閉じる


魂の底から歌う小学生

5.魂の底から歌う小学生

 これは東インドのカルカッタでのことですが、ラーマクリシュナ・ミッションが小学校も中学校も高校も大学もあるような学校を経営しているんです。我々はその小学校へ生徒たちが劇をする前日に行ったんです。子供たちは皆で稽古をしていたんですが、私たちはちょうど子供たちが歌を歌っているところへ入っていきました。そこで私はその歌を聞いてもう震い上がってしまったんです。ずーっと震ってくるんです。その子供の歌う歌、その声の中に魂の底からの真実なバイブレーションがあるんですね。小学校の劇で歌う歌、そんな歌を歌っているのにね、その子供のバイブレーションが私たちの魂を揺さぶってしまうんです。上手とかきれいな声とか、そんなものと違うんですね。美しいとかきれいという世界と違うんです。もう魂が震っているんです。それを聞いたらまたこちらもね、魂が震ってくるんです。その時、私の両手がピーンとなってしまってね、もう突っ立っているみたいになりました。そして自分を忘れたみたいな状態になり、ずーっともう震ってしまいました。信仰厚い信仰厚い信仰厚い人が歌っている歌と違って、ただの小さな子供でしょう。十歳程の小学生なのに、魂の震うような震わせるような声が出せるんですね、すごいですねぇ。それはやはりその親からまたその親からまたその親からまたその親から、ずーっと伝わってきたバイブレーションでしょうね。そうすると今親の立場にある我々は、いいバイブレーションを持っていなかったらいけないわけですね。