閉じる


ブラインド・ポイント!

 

 

 

 

 

 

エスパッション・シリーズ vol.0

 




ブラインド・ポイント!

 

 

 

遠 野  真 谷 人


(1-1)

 

 1.

 

 眼前のスクリーンは、もやがかかったように見えにくかった。

 深宇宙。

 光点がひとつ、するすると逃げて行く。

「…ちょっとォ~! なに、してんのよ。もっとスピード上げてっっ!」

 連盟保安局の誇る高速宇宙艇のなかであたしは叫んでいた。

「無茶いうなよアリー。こっちだって精一杯やってんだぜ。」

 操縦席のディームが言い反す。

「だって、逃げちゃうわよ? 逃げちゃうっ!」

 ドン! …ぐら。

「頼むから闇雲にコンソール、ぶっ叩かないでくれっっ!」

 …やば。

 操縦士連中は必死になって航路をたてなおした。

 それでなくとも艇は先刻から奇妙な動き方をしている。

 相手の航路を計算・予測して常に邂逅点を設定しながら最短コースを選ぶ、という宇宙空間でのセオリーを無視しきって、文字通りに、追跡する… むこうの航路をそっくりなぞっているのだ。

 はやく!

 と、もういちど叫びだしたいのを、かろうじてあたしはこらえた。

 このあたりの星区には所々こういう場所がある。

 盲目宙域(ブラインド・エアリア)。

 その昔のエネルギー暴動の際の大事故のなごりなのだとかで、ばらまかれたサルテーン鉱石の粒子に重力波だか太陽からの電磁波だかが作用して、レーダーからスコープから、およそすべての艇の探査機能をマヒさせてしまうのだ。

 いまの頼りは一基の船外カメラだけ。それも、バリアーにさえぎられて弾ける微小な隕石群の燃える炎で、しばしばぼうっとした紫色に曇ってしまう。

(う~~~。どうかこれいじょう大きな隕石(いし)がそこらから飛んで来ませんように!)

 進むにつれ濃くなりまさるサルテーン粒子のかすかなきらめきのなか、ほとんど亜音速というトロトロしいスピードで、あたし達は決死の鬼ごっこをしているのだった。

 操縦士の苦労を思いやって少しばかり(少なくとももうコンソールだけは叩くまいと)おとなしくなったあたしに、くつくつと喉で笑いながら無重力用の密封パック飲料を手渡してくれる奴がいる。

 ロルー刑事だ。

「まあ、そんなに焦ってみても仕方がありませんよ、アリー警部。とにかく今は見失わないよう奴らを追尾する(つける)ことだけを考えて、ここを無事に抜けられさえしたら、それからまたあなた好みの派手な銃撃戦でも何でもやればいい。

 さもないと、見つけてくれる人もないままに、永遠の漂流者になっちまいますからね。」

 そうなのだ。通信器は最前までの撃ち合いであっさりおしゃかにされたまんまだし、このあたりは政府の実験宙域に指定されているとかで、他の場所なら1~2隻は見られるソルテーンの回収船も入ってはいないし…。

 ここで遭難した日には誰も捜しにも来てくれない。

 それでももちろんあたしは言い反した。

「よくも言えるわね。人ごとだと思って。こっちにはタイムリミットがあるのよっ!

 本当なら…!」

 そう。本当ならとっくの昔に奴ら、捕まえられていた、筈。

 

 


(1-2)

 


 もう数週間もあたしは、とある宇宙海賊一味を追いかけ続けていた。

 あたし、地球系開発惑星連邦(テラザニア)の連邦星間警察所属、アリニカ・デュル=セザール。

 通称、" 走りっぱなし "(ハリーアップ)・アリー。

 いちど狙いつけたら逮捕(つかまえる)までは停まらない。

 その根性を買われてこの鳥月(とりづき)に警部に昇格したばかりの、腕っこき…なのよね、これでも。

 そのあたしが未だにたかが海賊船一隻、捕まえられずにいるのは、一体誰のせいなのかしら?!

 まったく…。

「…うるるるるるる~~~っ!」

「 わ、うならないで下さい。」

 ロルー刑事はおびえたようなフリはしつつ、平然と笑っていた。

「 ふん。」

 そりゃね、この艇で追跡をはじめてからもう10日に近いつきあいで、すっかりお馴染みのじゃれあいパターンに定着しつつあるとは言え、

 …あたしがこの連中に対して本気で腹を立てているのも事実なのよ。

 平然と冗談で片づけないで欲しいっっ!!

