目次
「あらすじです。」
「あらすじ」の梗概。
0 上古神代~四界神話
0.『 上古神代 』
 0.『 上古神代 』
(幕間劇 1)(ヤツリーダムの物語)
(幕間劇1) (ヤツリーダムの物語)
1-0. ヤツリーダムの物語。
1 涙滴大陸 (前期)
(1.涙滴大陸)(前期)
1-1. 《 神殺し 》。
1-2. 《 碧葉国 》の物語。
1-3. 《 谷の一族 》
1-4. 《月女神》信仰。
1-5.《鱗の民》 と 《谷》の終焉。
(幕間劇 2)
(幕間劇2)
『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)
1 涙滴大陸 (後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期) (1-6~10.)
(幕間劇 3)
(幕間劇3)
ヤツリーダムの物語 3
2 大地世界の物語
2.《大地世界》の物語
《大地世界》の物語 (※)
3 地球の終わりの物語
3.《地球》の終わりの物語
2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。
2-1.『間隙時代』の変遷。
2-8.『最終戦争』
4 美麗天地の物語
4.《美麗天地》の物語
3.美麗天地の物語
4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。
5 地球再統一
5.地球再統一
5-1.《 地球 》 再統一。
6 3界の物語
6.三千世界の物語
6.《三千世界》の物語。
(幕間劇 4)
(幕間劇4)
7 ジースト世界の物語
7.《ジースト》の 物語
(※)
8 銀河統一の物語~エリスウェサ体制まで
8.《統一銀河》の物語
8.《三千世界》 時代。
(幕間劇 5)
(幕間劇5)
9 リズから外へ ~ 末法宇宙の物語
9.《 リズ 》から外へ。
9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。
X 終わらない物語
(※)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(元原稿)
『 試 験 に 出 る 宇 宙 史 』 / 【INDEX】 (2015年4月9日)
ヤツリーダムの伝承歌 1
ヤツリーダムの伝承歌 2
ヤツリーダムの伝承歌 3
ヤツリーダムの伝承歌 4
ヤツリーダムの伝承歌 5
ヤツリーダムの伝承歌 6
ヤツリーダムの伝承歌 7
ヤツリーダムの伝承歌 8
(設定資料)
(設定資料)
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
奥付
奥付

閉じる


(幕間劇 2)

(幕間劇2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(幕間劇2)

 

 


『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)

http://85358.diarynote.jp/201706301510338624/

『 ヤツリーダムの物語 2 』

2017年6月30日 リステラス星圏史略 (創作) コメント (2)

 
ある嵐の翌朝、太湖のほとりの泥溜まりのほとりで、群れからはぐれたらしい四ツ足の仔が、しきりと鳴き泣きしているのを、通りすがりの二本足の女が聴きとめた。

ちょうど孕んでいた女は幼子が母を求める嘆きを見過ごせず、さりとて辺りを見渡しても春の大雨の後の大増水のさらに大嵐であたり一面の水びたし。その仔が元いた沼が何処であったかなど、とても見分けられそうにない。

しかたなく女は片手でひょいとその仔をつかむとすたすたと自分の家まで戻り、一番大きなたらいに泥水を満たしてその仔を放ち、たまには体を干して日当たりで休めるようにと板を斜めに渡して、泥一面の太湖のほとりでは水草も埋もれて食餌もとれていなかったろうと、海藻の干したものを水でもどして喰わせてやった。

がつがつと喰らったその仔は腹がくちくなるとようやくに鳴きやんで、「…あんにゃ~!」と、少しようすの違う声をあげ、やがて安心したのかくぅくぅと寝入ってしまった。

女は微笑んで、増水のひいて仔でも生きられるようになるまではのつもりで毎日まいにち、水草をもどしては口元に運んでやったのだった。
 
 

http://85358.diarynote.jp/201711032159204669/

(続き)(2017年11月3日)


やがて月満ちて女は子を産んだ。からだの辛いあいだは親族や近在の者が入れ替わりやってきては赤子の元気そうな様子を誉め、かがめない女に代わって四ツ足の仔にも餌をやり、泥水を替えてやっては帰っていった。

女は不自由なく歩けるようになるとやがて、まだまだ軽い乳飲み児を背負い、もうずいぶん大きくなった四ツ足をえっこらさと抱え上げて、出水のひいたもとの大河のほとりにまで運んでいってやった。

ところが四ツ足はいやがって女から離れなかった。

「えんにゃー!えんにゃー!えんにゃー…ッ!」

…褐色の四ツ足が、どうやら自分のことを実の母と思いこんでしまったらしいと気がついて、女は笑ってため息をつき、またまたえっこらさと抱え上げて家まで戻り、今度は家の前の小さい沼川に、ほいっと四ツ足をはなしてやった。

「もう盥の中では狭いだろう。ここならいつでも逢えるよ」

聞き分けたのか、四ツ足はおとなしく、少し嬉しそうに泥沼のなかへ泳ぎこんでいって、まだ短い尾でぱしゃりと水を叩いた。

それからは餌は自分で水草を摂るようになったが、朝に夕に、陽が昇れば女を起こしに来るし、陽が沈めば女におやすみの挨拶をしに来るのであった。

女はしばらく考えて、二本足の息子には双葉と名付け、四ツ足の息子には、四つ葉と名づけた。

双葉は四つ葉ほどには成長が速くなかったが、人間の子らしい速さで元気にすくすく育ち、やがてすこしでも目を離すと四つ這いでどんどん遠くへ行ってしまうようになった。

普通なら気を抜けないところだったが、なにしろ水辺に墜ちれば四つ葉がすぐに岸辺まですくい上げてくれるし、崖から落ちそうになれば四つ葉が叫んで知らせてくれるして、女はずいぶんらくをさせてもらった。

「こういうのも乳兄弟って言うのかねぇ?」

いつでも一緒の一人と一匹を微笑ましく眺めて、近在の者らは笑いあった。



やがて誰も覚えがないほどの大雨と大水が続いた。

噂では白鱗の魚人族がカとミと秘術を使い、人間の帝国を滅ぼさんと大地の水没を謀っているとのことだった。

誰もなすすべもなく沈みゆく畑を前におろおろし、流される家を後に必死で逃げた。

女たちの集落も水に呑まれた。

泣き叫びながら人間たちは渦にまかれ、泥に沈んだ。

悲鳴は天に響いた。

「……………うんにゃぎゃ、ぎゃぎゃっぎゅ~ッ…!!」

誰もそれまで聞いたことがなかったほどの大きな大きな吠え声が、四つ葉の喉から溢れた。

二度、三度と、それは天に轟いた。

「…………ぅげろーーーーーーーっぷ!」

遠くから、また反対側から、応える叫びがあがった。

物凄い速さでいくつもの小津波が近づいてきた。

津波と見えたが、それは物凄い速さで泳ぎ寄ってきた、たくさんの、たくさんの、四つ葉の仲間であった。

仲間たちは四つ葉の村の人間たちを一人残らず背に載せて、泳いで泳いで泳いで、まだ乾いていた、残りの小さな島地に載せた。

「………やっ、ちだも…!」

(なんて御親切に!)

女は涙を流して感謝した。

それからは《ヤチダモ》が、四ツ足たちの新しい名前になった。

双葉と四つ葉は仲良しのまま元気に育ち、それぞれの嫁をもらって、子を産み育て、一族同士は互いに仲良しのまま、末長く栄えた。