閉じる


試し読みできます

もくじ

柔 軟 革 命

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

●方法


試し読みできます

のうがき

柔 軟 革 命

 

 

【のうがき】

 

 

●柔軟運動は痛くて嫌いだという人は少なくない。

これまでの柔軟運動は、代表的なのが無理やり開脚させられて、上から押さえこまれる。

考えただけでも痛いのが当たり前。

痛いのを我慢してやったらと言って、直ぐに軟らかくなるわけでもない。

毎日、毎日苦労して続けなければならないのである。

股関節やハムストリング、それに腰を痛めるなんてのも珍しくない。

 

そんな辛くて長い我慢をして、やっと軟らかくなったとしても、パワーが出るのか? 俊敏性は?   スピードは? 体力は? …? 脚は軽くなったのか?  どうなんだろう。

 

「柔軟革命」は、筋肉を緩めて血流を促し、それで身体が自然に軟らかくなっていく方法だから無理がない。

赤ちゃんの時は筋肉が軟らかくて、柔軟性もメチャ凄いでしょう。

それと同じで筋肉を軟らかくすれば、身体も軟らかくなるのである。

 

筋肉を軟らかくするのは電気ハンディマッサージャーで行う。

(以前は足健ローラーや180度開脚フィンで揉んでいた。揉む痛みが半端でなかったから続けられない方達が殆どだった。)

いろんな種類のマッサージ機が出回っているが…。

例えばマッサージチェアで揉んでも、軟らかくならないでしょう!?

ハンディーマッサージャーでむやみに撫でても、これまた軟らかくならないでしょう!?

 

LTF療法がお勧めする電気ハンディーマッサージャーで、簡単なポーズで各部位を撫でることで、抜群の効果が出る。

そんな方法をこの電子書籍に記載した。

 

それらの撫で方は、腰痛、股関節痛、膝痛などの不具合を解消するために開発された撫で方でもあるから、筋肉を緩める、血流を促す効果が高い。

だから柔軟アップはとても容易く出来てしまう。

 

 

片足3分で効果が出る。

一般的に、「柔軟革命」を実践すると、片足3分で顕著に効果が出る。

筋肉を始め足首、股関節、お尻なども軟らかくなり、柔軟アップする。立てば、歩けば、やった側の脚が軽いのが良く分かる。

それに身体が暖かくなる。

 

更に柔軟アップを望むなら、軽く柔軟して、更に同じように撫でれば良い。

とても簡単で、痛くなく、無理なく柔軟アップする。

同時に俊敏性アップし、身体の動きが鋭くなる、全身のパワーアップにもなり、身体能力が大きく向上しているのが判る。

ダッシュしてみたくもなる。

 

身体能力がアップすれば精神的な気力もアップする。

ヤル気満々の元気な身体に大きく変身するのである。

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について