目次
「現代日本人」(数人の、気心知れた友人を覗いた人々を、「現代日本人・男女」「現代日本人」等として記す)
私作品
天川文学賞
餓鬼
「橋下徹という名の風雲児」~問答編~
一流企業に飼われ続ける、東大出の彼女に物申す
男娼
結婚
我信(エゴ)
学歴マン
完全犯罪
女性(おんな)と主観(あるじ)
東京人
「舞台(ステージ)」(一九九三年五月中旬に筆)
無題
夢日記小唄~「指切りげんまん」の曲調にて~
得体知れずの既存の文学
読書感想
傲慢を抑える秘訣其の一
女性(おんな)
伴侶
「恋人」~目無しの言語~
創作
現代人の成れの果て
幼馴染
よぼよぼの彼女
夢日記
「原稿募集に応じるだけ無駄」~The deed of posting artistic works is vain in this present time~
愛の歌
作家・陶酔
確認
この世
気持ち
現代日本人に告ぐ
No Limit
パニック障害の精神組織―その一
生気(おのれ)の記録
「腐った屋台骨・一掃計画」(二〇一五年四月二二日再筆~一九九〇年代に挙げた内容を再筆したもの)
理想と現実との違い
学歴
「天国でのメモ」~My eternal hope~
「人間ルール」~Rule that is ruled by Human~
「人と自然」~Nature and Human~
「フィギュア」~Figure~
「恐怖と、その恐怖への打破」~Horror would be absorbed by relief that was gifted from God~
「第一人者」~Leading expert~
「現代のセンセーション」~Any sensations seen onto Modern times~
「執筆」~Writing~
「太宰治」~Person who had passed up my admiration~
「俺という人間の素朴」~The pure style in my own style~
「中央の木」~The Central Fruit Tree~
「文学賞:選考基準」~Award:Criteria for selection~
「身障者」~People with disabilities~
現代日本人男子
現代人男子
文豪・詩人・作家
独りの時の言動
「プロレタリア」~ Proletarian Strategy~
自然に対して
若者其の二
未完(みじゅく)
受賞
水木しげる
「神への言葉」~物書きの俺の相手は世界だ、いや、世界でも足りないのである。私の相手は、あなたなのだ。~
俺が記し続けて来た『自然』の正体について
キリスト教会に居座る若い娘に対する理由なき悪意
作品
人間と神
コミュニケーション
現代小説についての感想
人群(む)れ
「金言」~Wise saying~
懐古
喪黒福造
この少子化の時代に、もう一度、小学生からやり直したい
文言
作品に対する読者の視点の在り方
神学と哲学
過激宗教について
「世間との斡旋ついて」~二〇一五年四月一日(午前一一時三一分)筆~
「文学賞:選考基準」~Award:Criteria for selection~
「身障者」~People with disabilities~
正解
パソコンで物を書く事に対する思い
僻み
現行(いま)の俺
もう一人の誰かに呟く言葉
心を書く
俺はエバには逢いたくない
『孤独の研究』というタイトルの小説を、『相棒』というドラマの内で観て思った事
私事
或る質疑の席にて
作家業の継続法について
B面の自分の低吟(ことば)
「天川の文章における文字」~The enigma relating to the original cipher~
神の前に在る人間(きみ)
作品に書くべきこと
結婚した者(A)と、結婚していない者(B)との或る会話
「人間ルール」~Rule that is ruled by Human~
「スリル」~Wasteful Thrill~
「思記に書くべきこと」~The description needed to the Emotional Description~
「人と自然」~Nature and Human~
女性(おんな)の正体
女嫌い
「肉塊」~Physical devotion~
「ウィリアム・カスバート・フォークナー」~William Cuthbert Faulkner (Falkner)~
「天川文学作品」~Tenkawa Literature~
「諸事」~Affairs~
「ラルフ・ワルド・エマーソン」~Ralph Waldo Emerson who exists as my friend~
「快活」~My Abandonment~
「私生活」~My Life Position~
「作家に成る為の近道」~The ways for making artist in human mind~
「黒田夏子」~Natsuko Kuroda~
「この私事」~My own work~
「生活」~Life~
「俺」~My own Reminiscence~
「無題」~Untitled~
「無題」~Untitled~
「文學」~Literature~
「無題」~Untitled~
調子
主従
或る会話
「造語をする理由」~Coined word~
「活路」~Means of escape~
「思春期」~Adolescence~
「物語の偶発性」~The contingency that is brought from individual dream~
「周りの流行」~Environmental situation for me~
「私事(しごと)」~Own Spontaneous Doings~
「死んだ作家」~Dead Writer~
「裏切り物語―純粋な原罪(つみ)より」~Pure Original Sin~
「無題」~Untitled~
「必要とされる時」~Needing~
「女は裏切り者」~She is a betrayer~
「無題」~Untitled~
「最強」~The strongest~
「創作手順・一」~Creative procedure~
間抜け
上記までの記述について
目次

閉じる


試し読みできます

目次

1.     「現代日本人」(数人の、気心知れた友人を覗いた人々を、「現代日本人・男女」「現代日本人」等として記す)

2.     私作品

3.     天川文学賞

4.     餓鬼

5.     「橋下徹という名の風雲児」~問答編~

6.     一流企業に飼われ続ける、東大出の彼女に物申す

7.     男娼

8.     結婚

9.     我信(エゴ)

10.  学歴マン

11.  完全犯罪

12.  女性(おんな)と主観(あるじ)

