目次
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~
~露見の理想(おんな)~

閉じる


試し読みできます

~露見の理想(おんな)~

 白昼に観る夢想(ゆめ)を仕留めて起材(きざい)とすればお前の描(か)く文学嗜好は華々しく成り誰の眼(め)にさえ生粋(もと)をも正す。これまで見て来た文士に図れば誰も彼もが素顔を見せずに虚構を観(み)せ得て、お前が独歩(ある)いた夢想(ゆめ)の跡にはぽっくり咲き得る〝魅惑〟が積まれて奇麗に笑う。きらきら輝(ひか)った虚無を見るより、現行(いま)に盛(さか)った怪訝を仕留めて真理(しんり)を観るのがお前の〝人間(ひと)〟には適しているとは思えないのか?


試し読みできます

~露見の理想(おんな)~

 虚無の白紙をすんなり通って〝俺〟の心身(からだ)は現行(ここ)まで来るのだ。淋しい表情(かお)して迎えて在るのは人間(ひと)に生れて如何(どう)して儚く痩せて行くのか、お前の生粋(もと)などくっきり正して虚構に問いたい気持ちに会わされふっと笑って、人間(ひと)の祈りを延長させたい未熟な意識に苛まれている。現行(いま)に添えられ、ぽつんと佇むお前の主体(あるじ)が何処(どこ)へ向かって独歩(ある)いて在るのか、自然に生れる「人間(ひと)」の疑惑に一つ確かな答(こたえ)など知り、人間(ひと)を超え得る〝物知り博士〟を自然へ投げ出しそのまま置きたい。一体誰の知識がそれほど困った窮地まで来て、〝そのまま置かれた〟真(しん)の糧など拾えようか。一体どんな男がそれほど困った窮地まで来て、〝そのまま置かれた〟真の糧など吟味しようか。一体どんな女がそれほど困った窮地まで来て、〝そのまま置かれた〟真の糧など生み育てるか。みんな虚無なら虚無へと還って人間(ひと)の感覚(いしき)の遅延を待たずに月に隠れて算段して在る。人間(ひと)の頭上(うえ)には虚空が延び得て宙(そら)まで拡がり、宙(そら)の波紋を突き抜けずに居て足場が浮んだ地球(かたち)に辿って生活(くらし)をするのは人間(ひと)に生れた定めの無に在り何ほどでも無い。感覚(いしき)に活き行く何に就いても人間(ひと)へ遣られる意味を欲しがり〝虚無〟の空気に巻かれて行くのは惨敗者として感覚(いしき)に富み得る信仰(よわさ)を手に取り、人間(ひと)の眼(まなこ)は宙(そら)へ向かって屈曲して在る。


試し読みできます

~露見の理想(おんな)~

 白紙に生れた幻想(まぼろし)など観て、三位(さんみ)の規律に煩悩(なやみ)を放(ほう)って無知を着飾り、三点だけしか人間(ひと)へ言わない神秘に手向ける言葉を知れば、〝三サイズ〟を詳細(こまか)に問うた白紙(てがみ)を携え当(とう)の人間(あるじ)は塒に固まり衰退して行く。躰の摂理を自然から見て柔らに解(と)き得て静かに眠れば、四季の霞に冷酷成るほど人間(ひと)へ立て得た流行(ながれ)の固さをすっと手に取り孤独を知るのは、人間(ひと)に覗いた鼓動に在るまま人間(ひと)を生せた粗大に息衝く自然には無い。経過(とき)の行方が明日(あす)へ向くのか過去へ向くのか曖昧なるのは人間(ひと)に生れた信仰(よわさ)が講じた術(すべ)の内にて、人間(ひと)を囲んだ景色の朗(ほが)らが人間(ひと)を安(やす)ます永久(とわ)に語って薹を知るのに役立つ故にて、人間(ひと)から離れた天地を睨(ね)めても発見され得ぬ四季が在るのは人間(ひと)の常識(かたち)の斬新には無い。〝プラス〟へ働く重力(ちから)を知り得て人間(ひと)は立場を提唱し直し、時間(とき)へ這入れる空間(すきま)を見付けて悶絶して居る人間(ひと)の懸命(いのち)に動じていながら、自分と他人(ひと)とが感覚(いしき)を透して相対(あいたい)している無限の広場を地上(ここ)だと据えて、常識(かたち)を見付ける空間(すきま)を敷いては進退して在る。


