目次
「あらすじです。」
「あらすじ」の梗概。
0 上古神代~四界神話
0.『 上古神代 』
 0.『 上古神代 』
(幕間劇 1)(ヤツリーダムの物語)
(幕間劇1) (ヤツリーダムの物語)
1-0. ヤツリーダムの物語。
1 涙滴大陸 (前期)
(1.涙滴大陸)(前期)
1-1. 《 神殺し 》。
1-2. 《 碧葉国 》の物語。
1-3. 《 谷の一族 》
1-4. 《月女神》信仰。
1-5.《鱗の民》 と 《谷》の終焉。
(幕間劇 2)
(幕間劇2)
『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)
1 涙滴大陸 (後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期) (1-6~10.)
(幕間劇 3)
(幕間劇3)
ヤツリーダムの物語 3
2 大地世界の物語
2.《大地世界》の物語
《大地世界》の物語 (※)
3 地球の終わりの物語
3.《地球》の終わりの物語
2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。
2-1.『間隙時代』の変遷。
2-8.『最終戦争』
4 美麗天地の物語
4.《美麗天地》の物語
3.美麗天地の物語
4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。
5 地球再統一
5.地球再統一
5-1.《 地球 》 再統一。
6 3界の物語
6.三千世界の物語
6.《三千世界》の物語。
(幕間劇 4)
(幕間劇4)
7 ジースト世界の物語
7.《ジースト》の 物語
(※)
8 銀河統一の物語~エリスウェサ体制まで
8.《統一銀河》の物語
8.《三千世界》 時代。
(幕間劇 5)
(幕間劇5)
9 リズから外へ ~ 末法宇宙の物語
9.《 リズ 》から外へ。
9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。
X 終わらない物語
(※)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(元原稿)
『 試 験 に 出 る 宇 宙 史 』 / 【INDEX】 (2015年4月9日)
ヤツリーダムの伝承歌 1
ヤツリーダムの伝承歌 2
ヤツリーダムの伝承歌 3
ヤツリーダムの伝承歌 4
ヤツリーダムの伝承歌 5
ヤツリーダムの伝承歌 6
ヤツリーダムの伝承歌 7
ヤツリーダムの伝承歌 8
(設定資料)
(設定資料)
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
奥付
奥付

閉じる


5 地球再統一

5.地球再統一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.《地球》再統一

 

 

 


5-1.《 地球 》 再統一。

5-1.《地球》再生。

杉谷好一と《滅びの狼》らによって一旦は無生命の場と化した惑星《地球》であったが、ごく浅い急造地下シェルターの耐用限界を迎えて数十年後には地表に戻り適応せざるを得なかった人々を端緒に、同じく戦乱で破損し老朽化した移住衛星から降下する人々も増え始め、過酷な環境に耐え、より生存に適した土地を求めて争いあう戦乱の世が始まった。


5-2.統一の試み。

生き残った人類らが愚かにも同じ歴史を繰り返そうするを憂い、地表の統一と平定を試みた者がいくたりかある。

教化と技術文化の統制により《北方国》をまとめたリースヒェンソルトと、南西諸国を停戦講和に導いたマリーアン・ド=リームの功績が特に大きい。

しかし時いまだ至らず、再び世は乱れ、人心は荒廃した。


5-3.《救い手》リースマリアル。

《迎夢者たち》を率いて、少女リースマリアルが世界統一に立った。

「戦わない、殺さない」を掲げて彼らは歌舞音曲と防護技術のみをもって各国軍を幻惑し篭絡した。


5-4.《草莽の民》併合。

リースマリアルの没後も《迎夢者たち》によって倦まず続けられた進化論的積極平和主義のもと、地表西方諸国がおおむね束ねられた後も、宗旨と世界観の異なる東方諸族は「言語や文化をも含む統一の強制」を硬く拒んだ。

強硬派による「武装国境線」封鎖論をなだめるために派遣された全権大使ヨセフィア・アークタスに対する、巫女王サエム・ランの降嫁、という劇的な形で、その分裂は回避された。


5-5.《テラザニア》成立。

数十年の時をかけて無力化され尽した各国と諸族は講和の席につかざるを得ず、紛糾の末、その会議は《地球系星間(全居住可能圏)統一連邦》と定められ、略称を《テラザニア》と決めた。

普遍的人権の絶対護持のみを唯一の統一点とし、その他あらゆる文化と価値観の多様性共存を、第二の旨とした。


5-6.第一種接近遭遇。

細則について常に会議が紛糾を続け、幾度も破断分裂再抗争と危ぶまれるなか、突如、「第一種接近遭遇」の報が辺境星域からもたらされた。

《リスタルラーナ星間連盟》からの、一方的かつ強引な開国要求である。

短時間のうちに開国友好派と猜疑心に満ち溢れた撃退派の大論争となり、人心は千々に乱れ、巷に暴動があふれた。

リースマリアル亡き後の「統一の象徴」の一人と崇められていたサエム・ランが運悪く暴動に巻き込まれて危篤。胎内の第2子も危ぶまれる…との速報で暴動は一気に沈静化し、悲嘆と祈りの時に変わった。

この時リスタルラーナ全権大使ケティア,サークの機転と同行者ソレル女史の技術力により一命を救い、母子ともに無事生還。世論の爆発的な歓迎を得て、開国と友好通商が決定した。

これを記念して《地球圏統一暦》は《星暦》と改められた。