閉じる


<<最初から読む

7 / 9ページ

フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー進行中

ここまで、はっちの『成り立ち』と『1年目、2年目の活動』を紹介させていただいた。ここからは現在進行中の、あるいは計画中の企画について紹介させていただいて、ひとまずの終わりとさせていただく。

 

まずは現在進行中の『フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー』という2017年9月現在、初開催に向けて準備を進めているフリーペーパーだけの約3ヶ月間の合同巡回展、そして期間中の来場者投票により”その年でもっとも支持されたフリーペーパーを決定する”プロジェクトだ。https://freepaper-of-the-year.jimdo.com/

 

 

こちらは、僕たちがフリーペーパーを紹介していく中で”もっと発行者さんのお力になるにはどうしたらいいだろうか?”と考えていた時に浮かんだ企画で、今回協力していただいている図書館、ギャラリー、アートスペースなどでの展示自体も新たな発表機会になると考えているが『来場者の人気投票』という仕掛けを入れた事でただ一方的に媒体を受け取るだけでなく読者の反応もフィードバックし、期間限定ではあるが『発行者』『読者』の双方向の新たな交流が生まれる事を期待している。

 

また『フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー』と少々大げさな名前を今回つけたのは、このプロジェクト以外にも既に長年開催されている有名な『フリーペーパー大賞』他の発行者を表彰して応援する企画が多々ある中で、僕たちだからこそできるインディペンデントな企画を別に新たに創るという企画者としての密かな意気込み、そして単純に今回の企画で受賞された発行者さんが”周囲に自慢できる名称にしたい”そんな気持ちが込められている。

 

まだエントリー募集期間中で、本当に全てこれからなので不安はあるが、はっちの運営仲間たち、そして準備段階でお会いした方々から意見交換し、何度も何度も企画書や内容自体のブラッシュアップが図れた事、また”はじめまして””ひさしぶり”の方々と展示スペースの相談をさせていただく中でもらった有形、無形の応援が僕を支えてくれている。(おかげさまで参加費無料を今回実現できています。あらためて皆様に感謝を)

 

来月から始まる展示1番目の奈良県立図書情報館での展示も始まっていない段階で次回以降の事を語るのはどうかと思うが、無理のない範囲で引き続きこの『フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー』の企画を次年度以降も続けるために、まずはこの初開催となる今回が良い形で終われるように準備を進めていきたい。

 

そして、最終的には続けていく事で、これまでフリーペーパーが展示される事が多い本屋やギャラリー、雑貨屋さん以外にも、町中のあちこちでフリーペーパーという発行者の想いや声が届く環境づくりに少しでも貢献できたらいいなあ。そんな風にちょっぴり思っている。

 

場づくりメモ:合同プロジェクトを確実に開催し、場所同士のネットワークを構築する


本の未来を探す

もう一つ計画中なのは(とはいっても構想段階で、まだ具体的な所まで全然落とし込めていないのだけど)”はちみつとフリーペーパーのお店”はっちとは別に、フリーペーパー以外の新たな本を軸としたスペースを来年以降にオープンさせる事だ。

 

まだ2017年現在は機会を見つけては本の先輩達、本屋の店主の方々に相談してはアドバイスをいただいたり、自分なりに勉強している段階で、新書を扱うのか?古本を扱うのか?そもそもちゃんと本屋をするのか?など決めないといけない事は沢山あるものの、はっちという場所で2年間、これまでフリーペーパーという本達と向き合った経験、これまでの場づくりの経験を生かして、また新たなチャレンジに取り組みたいと思っている(様々な未来の選択肢の中で、当面は今は「住み開き511」という名前で運営しているマンションの一室スペースを改装し、新たにリニューアルオープンするだけに留まるだけかもしれないが)

 

そしてまた、この新たなチャレンジをしていく事で、まずは『フリーペーパーに詳しい小さな本屋さん(あるいは本屋みたいな場所)』を次の段階として目指し、はっちとの相乗効果が生まれる事を目指していこうと考えている。そしていつかは、自分たちのスペース運営だけに留まらず、フリーペーパー、自費・商業出版に限らずに「本が町にあふれている」その為のあらゆる事にも自ら関わっていきたいと考えている。

 

それは、インターネットもスマホも何もなかった時代に学生時代を過ごした僕の下校途中に立ち寄った風景、町中にあった本屋、古本屋に並んでいた紙の本達が僕に何でも教えてくれた時代を再現したい。そんな懐古主義に見えるかもしれない。しかし、様々な事情で全国各地が書店が消え去っている今の時代だからこそ、また昔とは違った形での「本達との出会い、補助線」を新たに創れるのではないか?というクリエイティブな挑戦になると僕は捉えている。「本好きな見ず知らずの誰か」とか良ければぜひ合流してくれたらと願う。

 

最後に、ここまで読んでくれた方に深い感謝を。お恥ずかしながら文才のあまりの無さや言葉遣いや文法表現が大幅に稚拙である事を自覚しているので、なおのこと重ねて最後まで読んでくれた事をありがたく思う。「こちらも」スペースの運営と同じく、続ける事で少しずつ改善して、次回また、どこかの機会で再会できたら幸いだと思っている。

 

 

場づくりメモ:続けていく事で新たに見えてくる未来を信じる


奥付

 

はっちの作り方


http://p.booklog.jp/book/117042


著者 : 田中冬一郎
ワオンプロジェクト設立者/ファイナンシャルプランナー
/終活カウンセラー/素人作家。
目の前の誰かのセーフティネットになる事を目指し、
2007年にワオンプロジェクトを設立。他NPOのプロボノも


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/117042



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト

 


この本の内容は以上です。


読者登録

waon0317さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について