(……あ、まずい。また胃が痛くなってきた……。)

 ストレスが溜まりっぱなりよ、もう。

 あたしは嘆息をついて、渡された飲料パックに注意を向けた。

 ………あ~~っもう。

 こんなくだらないとこにまで機械仕掛けをつけてるから、エネルギー不足になるのよ、この国は。

 パック容器から吸い口(ストロー)を起こすくらい、手でやった方がよっぽど簡単でしょうがっっ!

 ひとくち含んで、うなる。

「………また、おんなじ味……。ちっとも甘くないわよ、これ。」

 全国一律、お茶(ティレイカ)といえば美味(あたり)不味(はずれ)もなく均一組成で出来ている文化って、どうかと思う。

 あたしの故郷ではね、お茶って言えば、熱い温い、濃い薄い、その人の好みによって出し方に差があって、更に砂糖を何杯入れるかだとか、牛乳との割合はとか、気に入りの香辛料と一緒に煮立てる地方なんてのもあるし、そもそもお茶っ葉というものの種類からして、ひとつに限らず無数にあって、それで…

 とにかくお茶の入れかたというのには、ティー・セレモニーって実践哲学(げいじゅつ)の分野もあるくらいで、そのひとの性格というか人柄が出るもんなんだからっ!

 実用本位の高速宇宙艇だなんて限られた空間でさえなけりゃ、気分によって容器の模様なんかにも、気を配るしね。

(…………あ~ん。ストローなんか嫌いだ。お気に入りのニャンコのカップが恋しいよォ…)

 そんなような事を一瞬考えて、あたしがどっぷりホームシックにつかりきった時だった。

 ロルー刑事が云った。

「そうですか? じゃ、今度からあなたのには糖分を0.2%ほど多くするよう、キッチンコンピューターに指示(インプット)しておきますよ。」

 …え~~~~い。

 死んでしまえこの唐変木(とうへんぼく)っっ!!

 ぐじゃっ!

 …と不吉な音をたてて、飲料パックが潰れた。

 

 


(1-3)

 

 異文化。

 それも、まったく共通点がない所というのなら、まだ諦めもつく。

 ほとんどが不思議なほど合い似通っていて、ものすごい微妙なところで、決定的な概念のズレがあるのだ。

 学生時代に言葉を習っていた頃から、それはしばしば感じていた事だけれど。

 後・最終戦争期(アフター・アーマゲドン)と呼ばれる半ばは神話上の時代から、地球が現在の文明を再び築きあげるまでに一千年もの長い歳月を要した。

 ようやく、" 救い手 "リースマリアルという、今は亡き偉大な指導者を得て地球統合政府が樹立されてから、まだ約50年。

 人類の宇宙空間への進出はめざましく、統合政府は地球系開発惑星連邦…通称" 連邦 "(テラズ)または" 地球連邦 "(テラザニア)…となって、そして。

 宇宙人=リスタルラーナ星間国家連盟、との公式のファースト・コンタクトから17年、経っていた。

 …ふん。

 しょせんはこの連中、みんな異邦人(エイリアン)さっ!


『” リスタルラーナ保安局の無能。石頭。融通きかずのスットコドッコイのドカゲなみの冷血漢の、無責任の、怠慢の…ッ”』

 さすがに、警部ともなると面と向かって国際紛争はひきおこせませんのよ。

 あたしは小声で、郷里の言葉で悪態を並べてやった。

 星間連盟(リスタルラーナ)にも地球連邦(テラズ)の共通語(第一公用語)を話せる奴はいないわけじゃないけど、(現にこのロルー刑事も通訳資格を持っているそうだけど)、

 あたし実は少数民族の出だものね。

 はるかな歴史的過去はどうあれ、ここ何十世紀というもの単一言語だけで通している連盟人(リスタルラーノ)には、ひとつひとつの惑星国家内にさえ複数の公用語が存在し、

(方言や非公用語=少数民族固有の言語にいたってはそれこそ無数にあり)

 ひとり3~4ヶ国語は(平均して)話せる。

(話せなけりゃ暮らしていけない)

という連邦文化の現状が理解しにくい、らしい。

『”自分ン所の落度棚上げにしてよくも人のイライラを嘲(わら)えるもんだわねっ?!”』

 …なんだってこのあたしが、せっかく追いつめた宙賊船が、あっさり国境を越えて連盟(リスタルラーナ)領域に逃げこんでしまえたのよ?

 一体なんのためにあらかじめ警告を出して、協力を要請したと思ってるんだっ?!

 それでいて、あたしにだけ警察権の相互介入は両国の友好関係にかんがみてどォのこォのと、一週間も足どめをかけるなんて、あんまりよ。

 何の因果かいまだに犯人引き渡し条約だけが無いなんてっ!

