目次
「あらすじです。」
「あらすじ」の梗概。
0 上古神代~四界神話
0.『 上古神代 』
 0.『 上古神代 』
(幕間劇 1)(ヤツリーダムの物語)
(幕間劇1) (ヤツリーダムの物語)
1-0. ヤツリーダムの物語。
1 涙滴大陸 (前期)
(1.涙滴大陸)(前期)
1-1. 《 神殺し 》。
1-2. 《 碧葉国 》の物語。
1-3. 《 谷の一族 》
1-4. 《月女神》信仰。
1-5.《鱗の民》 と 《谷》の終焉。
(幕間劇 2)
(幕間劇2)
『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)
1 涙滴大陸 (後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期) (1-6~10.)
(幕間劇 3)
(幕間劇3)
ヤツリーダムの物語 3
2 大地世界の物語
2.《大地世界》の物語
《大地世界》の物語 (※)
3 地球の終わりの物語
3.《地球》の終わりの物語
2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。
2-1.『間隙時代』の変遷。
2-8.『最終戦争』
4 美麗天地の物語
4.《美麗天地》の物語
3.美麗天地の物語
4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。
5 地球再統一
5.地球再統一
5-1.《 地球 》 再統一。
6 3界の物語
6.三千世界の物語
6.《三千世界》の物語。
(幕間劇 4)
(幕間劇4)
7 ジースト世界の物語
7.《ジースト》の 物語
(※)
8 銀河統一の物語~エリスウェサ体制まで
8.《統一銀河》の物語
8.《三千世界》 時代。
(幕間劇 5)
(幕間劇5)
9 リズから外へ ~ 末法宇宙の物語
9.《 リズ 》から外へ。
9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。
X 終わらない物語
(※)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(元原稿)
『 試 験 に 出 る 宇 宙 史 』 / 【INDEX】 (2015年4月9日)
ヤツリーダムの伝承歌 1
ヤツリーダムの伝承歌 2
ヤツリーダムの伝承歌 3
ヤツリーダムの伝承歌 4
ヤツリーダムの伝承歌 5
ヤツリーダムの伝承歌 6
ヤツリーダムの伝承歌 7
ヤツリーダムの伝承歌 8
(設定資料)
(設定資料)
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 55ページ

(1.涙滴大陸)(前期)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.《 涙滴大陸 》(前期)

 

 


1-1. 《 神殺し 》。

1-1. 《 神殺し 》。


1-1-0. 《名すら無き者》。

長い長い時が経った。

水霊母が太陽神からむりやりに産まされた二度目の卵群は誰からも省みられることなく、ただ地の熱に蒸されて孵り、幼いうちからたがいを憎み、食らいあって育ち、強者が弱者を犯して産ませ、産み捨てられ、見捨てられて育った。

