目次
「あらすじです。」
「あらすじ」の梗概。
0 上古神代~四界神話
0.『 上古神代 』
 0.『 上古神代 』
(幕間劇 1)(ヤツリーダムの物語)
(幕間劇1) (ヤツリーダムの物語)
1-0. ヤツリーダムの物語。
1 涙滴大陸 (前期)
(1.涙滴大陸)(前期)
1-1. 《 神殺し 》。
1-2. 《 碧葉国 》の物語。
1-3. 《 谷の一族 》
1-4. 《月女神》信仰。
1-5.《鱗の民》 と 《谷》の終焉。
(幕間劇 2)
(幕間劇2)
『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)
1 涙滴大陸 (後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期) (1-6~10.)
(幕間劇 3)
(幕間劇3)
ヤツリーダムの物語 3
2 大地世界の物語
2.《大地世界》の物語
《大地世界》の物語 (※)
3 地球の終わりの物語
3.《地球》の終わりの物語
2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。
2-1.『間隙時代』の変遷。
2-8.『最終戦争』
4 美麗天地の物語
4.《美麗天地》の物語
3.美麗天地の物語
4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。
5 地球再統一
5.地球再統一
5-1.《 地球 》 再統一。
6 3界の物語
6.三千世界の物語
6.《三千世界》の物語。
(幕間劇 4)
(幕間劇4)
7 ジースト世界の物語
7.《ジースト》の 物語
(※)
8 銀河統一の物語~エリスウェサ体制まで
8.《統一銀河》の物語
8.《三千世界》 時代。
(幕間劇 5)
(幕間劇5)
9 リズから外へ ~ 末法宇宙の物語
9.《 リズ 》から外へ。
9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。
X 終わらない物語
(※)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(元原稿)
『 試 験 に 出 る 宇 宙 史 』 / 【INDEX】 (2015年4月9日)
ヤツリーダムの伝承歌 1
ヤツリーダムの伝承歌 2
ヤツリーダムの伝承歌 3
ヤツリーダムの伝承歌 4
ヤツリーダムの伝承歌 5
ヤツリーダムの伝承歌 6
ヤツリーダムの伝承歌 7
ヤツリーダムの伝承歌 8
(設定資料)
(設定資料)
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

19 / 55ページ

2.《大地世界》の物語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.《大地世界》の物語

 


《大地世界》の物語 (※)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※ 別巻にて詳述。)


3.《地球》の終わりの物語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.《地球》の終わりの物語

 

 


2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。

http://85358.diarynote.jp/201711262315578202/

2.『 地球の終わりの物語 』

2017年11月26日 リステラス星圏史略 (創作)

 

2.『地球の終わりの物語』

2-0.支族たち。

そのようにして涙滴大陸に栄えた《石の帝国》の二本足たちはごくわずかのみが生き残り、少ない人数ずつに分かれて島々や大陸に散り散りになった。

命からがら未知の岸に辿り着き、そのまま未知の獣や病やその地の巨大で野蛮な毛むくじゃらの二本足らに喰われて終わった者たちも多かった。

生きのび得たごく少数の者らはやがて増え、かつて《谷》の人々が竜尾の一族らから《教えの民》と呼ばれたように、毛の濃い巨大な二本足らを教導し使役して、遠からず再び各地に《石の都》を築いた。

夢視たちや占部たちは他の島や他の大陸にも生きのびた仲間があることを告げ、また《跳ぶ者》らが現われて、細々とながら互いの消息を繋いだ。

かつて焼失した《谷》の一族はその後《石の帝国》後期においては十または十二と言われる職能集団《色の七支族》に別れ、各地を流浪し、また分散して生活していたが、そのうちの造船と交易に携わっていた《青波の民》は、涙滴大陸の滅びにあたってもっとも生存率が高く、漂着した《沙の大陸》南岸に強堅な石造都邑の拠点を築くと同時に、あたう限り巨大な帆船を造りあげて、他の地に流された仲間達を訪れた。

大航海時代と、毛猿巨人たちとの交雑が同時に進み、やがて人々は広がり拡散し、海岸沿いにより良い気候の土地を求めて北へ北へと進んでいった。

それぞれの土地で異なる文化と言語に別れ、かつて同輩であったことを忘れ、あるいは現地先住民族と争い、旧大陸でのつながりは薄れていった。

 


2-1.『間隙時代』の変遷。

http://85358.diarynote.jp/201712032313307554/

 

2-1.『間隙時代』の変遷。

 

それから数万年が経った。

 

砂の大陸の先住民族であった旧石器人たちは涙滴大陸から持ち込まれた病やまた版図争いに破れ、伝説の中に「愚鈍な巨人」として語られるのみとなった。

 

また漂着した後もかたくなに「純血」を保ち続けた者らは「賢く剣呑な小人」族としてのみ名を残し、やはり多くの地においては伝説の彼方に没した。

 

早くから寛大な交雑混血を進めていった者らは広く栄え、あるは争いを避け、あるはまたより豊かな獲物や肥沃な土地を求めて、ちりぢりに増え広がり、その間に言語もまた文化や外見も離れていった。

 

涙滴大陸の歴史と悲劇の物語はただ「水に没した彼方の大陸」の伝説としてのみ残った。また、槍を持ち天空の城から降り立って人々を使役し苦しめた者らは、畏れをもって語られ、「天の神」という概念を形成するに至った。

 

大洋の孤島や多島海では、漂着した少数の者らがそのまま独自の文化を築いた。

長い長い時が経った。

 

人々は散り散りになりつつそれぞれの地で再び「古代文明」と呼ばれるにたる文化と建造物を築き、再び交易と混血の時代に至り、戦と婚姻が交互に行なわれ、国は統合され、文明は衝突しあった。

 

やがて涙滴大陸の伝承が再び発掘される頃、人々は複数国家間の大規模な戦闘を数度体験し、一時的に世界大戦を収める協約が結ばれた。

 

惑星をあらたに「地球」と名付け、ひとつの共存圏として複数の文化や言語や人種が共同統治を試みる時代に至った。

 

しかし、試みは試行錯誤のまま、祖語と破綻に終わった。

 

 



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について