 …保安局のおエラがたを脅すやら、すかすやら、クビを覚悟で地球警察(こっち)の上司(ボス)とも大喧嘩をやらかして、やっとのこと特例として逮捕権を認めてもらいはした。

 ものの、それもリスタルラーナ側の捜査チームの指揮をとる、という形でで、呼吸(いき)のあった部下たちとは切り離されちまうし、なんのかの言ってロルー刑事なんていう御目付役はつけてよこすし…。

 くすんくすんっ。

 おねえさんは、とっっっても狂暴に、イジケてるんだからねっ!


(1-4)

 

 ひとりぶつぶつやっていると語感だけでもあるていど言いたいことはわかるのか、ニヤニヤ面白そうに笑いながらロルー刑事がまた話しかけてきた。

「恐く、ありませんか? アリー警部。」

 ふんっだ。

 この態度キライよ。

 人を馬鹿にしてっ

 …確かに、スクリーンはもう、これでものの役にたっているのかと思うほど紫炎がいっぱいにゆらめいて、見分けられるものと言えば前方はるかを行く敵の船の噴射管(ノズル)の輝きだけで。…

「ふっふん。事故るとしたら、奴らの方が先よ。」

 あたしはすっと背筋を伸ばして応えてやった。

 その為にこそ、速度を抑えてまで航路をなぞっているのだから。

「あたしを誰だと思ってるの? 犯罪記録(きろく)と前例を探しまわるしか脳のない、連盟(リスタルラーナ)保安局の石頭刑事部長なんかと一緒にしないでほしいわ。」

「…もいしかして、リドー,ロイのことですか?」

「そうよ。たしか、あなたの直属上司(ボス)だったわよねぇ?」

 嫌味たっぷりに云ってやる…

 やたっ。一本とったっ♪

 一瞬ひるんだ様子の相手の顔を見て、あたしは内心、めいっぱいほくそ笑んだ。

 10日間、はじめての反撃だもんねっ

 ついでににっこりと、世にもあでやかに満面で微笑み、してみせる。

 この表情(かお)ができるようになるまでは苦労したんだから。

 学生時代、もと演劇部よあたし。

 ロルー刑事は毒気をぬかれたのか苦笑してひきさがった。

「オーケー。あなたは連邦警察(テラズポリス)ご自慢の" はしりっぱなし "アリーだ。

 その勇敢さは認めましょう?」

「あらありがと。そうね。あたしの命令に従って即座に盲目宙域に飛び込んでくれたあたりは、連盟保安局員の度胸もなかなかのものよ。」

「そりゃ、この艇の乗員(クルー)は非常部隊員(レンジャー)ですからね。平刑事の僕なんかにはとても出来ない真似で…」

 すよ、とまで言わせず、その時『非常部隊』側のチーフ、主(メイン)パイロットのディームが叫んだ。

「………うわっ! 遂にやった…!!」

 衝突(クラッシュ)。

 目を射る閃光。

 それはいずれはと予測されていた事態で、だけどぺしゃりと前部のへしゃげてしまった奴らの船の、不自然なほどに急激なはね飛ばされかたは……。

「うそ。何にぶつかったのよ? それほど大きな隕石(いし)なんて見えやしな…」

 爆発のショックで一時的に晴れたスクリーンに目をこらしながら、あたしは呟く。

「え! え~~~~っっ?!」

 不意に、それまで何も…ぼんやり光るサルテーン粒子と称隕石塊のほかは何も…無かったはずの眼前のポイントに、

 ど~ん。

 まるで間仕切りのカーテンを切って落としたとでも言いたいように、巨大な可動式宇宙基地(ベース)が現出していた。

 一端が今の衝撃でゆがんでいる。

「なっ。なによなによ。なんなのよっ!」

 あ、遮光式不可視バリヤー。

 それが壊れたんだ。

 だけど、ちょっと待ってよ。

 " 眼 "だけが唯一の頼りの、人もない盲目宙域(ブラインド・エアリア)で、なにを好き好んで、そうまで隠れなきゃいけないっていうのよ。

 人目を避ける…

 とすると、宇宙海賊(やつら)の仲間?

 ここ、秘密基地?

 本拠地(アジト)か何かなの?

「 うそっ!」

 こっちはたかだか9人乗りの中型艇。

 船脚を生かして退却しようにも、この宙域じゃ…

 …だからといってこれだけ規模の違う宇宙基地(ベース)をあいてに、勝ち目なんて全然ない!

 無茶苦茶な転針によるGのなかで、椅子にしがみつきながらとりとめもなくそんなことを考えていた。

 急制動をかけるにも間にあわず、艇はその間も立ちふさがった巨体めがけて飛び続けていたのだ。

「………だめだ。間に合わない……!!」

 2度目の衝突(クラッシュ)。

 そして今度はあたし達が天井に叩きつけられた。



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について