彼らを呼ぶ者とて他になく、彼ら自身もみずからを名乗ることがなかった。


1-1-1. 《 袋を持つもの 》

そうして何千代かが過ぎた。

より強くあるために彼らは平たく這いつくばる四ツ足と鱗の姿から、長く伸びた四肢と首と、くちばしと羽毛をもつ姿になった。

より速く逃げ、より確実に仔を護るため、雌たちは腹に卵や袋を持った。


1-1-2. 《コ》族。

生きのこるために彼らは記憶と知識を持った。

始まりの言葉が生まれ、語り継がれる物語が生まれた。

仲間と敵の見分けかた、群れること護りあうこと、切り捨て見捨てて生きのびることを学んだ。

最強の者らはやがて自らの仲間を《コ》と名付けた。

産み増えて地に満ちたが心は常に孤独であった。


1-1-3. 《 神 》。

長老のまえの長老のそのまたむかしのおおむかしの長老が、この世の始まりには《 神 》というものがあったと語り伝えた。

そのような話が記憶の闇に隠れるころ、《コ》族の〈ヘ〉という者がおとぎ話を笑い飛ばした。

「カミなぞおらぬ。この世の最強は、ただ《コ》族のみ。」


1-1-4. 《 天 雷 》

その時、天が轟き、地が裂け揺らめいた。

人々は怖じ恐れて〈ヘ〉の不敬を罵った。

地が冷え、雨が冷たく白い沙に変わった。

人々は餓え、獣も餓えた。



1-1-5. 《 魔 竜 》

ある時、山中より、火のように熱く焦げた息を吐く、巨大な魔獣が現われた。

次々に《コ》族の子や雌を喰らった。

人々は噂した。

「あの恐ろしきモノノケこそが、《 神 》というものに違いない…!」


1-1-6. 《 神 殺し 》

〈ヘ〉は嗤い飛ばした。

槍を研ぎ、仕掛け弓を張り巡らし、怯える同族らを叱り飛ばして、ただひと群れで《 神 》を襲った。

死闘の末、《 神 》は斃された。

斃した神の肉を喰らって、《コ》族は冬を乗り越えた。


1-1-7. 《 神殺しの人王 》

あまたの同族を率い、姦計を用いて、《神》と呼ばれた巨大な魔竜をみごと斃した〈ヘ〉はその後、《神殺しのコ族の王》〈コ・ヘウ〉と呼ばれた。

それまでバラバラだった《コ》族の全てを束ねる者となり、その眷属がうまれ、彼らは王族と貴族と呼ばれ、やがて庶民と分かれた。



1-2. 《 碧葉国 》の物語。

1-2. 《碧葉国》の物語。



1-2-1. 災厄の平石。


《神殺し》たちが数を増やし、姿を増やし、棲む領域を広げに広げたある時。

天空を斜めに切り裂き、燃えさかる大きな平石が墜ちてきた。

平石は燃えさかりながら斜めに墜ちて荒れ狂う北の海面に当たり、墜ちた勢いのままに斜めに二度、三度と飛び跳ねて斜めに進んだ。

大いなる壁のごとき大波が起こり、《神殺し》たちとその眷属とその敵とを全て一息に飲み干した。

飛び跳ねつくした平石は陸に当たって止まり、大いなる熱を発して大地を熔かした。その後へ大波が襲い掛かった。



1-2-2. 大寒冷。


波は久しく荒れ狂い、空は暗く荒れ狂い、長く寒い時代が続き、《神殺し》たちは溺れ、餓え、冷えて死んだ。生き残る者は互いにあい喰み、強い者だけが残った。

ようやくに天が開き陽光が戻った時、《神殺し》たちにはほとんど雌と子どもが残らなかった。

ようやくに地が乾き埋もれた平石の周りが冷えた時。

そこから出て来た者たちには、雄がほとんどいなかった。



1-2-3. 胎卵の一族。


大いなる燃える平石を《ほしのふね》と呼ぶ美しい雌たちは、《神殺し》たちと取引をした。

交わって、卵を産もう。産んだ卵を温めて、孵そう。

無事に生まれた2つまでは《神殺し》に与えよう。

そして3つから後は《ほしのふね》に貰う。と…。

墜ちてきた雌たちは胎の袋で大いなる卵を孵した。

《神殺し》たちは奇異なる姿の美しい雌たちと喜んで交わり、産み育ての母から新たなる知恵を授けられた賢い仔を得て、更に喜び、やがて再び増えて栄えた。

 

《ほしのふね》の子孫たちも、やがて地に増えた。



1-2-4. 碧葉の樹の国。


《ほしのふね》の子孫たちはやがて地に増え、《ほしのふね》の落ちた周りには大いなる異種の樹林が育った。

子孫たちはその円環の森を《碧葉樹》と呼び、自らの領土を《碧葉国》と号した。



1-2-5. 王国の乱立。


《神殺し》たちにはそれまで《 国 》という知識がなかった。

土地に壁を築き、土地に名をつけることが流行り、次々に《 国 》が開かれた。

やがて地が動き、気候が動き、冷えた土地から新たに《胎から仔を産む者たち》が移動してきた。

国の数は増え、民の種類も増え、それぞれ栄えた。

 

 


1-3. 《 谷の一族 》

 

