閉じる


<<最初から読む

5 / 9ページ

地域おこしと本の逆襲

『黎明期』の1年を過ぎて”はちみつとフリーペーパー”から”食と本”へ。そんな風にコンセプトを広く拡大した思考の変遷について、活動2年目を紹介する前に”もう少し”説明させていただく。

 

回りくどいかもしれないが『場の運営』において、自分達の活動を支える『コンセプト』は言葉として全員の意識共有をはかれるなどの利点もある一方で、気づけば予想以上に制約として関係する人全ての「行動や思考を無意識に縛る事」があるからだ。だからそれを考える作業は丁寧にしすぎる位でだいたい正しく、またせっかく一度決めたとしても、ただ守るだけでなく状況の変化に対応して何回も何回も微調整を地道に繰り返す事が大切だったりする。

 

さて、食に関しては、はっちの運営メンバーの”はちみつ担当”の養蜂家がオープン1年目を過ぎて、滋賀県の地域起こし協力隊に採用された事ではっちの店舗運営への直接的な参加やイベント開催自体はどうしても不定期にならざるを得なくなった事。しかし一方で地域おこし協力隊としての新たな活動の中でミツバチやはちだけでなく、地域の人たちと食に関する企画に幅広く携わる事が増えたからだ。なので、その方が養蜂家自身にとっても自由度が高く、他のメンバーが養蜂家だけに頼らずとも活動できる為にも適切だと考えた。

 

 

 

また本に関してはと言えば”フリーペーパーのお店”を名乗る以上は日々精進。と送られてくるフリーペーパーの全てに目を通し1日1誌のペースでの紹介を毎日の習慣にしつつ、空いた時間に本屋に限らず広く様々な『本を媒体とするプロジェクト』を見学したり、フリーペーパーや出版業界の関係本を手当たり次第に乱読した事で、少子化や電子書籍などの影響で不況と言われるこの業界全体が、僕にはフリーペーパーのみに留まらない可能性溢れる魅力的な世界に見え始めていたからだ。

 

その視点の変化に特に大きく影響を与えた2冊は”本と人の出会い”を作る型破りなプロジェクトを次々と立ち上げている下北沢の本屋B&Bの内沼晋太郎氏の『本の逆襲』そして日本初のブックディレクターとして活躍しているBACH代表、幅允孝氏の『本の声を聴け-ブックディレクタ-幅允孝の仕事』。

 

お二人とも連日メディア等で活動を発信されている著名人なので、以前から名前はもちろん知っていたものの、はっちという試行錯誤を始めた事で『他人事ではなく自分事』として両氏の活動や言葉がより響くようになっていたのだ。そして実際にお話を伺ったり、手がけたお店や施設を巡って関係者から話を伺う中で、その思いは強くなっていた。

 

こうして『黎明期』を過ぎて、コンセプトは1年目の”はちみつとフリーペーパー”から広く”食と本”へと。その広い可能性を追い求める2年目の日々が始まる。一気に世界がばばーと広くなったワクワクと、考えるべき事が急拡大するワタワタ感(千里の道も一里から?)

 

場づくりメモ:コンセプトは大切に決めて柔軟に変えていく


書を懐に町へ2016-2017

『フリーペーパー研究会』『BARはちみつ』そしてWEB番組『はっちチャンネル』と1年目の試行錯誤の結果としてはっちの定例企画が誕生した『黎明期』を終え、運営体制やコンセプトが明確になった事で『成長期』と位置付けていた2年目の活動、そこで目指したのは劇作家、寺山修司の”書を捨てよ町へ出よう”もとい”書(フリーペーパー)を懐に町へ”つまり、はっち内部だけの活動だけでなく、様々な形で外部に出かける事だった。

 

その為に、はっちの通常運営はメンバーのイベント担当の”おかみ”こと田面さんを中心とするはっちチームにお任せし、僕自身は企画担当として”若者達の自己表現手段”として出版文化が注目されている韓国はソウルを訪れて書店巡りをしたり、全国の有名な本屋さんへの挨拶まわりを順次にスタートさせた。

