目次
「あらすじです。」
「あらすじ」の梗概。
0 上古神代~四界神話
0.『 上古神代 』
 0.『 上古神代 』
(幕間劇 1)(ヤツリーダムの物語)
(幕間劇1) (ヤツリーダムの物語)
1-0. ヤツリーダムの物語。
1 涙滴大陸 (前期)
(1.涙滴大陸)(前期)
1-1. 《 神殺し 》。
1-2. 《 碧葉国 》の物語。
1-3. 《 谷の一族 》
1-4. 《月女神》信仰。
1-5.《鱗の民》 と 《谷》の終焉。
(幕間劇 2)
(幕間劇2)
『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)
1 涙滴大陸 (後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期) (1-6~10.)
(幕間劇 3)
(幕間劇3)
ヤツリーダムの物語 3
2 大地世界の物語
2.《大地世界》の物語
《大地世界》の物語 (※)
3 地球の終わりの物語
3.《地球》の終わりの物語
2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。
2-1.『間隙時代』の変遷。
2-8.『最終戦争』
4 美麗天地の物語
4.《美麗天地》の物語
3.美麗天地の物語
4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。
5 地球再統一
5.地球再統一
5-1.《 地球 》 再統一。
6 3界の物語
6.三千世界の物語
6.《三千世界》の物語。
(幕間劇 4)
(幕間劇4)
7 ジースト世界の物語
7.《ジースト》の 物語
(※)
8 銀河統一の物語~エリスウェサ体制まで
8.《統一銀河》の物語
8.《三千世界》 時代。
(幕間劇 5)
(幕間劇5)
9 リズから外へ ~ 末法宇宙の物語
9.《 リズ 》から外へ。
9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。
X 終わらない物語
(※)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(元原稿)
『 試 験 に 出 る 宇 宙 史 』 / 【INDEX】 (2015年4月9日)
ヤツリーダムの伝承歌 1
ヤツリーダムの伝承歌 2
ヤツリーダムの伝承歌 3
ヤツリーダムの伝承歌 4
ヤツリーダムの伝承歌 5
ヤツリーダムの伝承歌 6
ヤツリーダムの伝承歌 7
ヤツリーダムの伝承歌 8
(設定資料)
(設定資料)
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 55ページ

4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。

4-6.再起と開発。

 

「再改造」され尽した地表より奥深く、たまたま地底の《先人遺跡》の都市内にいた人々も原子分解の難を免れ、降りてきた人々と合流し、事実を知り、嘆き、そして再起の試みが始まった。

 

人々は「惑星起源伝説の再来だ…」と泣き笑いしながらよく働き、《星船》の自動機能を駆使して人工的な人口増大を図り、《星船》の提案に導かれるままに恒星間惑星開発に乗り出し、急激に増やされ過ぎた人口は更なる新天地を求め、近隣の小型惑星と大型衛星は、次々に「居住可能型」に改造されていった。

 

 

4-7.好奇と衝動。

 

人々は次々と与えられる「新しいもの」を喜び、「古いものを調べる」ことに極端な忌避を示した。

人種としての無意識集合体のトラウマが形成されたのである。

 

知的好奇心を満たすための学術教育は歓迎されたが、歴史や来歴を知る・学ぶなどの必要性はことごとく無視され、回避された。

 

記録は残されず、交渉もその場限りで、不足による争いが生じれば《船》に命じて、即座に新しい代替物が提供された。

 

 

4-8.忘却と忘失。

 

数代を待たず、人々は餓えも乾きも病も恐怖も死も忘れ…(加齢により死に近づいた人々は巧妙に隔離され、若い人々の眼からは消えた)。

 

その数5000と概算される惑星と衛星と人工基地とに分かれ住んだ人々は、共通言語と軽佻浮薄な好事家、という文化的心理的特徴のみを共有し、常に新しい刺激を欲し、わずかでも人生に倦み退屈すれば、簡単に世界を拒絶し、しばしば(軽率にも)衝動的な自死を選んだ。

 

 

4-9.疑問と停滞。

 

「…なにかが、おかしいのではないか…??」

 

そう呟いて立ち止る人々が現われ、この時に至って初めて「統一機構」が再結成され、有志による行政府が組織され、「リスタルラーナ星間連盟」と名乗った。

 

「行政」に関わる人々は、禁忌と忌み嫌われる「記録」と「計数」をしばしばとりたがるため、一般の人々からは「変人」と忌避され、「過去をほじくりかえして《大崩壊》の愚を再発したがりかねない、危険思想な人々」という認識すらなされる場合があった。

 

 

4-10.退屈と退廃

やがて多くの人々は、請えば次々と与えられる「新しいもの」が実は「いつか観たものの焼き直し」に過ぎない繰り返しだということに気づいてしまった。ひたすら新奇を求めることにすら飽き、無気力無関心の心の病が拡がった。

うわついた恋愛や結婚や家族という幻想が激減し、子どもや子育てという行為が魅力を持たなくなった。

自然人口は激減の一途をたどった。

みずから「行政」に関わろうとする生存欲の強い少数派の有志がこれを憂い、個人の希望ではなく「行政の意志」として、星船の自動機能から「人工繁殖機関」を独立させ、養育施設を工夫し、減り続ける自然人口に対して穴埋めの「育成人材」を増やし続けた。


