夢者たち》の統制をはるかに超えて、ジレイシャ=アンガヴァス帝国の反政府勢力である《ジースト・ゼネッタ》らが絡む犯罪組織が拡大し、その対応への必要性から、早期に3世界の各行政組織は連携化が進んだ。

やがて第一次~第三次の《2連》vs《ジ=ス》帝国戦役と、ゼネッタ武装革命による帝国瓦解を経て、「長すぎた蜜月」と呼ばれる低迷と治安混乱の千年期を過ごした後、初代大統領エクウス・ライノーツがまとめる形で、3世界は公式に統合された。

通称《リス・テラ・ス》と呼ばれたが、おのおの千に及ぶ自治星系を内包していたことから、地球系古語をとって《三千世界》とも称された。

 

 

 

 

8-2.《 汎 銀河 協商 》加盟。


この時、3世界統合と同時に「一銀河一政体」の形成とみなされ、高次元統制府である《汎銀河協商》より、初級加盟国として初めて認定された。

航時航次元技術の移入が許可され、異星系からの異なる外見と生態系の知的生命体らが公式に訪問し個人旅行が行なわれるようになった。

また、望めば《リステラス》銀河人が他銀河系や異次元・高域次元世界へと訪問することも可能になった。

 

 

8-3.《 壁 》の発生と世界の崩壊。


しかしやがて世が乱れ航時機等を悪用する犯罪が多発し、その取り締まりのため官憲は監視体制を強化した。

「似非平和と悪平等」を嫌うジースト系市民が大規模な反乱を起こし、銀河の一端を斬り取る形で《壁》を築き独立を宣した。

リステラス政府はこれを「自治領」という体裁で容認し、当初は慰撫懐柔に努めていたが和平案を悉く拒否され、「内乱制圧」の名目で全軍出動の事態と相成り、両陣営から多数の死傷者が出た。

この時、無様かつ杜撰な作戦立案を強行し「味方殺し」と呼ばれた軍官僚らが、敗走責任を問われ、全銀河放映の場で公然と敗軍の将リエン・ドレングスンから殴り飛ばされた逸話は、あまりにも有名である。

その後、「良心派」と呼ばれたルー・ウェイファンらの奔走も虚しく《 壁 》は強化され、銀河文明の二分は決定的なものとなった。

遺された《リステラス》領域では監視体制が強化され、近親者一族による独裁化が進んだ。

《汎銀河協商》はこれを政体の退化とみなし、航時権の剥奪を宣言し、異銀河生命体らは公式には全て退場している。

 


(幕間劇5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(幕間劇5)

 

 


9.《 リズ 》から外へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9.《リズ》から外へ。

…《末法宇宙》の物語…

 

 


9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。

 

9-1.《エリスウェサ体制》


その一族の髪の色から「銀の時代」とも呼ばれた《エリスウェサ体制》が長く続いた。

選別遺伝子による徹底的な階級差別を含む管理監視社会は、抑圧された人々に対して過去への郷愁をかきたて、歴史愛好家(イロニナンズ)はひとつの社会勢力を形成するほどの思想的背景となった。

憧憬と厭世観のあまり、今や違法となった航時機や次元移動機の不法所持による他銀河や異次元空間への逃亡が、ひそかなムーブメントと化した。



9-2.監視と逃散。


育成に時間のかかる「高次脳機能力強化階級」ほど逃亡が激しかった為、人口の維持に危惧を覚えた《エリスウェサ》行政府は、逃散した人々の呼び戻しのために惑星私有や星系自治権の認可など、大幅な妥協と規制緩和を開始した。



9-2.惑星独立運動。(革命)。


許可された惑星私有は夢と混乱を産んだ。苦労して入植した後に圧倒的な軍事力と通商管理権を楯に自治権を制限される例が相次ぎ、「惑星の自主独立」を唱えて造反する政体が相次いだ。

混乱に乗じて星間航路には宇宙海賊や人身売買が横行し、治安状況は暗黒時代と化した。



9-3.《星海王》と《航路遮断》


星間海賊があまりにも跳梁跋扈したため銀河の端と端では情報も物資も互いに届かない、宇宙においては命も人権も保障されない、治安崩壊の時代となった。

富裕層と商業勢力はこれを危惧して「宇宙空間を経由しない交易通路を」と要求し、開発部は残された次元移動技術を応用して「星間トンネル」網を整備した。

富裕権力層は犯罪と汚濁を恐れ、下民どもからは「穴ぐら」と蔑称されるトンネル都市の擁壁の中から出ることはなくなった。

「下民ども」は監視を解かれたことを喜び、自由と混乱の末法の世を生き残れる者だけが自然交配によって子孫を残した。

遺伝子補修管理技術は「穴ぐら」の中に喪われ、無事に生まれ育つ優良遺伝子の子らは次第に減り、星間人口の漸減が進んだ。



「上内界」と「下外界」の二分化が完了し、ここに《リステラス》統一銀河時代は終わりを告げた。





(一旦の終わり)。


(※)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※ 別巻にて詳述。)

 



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について