 

また、はっちのある中津周辺のまちあるきを皮切りに、関西ネットワークシステム(KNS)という異業種ネットワークの定例会で、はっちの活動をプレゼンテーションしたり、空掘で初開催された”物語する芸術祭”という地域イベントなどに参加し”出張はっち”としてフリーペーパーの制作ワークショップを開催させていただいた。

 

 

食、養蜂家の地域おこし協力隊としての活動も、百済寺住職、地域の有志と取り組む事になった幻の酒『百済寺樽(ひゃくさいじたる)』復活を目的にしたプロジェクトがクラウドファンディングでの資金調達が成功し、おかげさまで多くのメディアに取り上げられて話題となった。

 

これら多岐にわたる活動の全てが、1年目のはっちの活動の経験が直接的、間接的なベースとなっていて、この2年目のタイミングで新しい外部活動を始めた事は「予想していた通りに」様々な意見をもらったり、改善点を自分達で見つける良い刺激となっている。

 

また外部だけでなく、はっち内部企画にも変化が起きた。『フリーペーパー研究会』以外に、商業出版した著者をゲストにお迎えして、その活動や出版の経緯を伺う新企画『ブックトーク』が9月『ひつじの京都銭湯図鑑』大武千明さんを皮切りにスタートしたのだ。外部へ出かけて様々な方と出会えた事、そして事前に新たなコンセプトとして”食と本”を設定していた事がこの企画がスタートした遠因になっている事は間違いない。

 

そして最後に、こちらは外部に出た事との直接的な関係性はないが、1F自転車置き場だけであった、はっちのスペース自体も貸し手の好意もあって2016年7月に2F部分まで拡大した。貸し手の希望するコンセプトがなぜか『遊郭』だったので1Fの黄色と違い、赤をテーマカラーにして運営メンバーにて3ヶ月間、制作作業を行ったが、完成して外から見れば1Fは黄色、2Fは赤と色彩的な対比で場所としてのはっちの存在感を高める事に繋がったと思う。

 

こうして2017年9月現在、まだ3ヶ月弱の期間を残しているが1年目のゼロから始まった『黎明期』1年間の次の段階、『発展期』の活動が現在も進行形で続いている。

 

場づくりメモ:スペース内部、外部とバランス良く企画を反復する事でマンネリの発生を避ける


フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー進行中

ここまで、はっちの『成り立ち』と『1年目、2年目の活動』を紹介させていただいた。ここからは現在進行中の、あるいは計画中の企画について紹介させていただいて、ひとまずの終わりとさせていただく。

 

まずは現在進行中の『フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー』という2017年9月現在、初開催に向けて準備を進めているフリーペーパーだけの約3ヶ月間の合同巡回展、そして期間中の来場者投票により”その年でもっとも支持されたフリーペーパーを決定する”プロジェクトだ。https://freepaper-of-the-year.jimdo.com/

 

 

こちらは、僕たちがフリーペーパーを紹介していく中で”もっと発行者さんのお力になるにはどうしたらいいだろうか?”と考えていた時に浮かんだ企画で、今回協力していただいている図書館、ギャラリー、アートスペースなどでの展示自体も新たな発表機会になると考えているが『来場者の人気投票』という仕掛けを入れた事でただ一方的に媒体を受け取るだけでなく読者の反応もフィードバックし、期間限定ではあるが『発行者』『読者』の双方向の新たな交流が生まれる事を期待している。

 

また『フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー』と少々大げさな名前を今回つけたのは、このプロジェクト以外にも既に長年開催されている有名な『フリーペーパー大賞』他の発行者を表彰して応援する企画が多々ある中で、僕たちだからこそできるインディペンデントな企画を別に新たに創るという企画者としての密かな意気込み、そして単純に今回の企画で受賞された発行者さんが”周囲に自慢できる名称にしたい”そんな気持ちが込められている。

 