試し読みできます

~露見の理想(おんな)~

 人の記憶は何処(どこ)へ行けども向けども一向変らぬ試練を手にして眼(め)にして形成(なり)を呈(あらわ)し、夢想(ゆめ)へ付け込む神秘足る矢が一体何処(どこ)から飛び出て温(ぬく)もり得るのか自分の意にして見据えて在っても一向化(か)わらぬ耳鳴(おと)に紛れて薄ら仕上がり、俺の心身(からだ)へふらふら跳び付き意識の撓(しな)りに俺を観たまま懐いた知己など、唾棄に伴う生気の温(ぬく)みに放られ置かれて動静(うごき)を止(や)めて、宙へ浮かせた肢体の角(かど)には丸味が加わり呆(ぼう)っとして立ち、俺の感覚(いしき)も他人(ひと)の意識も終ぞ取られる掛かりの無いまま素行に見て取る従順(すなお)に落ち着く。流動(かたち)を見ていた〝変幻自在〟は呆(ぼう)っとして立ち宙(そら)へと返り、「明日」を知らない凡庸(ふつう)の常識(かたち)にほろほろ釣られて虚ろな眼(め)をした孤高の朝にはすんなり仕上がる空虚を手に取る綽(しなや)かさが在り、目立って揃った人間(ひと)の群れにはどれが〝群れ〟だか取り留め付かない余裕(あそび)の気温がぽっと浮き出て奇妙に仕上がり俺へと向いて、俺から離れる〝常識(かたち)〟は初めに未練に伴う〝記憶〟を観(み)せたがやがて経過(じかん)に途切れて活きつつ白体(はくたい)と成り、負け惜しみを追い狂った最中(さなか)に大声(こえ)を発して怒調(どちょう)に有り付き、俺の背中に嫌と言う程奇妙な文句を並べた後(あと)にて二度と咲かない唄声(こえ)を呈して長閑に在った。


試し読みできます

~露見の理想(おんな)~

 俺の心身(からだ)はほどほど流行(なが)れて夢想(ゆめ)へと居着き、現行(ここ)を離れて常識(かたち)を忘れて上昇し始め、陽光(ひかり)か人工照(あかり)か気取れぬ程度の幻想(まぼろし)を観てぐるぐる回った体験(きおく)の渦へと呑まれて行った。自分を呈(あらわ)す仕事をせずまま何にも目標(あて)さえ探さぬ儘にて日々を費やす女の牛歩に嫌気が差してはそうして生育(そだ)った退屈(ひま)への空想(おもい)をそれまでして居た他人(ひと)の仕事へ重ね合せて悟りを開き、虚無の内にてひたすら独歩(ある)いた〝階段〟等からすっと飛び立つ自身(おのれ)を観た後(のち)固室(こしつ)で行う孤独な作業に悶絶し始め、つい又夢中に小躍(おど)った労苦を手にして〝硝子〟を磨き、俺の心身(からだ)は現行(ニュース)を離れて堅く立ち得た。他人の仕上げた作品(にっき)等へは一目(ひとめ)もくれずに自分の気に入る〝参照〟だけ観て悪態吐(づ)いて、世間の出方と自分の出足の等間隔だけ頭上で輝き時に知り行く閃き程度に興味を保(も)ち得てほろほろ笑い、独人(ひとり)の人生(いのち)を自然へ寄るまま恰好付けずに独歩(ある)いて行った。新人類なる何処(どこ)かの孤島の子供なんかが得てして母の胎にて抱かれて居ながら両親(おや)が出過ぎる世間の汚(よご)れを笑える程度に踏襲して活き、俺の目前(まえ)には悪魔を晒して真っ直ぐ延び行き愚問を交し、母と子供に吸われる体(てい)して腕力(ちから)を誇示する猿の要(かなめ)(かなめは点付け)は〝父〟と称して自己(おのれ)に集(つど)った弱者だけ見て実力(ちから)を誇示する技能を宿して得意気に在り、蚊帳を外れた俺の感覚(いしき)は此処(ここ)まで透った〝自然の摂理〟を真っ向から観て如何(どう)する間も無く活きる活力(ちから)を宙(そら)から借りては独人(ひとり)を覚え、自分の生命(いのち)が預けられ得た人生(いのち)の木の実をすっと手に取り自活を覚えて煩悩(なやみ)を覚え、愛しい記憶も瞬間(とき)に預けて活性するのは俺を嫌った自然の表情(かお)したモルグの一味と遭遇している。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格450円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について