目次
『思記』より~創作より(原文ママ)~
「文学研究」~My Institute work~
「夢日記」~My All~
「あなたの私事(しごと)は何ですか?」 ~What is your job?~
「文學への妙~作家の君に告ぐ~
方針
「人の絆 」~Human Bonds~
「国文学序」~Introductory chapter relating to Japanese Literature~
「俺は現代人ではない ~I'm not suitable to a modern man~
「批評家」~Critics~
「同志社大学から早稲田大学へ」~From Doshisha University to Waseda University~
「人生」~My life~
「現代日本人」~Modern people of Japanese~
東京の女
男VS女
待つ
「サイン」~Sign~
自分の身元を探す為に
「探偵小説の書き方(:追記として、『密室の中に置かれた小説』を記す) ~Absolute dramatizing ways ~
「私立大学」~Private University~
「私の読者への願い」~ My wish against readers ~
「読者への要求」~My requisition for readers~
文章
物理を越えた存在との交友
「証」~Testimony~
「陰口」~Backbiting~
「現代日本人女性」
「現実との距離」(二〇一五年五月八日一一時四四分筆)
「自作を語る」~My words~
「精神病者へ心酔する国・日本」~ Japan that worships the mentally ill ~
「現代人ぎらい」 ~Inorganic Modern People~
「根(こん)」~Origin~
「動物愛護」(理想のコンプレックス:理想と現実の狭間で起されようとする理想を思う上で)
「孤独が自活(かて)の源(もと)」~My pure Solitude~
「フィギュア」~Figure~
「恐怖と、その恐怖への打破」~Horror would be absorbed by relief that was gifted from God~
「作業」~The deeds relating Inheritance~
「第一人者」~Leading expert~
「現代のセンセーション」~Any sensations seen onto Modern times~
「小説風景」~Primeval energy that is brought from novels beyond commonsense~
「執筆」 ~Writing~
「太宰治」~Person who had passed up my admiration~
「日本人では駄目だ」~Get nothing in the Japanese~
「八月」(二〇一四年八月二九日五時四一分筆)~Season (The description that was written in 5:41 am on August 29 in 2014)~
「現代」~The present time~
「警察」~The existing justice~
「作品に採るべき描写」~Your expressions that should be drawn in own works~
「経過(とき)」~Elapse~
「自律神経失調症」~ Autonomic imbalance ~
「罪人」~A Sinner~
「賞」~Award~
「作品」~My artistic works~
「コア」~My success~
「俺が生む全文の可能(かぎり)」
未来
記録の大事
「尾崎豊 特集番組~一九九二年四月~を見て」~ Feature program in mourning of him. By seeing the Special Program for Ozaki
「天国でのメモ」~My eternal hope~
「現代文学における作品」~Contemporary literature works~
「完全なる孤独から生れる、新たなな人生」~Perfect solitude makes me draw myself~
「現代文学」~Contemporary literature~
「哀しさ」~Sorrow~
蜻蛉(トンボ)の断末魔の声
「虫への殺人」~Suicide and killer~
「作家として」~As a writer~
「作家に成りたくないという思惑が、表面上に窺える周囲(まわり)の学生に就いて」 ~ I cannot believe that all persons who are around me had sa
「賞―その二」~Award: the second description~
「両親(おや)の死ぬとき」~When parents appear as the incarnation in before me~
「聖書」~Holy Bible~
美術教師
一文の妙
賜物
大きな目‐温かさに捧げる
西洋的
惚け
古い考え方
「Dear my Friend」~Gabriel IlMentore DellaRivoluzione~
大学図書館での新聞縮刷版よりもユーチューブ
学校給食
世間
神と俺
作家=人間
図書館
上記までの記述について
目次

閉じる


この本は購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格350円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について