閉じる


円卓の容疑者 - 事件 -

仮面は淡々と話し始めた・・・

 

『20xx年6月1日(金)午後11時37分、

被害者は或真多 三月(あるまた やよい)24歳、女性。IT会社「Xソフト」で経理として勤務。

趣味はショッピング、特技は合気道。

大阪府の府立経営地下鉄北梅田駅の南改札駅から徒歩12分の場所で、その事件は起こった。

彼女は不意打ちを食らい、頭を鈍器で殴打され重傷。

現在も意識不明だが、現在は快方に向かっており、意識を取り戻す可能性は高い。

ちなみにその日は残業ではなく、ひとりで飲んでいて帰宅が遅れた。

不意打ちを食らったのも、酒を飲み過ぎて酔っ払っていたからだ。

事件そのものの目撃者は見つかっていないが、警察は聞き込みの結果、

何人かの容疑者をピックアップした。それがこの円卓に座っている者たちだ。

 

まず、一之瀬 栄登は、或真多の大学の後輩で、同じ合気道サークルに所属していた。

その頃から彼女に好意を持っており、何度となく告白したが、

彼女にしてみればかわいい後輩の域を抜けず、その思いが届くことはなかった。

しかし、一之瀬のその思いは今も変わっていなかったらしい。

或真多に言い寄った結果、思い余って犯行に及んだかのかもしれない。

難波 小次郎は、或真多の勤める会社のプログラマーで、

ある飲み会の席で彼女にセクハラまがいのことをしてしまい、

出世の道は閉ざされ、今は窓際に追いやられているそうだ。完全な逆恨みだが、動機としては十分だ。

山東 あいりは、或真多の大学時代からの友達だったが、

或真多が山東が好意を持っていた男性と付き合うことになり、そこから疎遠になった。

しかも、結局ふたりは別れることになった。或真多が振ったことによってな。

これも逆恨みの上、動機としては弱いが、可能性としては排除できない。

獅子宮 美鈴は、或真多が住むマンションの隣の部屋に夫と娘とで住んでいる。

或真多が夜遅く帰ってくる時の物音が気になると、

管理人にクレームを入れているところを複数のマンションの住民が聞いている。

騒音トラブルというのは、意外と大きい事件に発展するものだ。

神童 栄悟は、或真多が殴打された付近の路地裏で酔っ払って寝ていた。

或真多との接点は見つかっていないが、

現状としては唯一現場近くに居た人間であり、彼女と何かトラブルになった可能性もある。

ちなみに神童自身はぐっすり寝ており、事件そのものすら気付かなかったと供述している。

そして海水 ひめじは、或真多が事件当夜に飲んでいた店のオーナーだ。

従業員が誤って或真多に水を掛けてしまい、鬱憤を晴らすために酔っ払っていたのと相成って、

喚く彼女に必死に頭を下げていたそうだ。 

カッとなって彼女の後を追って、殴打しても不思議ではない。

 

さぁ、カードは提示した。

あとは君たちの投稿に期待する。13時まで残り5分か。そろそろだな。

では、円卓の容疑者の諸君。

目の前に置いてあるタブレット端末の電源を入れてほしい。

そこには、日本全国からお前たちへの投稿が届く。

お前たちはそこから他の5人が真犯人に足り得る情報、不利となる情報を探し出し、私に示せ。

自分自身が真犯人ではないことを必死に証明しろ。自分自身の手と頭によってな。

使用方法はそこにある紙に全て書いてある。

あー、ひとつ言い忘れていた。

誰かに助言を求めたり、協力してもらうために何かを書き込んでも構わない。

ただし、この状況下から抜け出そうとする行動 ― まぁ、この場所が3時間ほどで割り出せることはないがな ― 、

助けを求める書き込み、私の正体を探る行為はルール違反だ。

もし、ルールを破った場合はその者を真犯人だと判断し、死んでもらう。

では、健闘を祈る。』

 

私はすぐにそらっちに電話した。幸い、そらっちはすぐに出てくれた。

「もしもし、そらっち。至急、お父さんと話がしたいの!」


この本の内容は以上です。


読者登録

qedqedさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について