1-3. 《 谷の一族 》


1-3-1. 横穴の民。

ある時、《神殺し》たちは棲むことを好まぬ《実のならぬ大樹の森》の谷に、いちどきに大勢の異形の民がやってきた。

二本の足、二本の腕だが、尾はなく、顔は平たく、牙もなく、毛皮もなくて、羽もなかった。

股の穴から血まみれの赤い仔を産んだ。とにかく数が多かった。

彼らは海の向うではなく、背骨の山の《谷の穴》から来たと称した。



1-3-2. 教えの《谷》。


彼らはそのまま《実のならぬ谷》に棲みつきたいと申し出たので、《神殺し》の王たちは嘲笑して許可した。

「虫も獣も果実もない土地ぞ。その人数で、なにを食する?」

民たちは地を掘って虫を捜し出し、川を漁って魚を獲った。

木片で火を起こし、火炎を自在に操った。

《神殺し》たちは仰天して、その技に感嘆し、教えを請うた。

「谷の土地は貸してやる。代わりに、知恵の技を教授せよ。」

そのため《谷》の一族は《教えの民》とも呼ばれ、あらゆる知恵を授けるために、《神殺し》たちが棲む土地へ、入れ替わりで訪れ、旅をした。



1-3-3. 凍死と養子。


地は動き、地は裂け、時は移り、命も入れ替わった。

ある時、短い大寒冷が訪れ、卵の者らは跡継ぎを失った。

胎から仔を産む者らだけが残った。

卵の者らは胎仔の者から養子をとり、それぞれの言葉や領土を伝えた。

《谷》の一族から幼い仔を迎える国も多く、やがて大陸の南のなかばは股の穴から赤子を産む者らで満ちた。


1-3-4. 《帝国》の成立。

《谷》の者らは無用の争いを好まぬ民だったが、幼くして《神殺し》の養子とされた者らは戦上手となることを望まれた。

《谷》の血筋だが《神殺し》の習俗を身に着けて育った者らは、知恵と野蛮を合せ持ち、姦計を巡らし権力をあい争い、軍を造り国を盗り、領土を増やし、差配する役人を育てた。

やがて、血にまみれた王のなかの王が勝ち残り、《帝国》と号した。

《谷》の一族は、《帝国》への臣従を誓った。

 


1-4. 《月女神》信仰。

1-4. 《月女神》信仰。


1-4-1. 《時の横穴》

地は動き、山は育ち、陸は広がり、草木は生えた。

《神殺し》の帝国は気候の温暖な大陸の北の平原に栄え、冷涼で急峻な南の山地には、《谷》からの移住者と、ひとまとめに《他族》と呼ばれる者らが、まばらに棲んでいた。

ある時、ふさがれたはずの《谷の横穴》に女が墜ちて戻らぬ事変があった。

月女神レリナルが天より降り来たりて穴をふさいだ。

「地が動き、蓋がずれた。」と。



1-4-2.《月女神殿》

横穴をふさぎ、見張りの銀の城砦を築き、そこに月女神は住まった。

《谷》の人々はこれを月女神殿と呼び、畏れ敬った。

《神殺し》の一族はこれを心苦く思ったが、帝国版図より遠き南の山塊のことであったゆえ、あえて捨て置いた。


1-4-3.《月女神》信仰。

それまで《神》を持たずにいた《涙滴大陸》の者らはこれを奇に思い、畏れ敬った。

月女神はまたすべての雌と女たちの守護者であるとされ、子宝や離縁を望む者らが遠方より訪れた。



1-4-4. 女剣士(ルワ・ヘルマ)と女騎士(ルワ・ブラダ)。

月女神と神殿を詣でる者らを護るために女の剣士と女の騎士がうまれた。

それまで《帝国》において雌と女は泣きながら男に犯され男の子どもを産み育てる為の存在であって決してそれ以上ではなかったが、女剣士と女騎士らが男と互角に闘い得ることを見て、人々の心が変わった。

月女神の守護を受けた女は、すべての男が定める掟から放たれて自由となる、という不文律が創られた。

初代の女騎士(ルワ・ブラダ)の名をリ・リィ=カタ・ナンという。

奇しくも、時の横穴に墜ちて死んだ者の娘で、《谷》と《碧葉》の血を併せ持ち、金の髪に金の瞳の、白い肌の細い姿であった。



1-4-5. 巫女戦士。

《谷》と《帝国》の契約に基づいて献納戦士となった女が、男の戒律を反故にするため月女神に誓いを立て、初の巫女戦士となった。

名をハユンのアマラーサ。黒髪黒瞳、褐色の肌、男勝りの大柄であったと伝える。

大旱魃に際して《谷》の水霊を救い出し、涙滴大陸を護った。


1-4-6. 月女神、去る。


大地鳴動し、山脈が隆起した。

「人族は二度と再び横穴に近づけぬ。」と、銀月女神は地界を去った。

女神が残したミトラの教え(三親の法)だけが残り、広く帝国に流布された。

 

 



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について