13.  東京人

14.  「舞台(ステージ)」(一九九三年五月中旬に筆)

15.  無題

16.  夢日記小唄~「指切りげんまん」の曲調にて~

17.  得体知れずの既存の文学

18.  読書感想

19.  傲慢を抑える秘訣其の一

20.  女性(おんな)

21.  伴侶

22.  「恋人」~目無しの言語~

23.  創作

24.  現代人の成れの果て

25.  幼馴染

26.  よぼよぼの彼女

27.  夢日記

28.  「原稿募集に応じるだけ無駄」~The deed of posting artistic works is vain in this present time~

29.  愛の歌

30.  作家・陶酔

31.  確認

32.  この世

33.  気持ち

34.  現代日本人に告ぐ

35.  No Limit

36.  パニック障害の精神組織―その一

37.  生気(おのれ)の記録

38.  「腐った屋台骨・一掃計画」(二〇一五年四月二二日再筆~一九九〇年代に挙げた内容を再筆したもの)

39.  理想と現実との違い

40.  学歴

41.  「天国でのメモ」~My eternal hope~

42.  「人間ルール」~Rule that is ruled by Human~

43.  「人と自然」~Nature and Human~

44.  「フィギュア」~Figure~

45.  「恐怖と、その恐怖への打破」~Horror would be absorbed by relief that was gifted from God~

46.  「第一人者」~Leading expert~

47.  「現代のセンセーション」~Any sensations seen onto Modern times~

48.  「執筆」~Writing~

49.  「太宰治」~Person who had passed up my admiration~

50.  「俺という人間の素朴」~The pure style in my own style~

51.  「中央の木」~The Central Fruit Tree~

52.  「文学賞:選考基準」~AwardCriteria for selection~

53.  「身障者」~People with disabilities~

54.  現代日本人男子

55.  現代人男子

56.  文豪・詩人・作家

57.  独りの時の言動

58.  「プロレタリア」~ Proletarian Strategy~

59.  自然に対して

60.  若者其の二

61.  未完(みじゅく)

62.  受賞

63.  水木しげる

64.  「神への言葉」~物書きの俺の相手は世界だ、いや、世界でも足りないのである。私の相手は、あなたなのだ。~

65.  俺が記し続けて来た『自然』の正体について

66.  キリスト教会に居座る若い娘に対する理由なき悪意

67.  作品

68.  人間と神

69.  コミュニケーション

70.  現代小説についての感想

71.  人群(む)れ

72.  「金言」~Wise saying~

73.  懐古

74.  喪黒福造

75.  この少子化の時代に、もう一度、小学生からやり直したい

76.  文言

77.  作品に対する読者の視点の在り方

78.  神学と哲学

79.  過激宗教について

80.  「世間との斡旋ついて」~二〇一五年四月一日(午前一一時三一分)筆~

81.  「文学賞:選考基準」~AwardCriteria for selection~

82.  「身障者」~People with disabilities~

83.  正解

84.  パソコンで物を書く事に対する思い

85.  僻み

86.  現行(いま)の俺

87.  もう一人の誰かに呟く言葉

88.  心を書く

89.  俺はエバには逢いたくない

90.  『孤独の研究』というタイトルの小説を、『相棒』というドラマの内で観て思った事

91.  私事

92.  或る質疑の席にて

93.  作家業の継続法について

94.  B面の自分の低吟(ことば)

95.  「天川の文章における文字」~The enigma relating to the original cipher~

96.  神の前に在る人間(きみ)

97.  作品に書くべきこと

98.  結婚した者(A)と、結婚していない者(B)との或る会話

99.  「人間ルール」~Rule that is ruled by Human~

100.          「スリル」~Wasteful Thrill~

101.          「思記に書くべきこと」~The description needed to the Emotional Description~

102.          「人と自然」~Nature and Human~

103.                     女性(おんな)の正体

104.          女嫌い

105.          「肉塊」~Physical devotion~

106.          「ウィリアム・カスバート・フォークナー」~William Cuthbert Faulkner (Falkner)~

107.          「天川文学作品」~Tenkawa Literature~

108.          「諸事」~Affairs~

109.          「ラルフ・ワルド・エマーソン」~Ralph Waldo Emerson who exists as my friend~

110.          「快活」~My Abandonment~

111.          「私生活」~My Life Position~

112.          「作家に成る為の近道」~The ways for making artist in human mind~

113.          「黒田夏子」~Natsuko Kuroda~

114.          「この私事」~My own work~

115.          「生活」~Life~

116.          「俺」~My own Reminiscence~

117.          「無題」~Untitled~

118.          「無題」~Untitled~

119.          「文學」~Literature~

120.          「無題」~Untitled~

121.          調子

122.          主従

123.          或る会話

124.          「造語をする理由」~Coined word~

125.          「活路」~Means of escape~

126.          「思春期」~Adolescence~

127.          「物語の偶発性」~The contingency that is brought from individual dream~

128.          「周りの流行」~Environmental situation for me~

129.          「私事(しごと)」~Own Spontaneous Doings~

130.          「死んだ作家」~Dead Writer~

131.          「裏切り物語―純粋な原罪(つみ)より」~Pure Original Sin~

132.          「無題」~Untitled~

133.          「必要とされる時」~Needing~

134.          「女は裏切り者」~She is a betrayer~

135.          「無題」~Untitled~

136.          「最強」~The strongest~

137.          「創作手順・一」~Creative procedure~

138.          間抜け

139.          上記までの記述について


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について