4-X。《テラザニア》発見。

そんななか、最初期型の「育成人材」の一人であり、星間科学者マリア,オードら夫妻の養子でもあったマリア,ソレル女史が、辺境星域探査中、星腕影の暗黒の彼方に別文明《テラザニア》を発見、調査を開始した。

この情報は極秘裏のうちに上部会議にかけられ、「文化衰退抑止のための人心起爆剤」と認識され、大規模な「開国促進キャンペーン」が始まった。

 

 


5.地球再統一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.《地球》再統一

 

 

 


5-1.《 地球 》 再統一。

5-1.《地球》再生。

杉谷好一と《滅びの狼》らによって一旦は無生命の場と化した惑星《地球》であったが、ごく浅い急造地下シェルターの耐用限界を迎えて数十年後には地表に戻り適応せざるを得なかった人々を端緒に、同じく戦乱で破損し老朽化した移住衛星から降下する人々も増え始め、過酷な環境に耐え、より生存に適した土地を求めて争いあう戦乱の世が始まった。


5-2.統一の試み。

生き残った人類らが愚かにも同じ歴史を繰り返そうするを憂い、地表の統一と平定を試みた者がいくたりかある。

教化と技術文化の統制により《北方国》をまとめたリースヒェンソルトと、南西諸国を停戦講和に導いたマリーアン・ド=リームの功績が特に大きい。

しかし時いまだ至らず、再び世は乱れ、人心は荒廃した。


5-3.《救い手》リースマリアル。

《迎夢者たち》を率いて、少女リースマリアルが世界統一に立った。

「戦わない、殺さない」を掲げて彼らは歌舞音曲と防護技術のみをもって各国軍を幻惑し篭絡した。


5-4.《草莽の民》併合。

リースマリアルの没後も《迎夢者たち》によって倦まず続けられた進化論的積極平和主義のもと、地表西方諸国がおおむね束ねられた後も、宗旨と世界観の異なる東方諸族は「言語や文化をも含む統一の強制」を硬く拒んだ。

強硬派による「武装国境線」封鎖論をなだめるために派遣された全権大使ヨセフィア・アークタスに対する、巫女王サエム・ランの降嫁、という劇的な形で、その分裂は回避された。


5-5.《テラザニア》成立。

数十年の時をかけて無力化され尽した各国と諸族は講和の席につかざるを得ず、紛糾の末、その会議は《地球系星間(全居住可能圏)統一連邦》と定められ、略称を《テラザニア》と決めた。

普遍的人権の絶対護持のみを唯一の統一点とし、その他あらゆる文化と価値観の多様性共存を、第二の旨とした。


5-6.第一種接近遭遇。

細則について常に会議が紛糾を続け、幾度も破断分裂再抗争と危ぶまれるなか、突如、「第一種接近遭遇」の報が辺境星域からもたらされた。

《リスタルラーナ星間連盟》からの、一方的かつ強引な開国要求である。

短時間のうちに開国友好派と猜疑心に満ち溢れた撃退派の大論争となり、人心は千々に乱れ、巷に暴動があふれた。

リースマリアル亡き後の「統一の象徴」の一人と崇められていたサエム・ランが運悪く暴動に巻き込まれて危篤。胎内の第2子も危ぶまれる…との速報で暴動は一気に沈静化し、悲嘆と祈りの時に変わった。

この時リスタルラーナ全権大使ケティア,サークの機転と同行者ソレル女史の技術力により一命を救い、母子ともに無事生還。世論の爆発的な歓迎を得て、開国と友好通商が決定した。

これを記念して《地球圏統一暦》は《星暦》と改められた。

 

 


6.三千世界の物語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.三千世界の物語

 

 

 


6.《三千世界》の物語。

 

6-1.友好通商時代。

 

《地球》~《リスタルラーナ》の友好通商条約は短時日のうちに結ばれた。

 

地球人が新たに急激に流入してくる技術文明と生活物資の吸収にいそしむ一方で、退屈しきっていたリスタルラーナ人種は狂喜して、未知の文化文明についての知見を求めた。

 

地球人が「歴史と伝統」や「過去の教訓」という概念を大事にする点は《美麗天地》世界にかつてない斬新さと感じられ、驚きとともに人々は貪欲に「もっと沢山!」と文化娯楽産物の移入を期待した。

 

慌ただしく交換留学生が行き来し、急激な交流に伴って、事件や混乱も生じた。

 

 

6-2.《三界》交渉。

 

ほどなくして第3の異星文明圏《ジレイシャ=アンガヴァス星間帝国》との遭遇があり、三国間での開国条約交渉が始まった。

 

やがて、互いに自然交配が可能なほどに近似した遺伝子と外見と、いささかならず共通性のある文化的背景や概念を持ち、しかしながら歴史と年表をいくら逆算し精査しても、一体どこでどう分岐した「同族」なのかが、いまひとつ確定しがたい…という大きな謎が発した。

 

ここから、3文明圏には空前の歴史と考古学のブームが興った。

 



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について