目次
「あらすじです。」
「あらすじ」の梗概。
0 上古神代~四界神話
0.『 上古神代 』
 0.『 上古神代 』
(幕間劇 1)(ヤツリーダムの物語)
(幕間劇1) (ヤツリーダムの物語)
1-0. ヤツリーダムの物語。
1 涙滴大陸 (前期)
(1.涙滴大陸)(前期)
1-1. 《 神殺し 》。
1-2. 《 碧葉国 》の物語。
1-3. 《 谷の一族 》
1-4. 《月女神》信仰。
1-5.《鱗の民》 と 《谷》の終焉。
(幕間劇 2)
(幕間劇2)
『 ヤツリーダムの物語 2 』 (2017年 6月30日+11月3日)
1 涙滴大陸 (後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期)
1.《 涙滴大陸 》(後期) (1-6~10.)
(幕間劇 3)
(幕間劇3)
ヤツリーダムの物語 3
2 大地世界の物語
2.《大地世界》の物語
《大地世界》の物語 (※)
3 地球の終わりの物語
3.《地球》の終わりの物語
2.『地球の終わりの物語』 2-0.支族たち。
2-1.『間隙時代』の変遷。
2-8.『最終戦争』
4 美麗天地の物語
4.《美麗天地》の物語
3.美麗天地の物語
4.《 リスタルラーナ星間連盟 》の設立。
5 地球再統一
5.地球再統一
5-1.《 地球 》 再統一。
6 3界の物語
6.三千世界の物語
6.《三千世界》の物語。
(幕間劇 4)
(幕間劇4)
7 ジースト世界の物語
7.《ジースト》の 物語
(※)
8 銀河統一の物語~エリスウェサ体制まで
8.《統一銀河》の物語
8.《三千世界》 時代。
(幕間劇 5)
(幕間劇5)
9 リズから外へ ~ 末法宇宙の物語
9.《 リズ 》から外へ。
9.《 リズ 》から外へ ~ 末法宇宙の物語。
X 終わらない物語
(※)
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(元原稿)
『 試 験 に 出 る 宇 宙 史 』 / 【INDEX】 (2015年4月9日)
ヤツリーダムの伝承歌 1
ヤツリーダムの伝承歌 2
ヤツリーダムの伝承歌 3
ヤツリーダムの伝承歌 4
ヤツリーダムの伝承歌 5
ヤツリーダムの伝承歌 6
ヤツリーダムの伝承歌 7
ヤツリーダムの伝承歌 8
(設定資料)
(設定資料)
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
奥付
奥付

閉じる


0 上古神代~四界神話

0.『 上古神代 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0.『 上古神代 』


 0.『 上古神代 』


0.『 上古神代 』

 

始まりの場所。《 センサリテヤ 》。
時間・空間・重力と、生死と奇蹟と偶然を、超越したところ。
べつの名前を《 究極の青 》とも呼ばれる。
青く蒼い、輝きに満ちた夢幻宮の界。

治めるのは主宰母神〈 マンマ・ワァガ 〉。
すでに姿を持たぬ神。遍自在神とも呼ばれる。

 

 


0-0.『 四界神話 』

 

〈マンマ・ワァガ〉は界卵を産み落とす。
ある時、その数は一度に四つであった。

手に余ると副主宰神〈 レ・リナル 〉はしばし思案し、
界卵を託すため、若き神々を呼集した。

神々の数もまた四つ柱であった。
若き神々らはまた、いまだ姿ある神、とも呼ばれた。

 

 


0-1-1.〈 リースヒェン 〉

 

「謹んで」と、若き姉神〈 リースヒェン 〉は、膝を折って界卵を拝領した。
女神の姿は細く白く丈高く、長く薄い金の髪に瞳は水のごとき淡い蒼であった。

 

 


0-1-2.〈 グアヒィギル 〉

 

「慶んで」と、若き兄神〈 グアヒィギル 〉は界卵を掌中におさめた。
男神の姿は黒く丈高く筋隆々たる美丈夫で、黒い巻き毛に黒い瞳であった。

 

 


0-1-3.〈 マラィアヌ 〉

 

「まぁ、嬉しいわ!」
まだ幼き妹神〈 マラィアヌ 〉は歓喜にふるえながら界卵を抱きしめた。
この少女神は豊かな緑の巻き毛に碧の瞳。四つ柱の中て最も若き神であった。

 

 


0-1-4.〈 ティアスラァル 〉

 

「無理です」
弟神〈 ティアスラァル 〉は畏れて辞退した。
薄茶色の長い髪に薄茶色の瞳の、少年神であったと言われる。

 

 


0-2-1.《 エルース・ア・マーリア 》

 

姉神〈 リースヒェン 〉は界の名を学都《 エルース・ア・マーリア 》と定めた。
智と探求を求める神々と仙と精霊とが集い、《 光なす内球の界 》とも称した。

 

 


0-2-2.《 ボル・ド・ガスドム 》

 

兄神〈 グアヒィギル 〉は界の名を戦都《 ボル・ド・ガスドム 》と定めた。
勝利と血を求める神々と獣神と妖霊とが集い、《 焔洞界》とも号した。

 


0-2-3.《 ダィ・レム・アールス 》

 

妹神〈 マラィアヌ 〉は界の名を《 ダィ・レム・アールス 》と名付けた。
技芸と舞楽を好む神々と神獣と精霊らが集い、《無窮大地》世界と呼んだ。

 

 


0-2-4.《 ティ・カーセル・ラース 》

 

弟神〈 ティアスラァル 〉は再び固辞した。
ゆえに界は大いなる空白、《 ティ・カーセル・ラース 》と呼ばれた。
界卵はひとりで育ち、半神と獣神と妖霊ら闊歩して《泥球界》とあだ名した。

 

 


0-3-1.(諍い)

 

姉神リースヒェンは潔癖にして癇性。
血と騒乱を好むグアヒィギルを忌避し、
ボル・ド・ガスドムの民を遠ざけた。

ボルドムの民は壮麗なる都エルース・ア・マーリアへの訪問を望むも、
「野蛮」とさげすみ、姉神は拒絶した。

 

 


0-3-2.(騒乱)

 

グアヒィギルは怒って天界の天使を退け、
血刀ひっさげ天宮の女神を穢した。

女神は怒って自らの首を斬り落とし、
ボルドムの民はエルシャムの民を穢した。

 


0-3-3.(侵害)

 

妹神マライアヌはこれを聞き驚き恐れ、
急ぎ天界へ赴き兄神を諫めるも、
兄神は妹神をも辱め、
ボルドムの民はダレマスの民を襲った。

 

 


0-3-4.(終焉)

 

これを聞き上神レ・リナルは驚き呆れ、
急ぎ大地界へ赴きグアヒィギルを捕縛した。

 

マライアヌは消沈し、界を閉ざしてセンサリテヤへと還った。

 

ティアスラァルはただその騒ぎを観ていた。

何もせず、ただ、静かに観ていた。