目次
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
沖の方まで
OSAKA都構想
自民、報ステに『中立』要請
バブル懸念根強く
根強い原爆正当論
「原発はもう北海道に要りません」(同紙掲載)
教会に居る特定の者達との不相性
Mr・アイザック~Crafts man~
追記
私の喜ぶ言葉
行きずりの糧
「俗世人(このよのにんげん)との関係」~My Relationship~
詩・短歌と小説の違い
「勉学における至難とは」~The difficult in learning~
親友・旧友
「名言」~Witticism~
文学・作家
「作家」~Creators~
「無題」~Untitled~
「文学」~Own Words that are brought from Individual Literature~
「クラシカル」~The classical view point that is brought from the vain prejudice~
「体裁‐文学にそって‐」~Appearance relating to artists~
「悦に浸れる、金田氏の言‐二〇一五年三月八日(日)」~The words of certain man~
「文学の妙」~The exquisiteness that originally was given to literature~
「恋人」~My lover~
「愛」~Affection~
「作業部屋にて」~In my workshop~
「音」~Sound~
「万能川柳」(毎日新聞投稿用)
短歌
親子
宗教
花生(かせい)
無題
縁談
忙しい時
東京
生憶(きおく)
苦境の最中の神への呪詛
男性・女性
人の終り
適齢期
出版に際して
疑問
生きる
「物を書いた直ぐ後の俺の文句(ことば)」(二〇一五年六月一四日《一八時二三分》記)
女性の可愛らしさ
絵画と文章の差
現行(いま)まで活きた人に言える言葉
俗世嫌い
教師
褪せ林檎と純水
ゴルフ
俗世の恐怖人
容姿
透明のライン
俺の周り
会話酔い
既定の手落ち
人種
天川文学ー製本
「俗世の女性(おんな)」(二〇一五年六月一七日《四時三二分》記)
「現行(いま)の幸せ」(二〇一五年六月一七日《四時四五分》記)
孤独を以て活きる作家
孤独
本気
回顧
必要
「読書」―奢る批評家・読者に告ぐ―
最近の役者
神奈川の女―二
女と商魂
「作中」(二〇一五年六月二八日《二二時九分》記)
人の好い加減
隣人
自衛
我儘
太宰(さっか)への返答の納め
滑稽(おかし)さ
平成人というロボット
現代劇場―男・女と芸能
作家の業
寝取られ
付き合いと本音
「現代の女」(二〇一五年六月二三日《一八時二分》記)
狂う作家
ドラえもん―少年期
火垂るの墓
児女
「戦争による、身近に居る大事な人の悲惨」(野坂昭如『火垂るの墓』を見て下記す)
本気の遊び
他人(ひと)の話
役者
遺書
本望を完遂する時
メイドカフェに行って(フェイスブックで交わした作品として)
改革派学生修養会
俺―自然―
使者からの伝言
女に対して物申す
背後の人
日本の煩悩
大阪
女の返信
無題
笑止
喧嘩
作家の君へ
成人後の俺に言う言葉
結婚
生と死
生と死
作法の妙
説明文
或る神学生の成長過程にて―抜粋―
今日の事
今日の事
今日の事
今日の事
今日の事
恋人
小説の元(もと)
俺の成果
母と他人
第二次大戦
某文学研究発表会での珍事!
放浪の記(き)
放浪の記(き)
放浪の記(き)
放浪の記(き)
放浪の記(き)
M氏
作文の真意
平凡・虚無・極端
上記の作品について
目次

閉じる


試し読みできます

目次

1.     沖の方まで

2.     沖の方まで

3.     沖の方まで

4.     沖の方まで

5.     沖の方まで

6.     沖の方まで

7.     沖の方まで

8.     沖の方まで

9.     沖の方まで

10.  沖の方まで

11.  沖の方まで

12.  沖の方まで

13.  沖の方まで

14.  OSAKA都構想

15.  自民、報ステに『中立』要請

16.  バブル懸念根強く

17.  根強い原爆正当論

18.  「原発はもう北海道に要りません」(同紙掲載)

