閉じる


試し読みできます

はじめに

飲食店は「味」で勝負!

あなたは、まだそんなことを言っているのですか。

 

それでは、絶対に勝てません。

美味しいお店は、いくらでもあります。

 

あなたの作る料理に、どれだけ自信があっても、

お客さまに知られていなければ、

他のマズいお店と同じなのです。

 

美味しくても、マズくても、

集客できなければ、同じように潰れてしまうのです。

 

そうならないためには、

美味しいことをもっともっとアピールする必要があります。

 

この書籍では、さまざまある方法の中で、

お客さまが思わず注文してしまう

「料理名のつけ方」をご紹介します。

 

料理名を変えるだけで、驚くほど注文が多くなります。

 

大袈裟に言っているわけではありません。

数々の実践例があります。

 

本当に、名前を変えるだけです。

 

もちろん、元々美味しい料理であることが前提ですが。


試し読みできます

<料理名のつけ方・ポイント>

●料理や食材に対する“こだわり”を盛り込む。

 

●「わかるだろう」という意識は捨て、

 具体的な食材や料理法を表現する。

 

●食材の産地を書く。有名産地はもちろん、地元なら、その名前も。

 

●季節感や味の特長など、お客さまに感じて欲しいことを書く。

 

●どう美味しいのか、どんな状態で提供されるのかを表現する。

 

●できれば、メニューは手書きにする。筆文字なら、なお良し。

 

●料理名を漢字にする(和食)。

 

●「とろっとろ」「ふわっふわ」「サックサク」「プリップリ」など、 

 料理の状態を言葉で表現する。

 

 

では、具体的な「料理名」をご紹介します。

 

元の料理名と新しい料理名だけを記載しています。

 

解説はしていませんので、

“何が違うのか”をよく考えてみてください。

 

なお、私が創作した料理名および

実在する店舗・旅館・ホテルで使われている料理名を記載しています。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)

読者登録

佐藤きよあきさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について