まだエントリー募集期間中で、本当に全てこれからなので不安はあるが、はっちの運営仲間たち、そして準備段階でお会いした方々から意見交換し、何度も何度も企画書や内容自体のブラッシュアップが図れた事、また”はじめまして””ひさしぶり”の方々と展示スペースの相談をさせていただく中でもらった有形、無形の応援が僕を支えてくれている。(おかげさまで参加費無料を今回実現できています。あらためて皆様に感謝を)

 

来月から始まる展示1番目の奈良県立図書情報館での展示も始まっていない段階で次回以降の事を語るのはどうかと思うが、無理のない範囲で引き続きこの『フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー』の企画を次年度以降も続けるために、まずはこの初開催となる今回が良い形で終われるように準備を進めていきたい。

 

そして、最終的には続けていく事で、これまでフリーペーパーが展示される事が多い本屋やギャラリー、雑貨屋さん以外にも、町中のあちこちでフリーペーパーという発行者の想いや声が届く環境づくりに少しでも貢献できたらいいなあ。そんな風にちょっぴり思っている。

 

場づくりメモ:合同プロジェクトを確実に開催し、場所同士のネットワークを構築する


本の未来を探す

もう一つ計画中なのは(とはいっても構想段階で、まだ具体的な所まで全然落とし込めていないのだけど)”はちみつとフリーペーパーのお店”はっちとは別に、フリーペーパー以外の新たな本を軸としたスペースを来年以降にオープンさせる事だ。

 

まだ2017年現在は機会を見つけては本の先輩達、本屋の店主の方々に相談してはアドバイスをいただいたり、自分なりに勉強している段階で、新書を扱うのか?古本を扱うのか?そもそもちゃんと本屋をするのか?など決めないといけない事は沢山あるものの、はっちという場所で2年間、これまでフリーペーパーという本達と向き合った経験、これまでの場づくりの経験を生かして、また新たなチャレンジに取り組みたいと思っている(様々な未来の選択肢の中で、当面は今は「住み開き511」という名前で運営しているマンションの一室スペースを改装し、新たにリニューアルオープンするだけに留まるだけかもしれないが)

 

そしてまた、この新たなチャレンジをしていく事で、まずは『フリーペーパーに詳しい小さな本屋さん(あるいは本屋みたいな場所)』を次の段階として目指し、はっちとの相乗効果が生まれる事を目指していこうと考えている。そしていつかは、自分たちのスペース運営だけに留まらず、フリーペーパー、自費・商業出版に限らずに「本が町にあふれている」その為のあらゆる事にも自ら関わっていきたいと考えている。

 

それは、インターネットもスマホも何もなかった時代に学生時代を過ごした僕の下校途中に立ち寄った風景、町中にあった本屋、古本屋に並んでいた紙の本達が僕に何でも教えてくれた時代を再現したい。そんな懐古主義に見えるかもしれない。しかし、様々な事情で全国各地が書店が消え去っている今の時代だからこそ、また昔とは違った形での「本達との出会い、補助線」を新たに創れるのではないか?というクリエイティブな挑戦になると僕は捉えている。「本好きな見ず知らずの誰か」とか良ければぜひ合流してくれたらと願う。

 

最後に、ここまで読んでくれた方に深い感謝を。お恥ずかしながら文才のあまりの無さや言葉遣いや文法表現が大幅に稚拙である事を自覚しているので、なおのこと重ねて最後まで読んでくれた事をありがたく思う。「こちらも」スペースの運営と同じく、続ける事で少しずつ改善して、次回また、どこかの機会で再会できたら幸いだと思っている。

 

 

場づくりメモ:続けていく事で新たに見えてくる未来を信じる


奥付

 

はっちの作り方


http://p.booklog.jp/book/117042


著者 : 田中冬一郎
ワオンプロジェクト設立者/ファイナンシャルプランナー
/終活カウンセラー/素人作家。
目の前の誰かのセーフティネットになる事を目指し、
2007年にワオンプロジェクトを設立。他NPOのプロボノも


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/117042



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト

 


この本の内容は以上です。


読者登録

waon0317さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について