目次
女性(おんな)の浪漫
本音
朝の色
自活
「性格と才能」(書斎の壁に貼った、ウィリアム・カスバート・フォークナー《William Cuthbert Faulkner, 本名:Falkner、一八九七年九月二五日―一九六二年七月六日》、アメリカ
女性に謝れない性格
言葉
日本
夢日記作法
「俊敏なる悪魔の惨劇」~太宰治へ告ぐ~
男女の事
「死相」~谷崎潤一郎へ告ぐ~
太宰治―追憶
日本の文学観
ユーチューブに載せた記事
狡い現代日本人
俺の自由な文学
「あああ…」(作品題名)
自作
信仰の好い加減
改革派の牧師との話談
暗黙の排除
緩い生活
俺の作品
騒がれたい
権力に脆(よわ)い日本人
高梨行李君からの依頼
休憩・仕切り直し時の俺の言葉
ゆきこの確実
「京都と東京」(作家より、作家に対する視点を基に―)
作品の作法
思考
潜在能力
自信を持て
役者嫌い
俺と女性(おんな)の満足の擦れ違い
法則、一つ
作詞
病院
花生けバトルを見て
自尊
全て死んだ級友
父への先手
長渕剛のアーティスト性について―序章
我が闘争
女性(おんな)と上手く行かぬ俺
女性
介護と称した虐待
文壇・批評
会話
創る
父親との―
無視
モテない
不一
現代人との無通
商法
人間―現代人嫌悪
小泉今日子
アイドル
無題
自慰
愛情―決心
「作家の自殺」(~書くべき事を自認すれば、その作家は生きる筈である~)
女性の目前に男
又、源氏物語
挑戦―追想
売れない作家
男・女
作家途中
絶世
無職
言葉の魔術師
クリスチャン
対人に合せた喜怒哀楽
既に現れている、佐賀裕司に与えて下さった神の恩恵
everymanの呟き・理屈
太宰の女身
中原中也
サドとマゾ
無題
達成への充実
女の精
『夢日記』の作成内実
現代人のプライド
典型(タイプ)
俗世の女性
サイボーグ
始動
傍に居る女性(おんな)
新作
作品の存在の有難さ
パソコン打ち
組織(メディア)へ
大家(たいか)
天川文学
森田童子
事の終り
確認
添削
無題
「俺の作品は皆、人を神に向ける為に在る」(永遠の記録に在る為、日付を記さぬ。)
神の恩寵
思記
神の御前(みまえ)にて
日本人の行為
人は小宇宙
神の世と人の世
神不幸
長渕剛―小論
聖書
教師に告ぐ
無国籍
静戦(せいせん)
発狂(くる)え!
ゴジラの叫び
異国語
生活―夫々の道
日本で知った教育
本音
思考の体(てい)
規則と良心
イエス様の身許にて
キリストの神殿にて、人の初歩
自作法について
男と女
女(あくま)―Criminal
心理
無題
薄い関係
ワープロ打ち
煙草
人―許容
見え透いた小説
生粋
俺と若人
上記の作品について
目次

閉じる


<<最初から読む

142 / 142ページ

試し読みできます

目次

 

1:女性(おんな)の浪漫

2:本音

3:朝の色

4:自活

5:「性格と才能」(書斎の壁に貼った、ウィリアム・カスバート・フォークナー《William Cuthbert Faulkner, 本名:Falkner、一八九七年九月二五日―一九六二年七月六日》、アメリカ合衆国の小説家―を見て下記す)

6:女性に謝れない性格

7:言葉

8:日本

9:夢日記作法

10:「俊敏なる悪魔の惨劇」~太宰治へ告ぐ~

11:男女の事

12:「死相」~谷崎潤一郎へ告ぐ~

13:太宰治―追憶

14:日本の文学観

15:ユーチューブに載せた記事

16:狡い現代日本人

17:俺の自由な文学

18:「あああ…」(作品題名)

19:自作

20:人

21:信仰の好い加減

22:改革派の牧師との話談

23:暗黙の排除

24:緩い生活

25:俺の作品

26:騒がれたい

27:権力に脆(よわ)い日本人

28:死

29:高梨行李君からの依頼

30:休憩・仕切り直し時の俺の言葉

31:ゆきこの確実

32:「京都と東京」(作家より、作家に対する視点を基に―)

33:作品の作法

34:思考

35:潜在能力

36:自信を持て

37:役者嫌い

38:俺と女性(おんな)の満足の擦れ違い

39:法則、一つ

40:作詞

41:病院

42:花生けバトルを見て

43:自尊

44:全て死んだ級友

45:父への先手

46:長渕剛のアーティスト性について―序章

47:我が闘争

48:女性(おんな)と上手く行かぬ俺

49:女性

50:介護と称した虐待

51:文壇・批評

52:会話

53:創る

54:父親との―

55:無視

56:モテない

57:不一

58:現代人との無通

59:商法

60:人間―現代人嫌悪

61:小泉今日子

62:アイドル

63:無題

64:自慰

65:愛情―決心

66:「作家の自殺」(~書くべき事を自認すれば、その作家は生きる筈である~)

67:女性の目前に男

68:又、源氏物語

69:挑戦―追想

70:売れない作家

71:男・女

72:作家途中

73:絶世

74:無職

75:言葉の魔術師

76:クリスチャン

77:対人に合せた喜怒哀楽

78:既に現れている、佐賀裕司に与えて下さった神の恩恵

79everymanの呟き・理屈

80:太宰の女身

81:中原中也

82:サドとマゾ

83:無題

84:達成への充実

85:女の精

86:『夢日記』の作成内実

87:現代人のプライド

88:典型(タイプ)

89:俗世の女性

90:サイボーグ

91:始動

92:傍に居る女性(おんな)

93:新作

94:作品の存在の有難さ

95:パソコン打ち

96:組織(メディア)へ

97:大家(たいか)

98:天川文学

99:森田童子

100:事の終り

101:確認

102:女

103:添削

104:無題

105:「俺の作品は皆、人を神に向ける為に在る」(永遠の記録に在る為、日付を記さぬ。)

106:神の恩寵

107:思記

108:神の御前(みまえ)にて

109:日本人の行為

110:人は小宇宙

111:神の世と人の世

112:神不幸

113:長渕剛―小論

114:聖書

115:教師に告ぐ

116:無国籍

117:静戦(せいせん)

118:発狂(くる)え!

119:ゴジラの叫び

120:異国語

121:生活―夫々の道

122:日本で知った教育

123:本音

124:思考の体(てい)

125:規則と良心

126:イエス様の身許にて

127:キリストの神殿にて、人の初歩

128:自作法について

129:男と女

130:女(あくま)―Criminal

131:心理

132:無題

133:薄い関係

134:ワープロ打ち

135:煙草

136:人―許容

137:見え透いた小説

138:彼

139:生粋

140:俺と若人

141:上記の作品について


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について