19.  教会に居る特定の者達との不相性

20.  Mr・アイザック~Crafts man

21.  追記

22.  私の喜ぶ言葉

23.  行きずりの糧

24.  「俗世人(このよのにんげん)との関係」~My Relationship~

25.  詩・短歌と小説の違い

26.  「勉学における至難とは」~The difficult in learning~

27.  親友・旧友

28.  「名言」~Witticism~

29.  文学・作家

30.  「作家」~Creators~

31.  「無題」~Untitled~

32.  「文学」~Own Words that are brought from Individual Literature~

33.  「クラシカル」~The classical view point that is brought from the vain prejudice~

34.  「体裁‐文学にそって‐」~Appearance relating to artists~

35.  「悦に浸れる、金田氏の言‐二〇一五年三月八日(日)」~The words of certain man~

36.  「文学の妙」~The exquisiteness that originally was given to literature~

37.  「恋人」~My lover~

38.  「愛」~Affection~

39.  「作業部屋にて」~In my workshop~

40.  「音」~Sound~

41.  「万能川柳」(毎日新聞投稿用)

42.  短歌

43.  親子

44.  宗教

45.  花生(かせい)

46.  無題

47.  縁談

48.  忙しい時

49.  東京

50.  生憶(きおく)

51.  苦境の最中の神への呪詛

52.  男性・女性

53.  人の終り

54.  適齢期

55.  出版に際して

56.  疑問

57.  生きる

58.  「物を書いた直ぐ後の俺の文句(ことば)」(二〇一五年六月一四日《一八時二三分》記)

59.  女性の可愛らしさ

60.  絵画と文章の差

61.  現行(いま)まで活きた人に言える言葉

62.  俗世嫌い

63.  教師

64.  褪せ林檎と純水

65.  ゴルフ

66.  俗世の恐怖人

67.  容姿

68.  透明のライン

69.  俺の周り

70.  会話酔い

71.  既定の手落ち

72.  人種

73.  天川文学ー製本

74.  「俗世の女性(おんな)」(二〇一五年六月一七日《四時三二分》記)

75.  「現行(いま)の幸せ」(二〇一五年六月一七日《四時四五分》記)

76.  孤独を以て活きる作家

77.  孤独

78.  本気

79.  回顧

80.  必要

81.  「読書」―奢る批評家・読者に告ぐ―

82.  最近の役者

83.  神奈川の女―二

84.  女と商魂

85.  「作中」(二〇一五年六月二八日《二二時九分》記)

86.  人の好い加減

87.  隣人

88.  自衛

89.  我儘

90.  太宰(さっか)への返答の納め

91.  滑稽(おかし)さ

92.  平成人というロボット

93.  現代劇場―男・女と芸能

94.  作家の業

95.  寝取られ

96.  付き合いと本音

97.  「現代の女」(二〇一五年六月二三日《一八時二分》記)

98.  狂う作家

99.  ドラえもん―少年期

100.          火垂るの墓

101.          児女

102.          「戦争による、身近に居る大事な人の悲惨」(野坂昭如『火垂るの墓』を見て下記す)

103.          本気の遊び

104.          他人(ひと)の話

105.          役者

106.          遺書

107.          本望を完遂する時

108.          メイドカフェに行って(フェイスブックで交わした作品として)

109.          改革派学生修養会

110.          俺―自然―

111.          使者からの伝言

112.          女に対して物申す

113.          背後の人

114.          日本の煩悩

115.          大阪

116.          女の返信

117.          無題

118.          笑止

119.          喧嘩

120.          作家の君へ

121.          成人後の俺に言う言葉

122.          結婚

123.          生と死

124.          生と死

125.          作法の妙

126.          説明文

127.          或る神学生の成長過程にて―抜粋―

128.          今日の事

129.          今日の事

130.          今日の事

131.          今日の事

132.          今日の事

133.          恋人

134.          小説の元(もと)

135.          俺の成果

136.          母と他人

137.          第二次大戦

138.          某文学研究発表会での珍事!

139.          放浪の記(き)

140.          放浪の記(き)

141.          放浪の記(き)

142.          放浪の記(き)

143.          放浪の記(き)

144.          M

145.          作文の真意

146.          平凡・虚無・極端

147.          上記の作品について


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格800円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について