目次

閉じる


pop.0001

 一人。

 一人というのがいい。

 それがオレの望んでいたことだと今更分かった。

 連中がみんな逃げていったからそうなった。

 ここにはもうオレしかいない。空の霞んだ町。

 たまに勝手にやってきて、辺りをうろつきまわる連中もいる。

 ここら一帯はもうオレの庭だっていう意識になってるから、オレからするとそいつらは侵入者ってことになる。だから追い出しにかかる。カメラなんか持ってる奴は最悪で、だいたい叩き壊してやる。

 金ならなくはない。どさくさに紛れて手に入れたものだ。

 街まで出て金を使って何か手に入れることもある。でも、置き去りにされたものをかき集めれば暮らしは何とかなる。

 オレの楽しみは空になった家々を燃やして回ることだ。

 火が燃え広がり、家屋全体を覆いつくし、やがて崩れ落ちる。

 それをただじっと見ている。

 じっと見ているうちにだんだん虚しい気分になってくる、その感じがオレはなんだか好きだ。オレにだってちゃんと感情ってものがあったんだなって思う。そんなこと、知ってたはずのことだった。

 久しぶりに街まで買い出しに出たときのことだ。

 どっかの食堂でかかっていたテレビを道端から見た。どいつもこいつも、まるで何もなかったみたいに呆けてやがった。

 だけど、そんなの昔からそうだった。

 誰も何もしてくれない。それだけが本当のことだ。

 オレは毎日全身にたっぷり嫌なものを浴びている。

 体の内側からも取り込んでいる。

 その嫌なものを浴び続け、吸収し続けているうちに、何か巨大な化け物にでも変身しないもんかと思う。

 そしたら、連中の街を破壊してやるんだ。

 炎を見ながら、オレは我を忘れるほど怒り狂い、拳をぎゅっと握りしめる。

 それから急に泣き出し、力が入らなくなって地べたに身を投げ出す。

 そうして疲れ果てて寝てしまう。

 目が覚めても一人だ。

 

 

*『足のうら怪談 全』はこちら

 


この本の内容は以上です。


読者登録

十佐間つくおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について