twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , エッセイ・インタビュー 作者 フリースタイルな僧侶たち
価格 無料
タグ 魚川祐司ニー仏仏教瞑想ミャンマートレッキング東寺五重塔仏塔向源
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

3,422 ダウンロード

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません。

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
8周年を迎えた8月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.47を発行しました!

記念すべきリニューアル第一号の特集記事は、
「ニー仏」さんこと、魚川祐司さんに寄稿していただきました。
(ちなみに「ニー仏」とは、ニート仏教徒の略とのことです。)

これまでに、『仏教思想のゼロポイント』、『講義ライブ だから仏教は面白い!』、『悟らなくたって、いいじゃないか』、『ゆるす』、『自由への旅』など、
仏教についての著作・翻訳書を著されてきた方で、
仏教に関心がある方には、ぜひとも知っていただきたい方のお一人です。

大学の学部時代には哲学を、さらに大学院に進んで仏教を学ばれ、
そこにとどまらず、ミャンマーに渡って実践(修行)にも身を投じられた魚川さん。

それにしても、凄まじい徹底ぶり…。
だけど、僧侶ではない魚川さんが、そもそもなぜ、仏教を学ぼうと思ったのか。
魚川さんを、そこまで動かしたエネルギーの源泉は、何だったのか。
本気で深く、仏教を学び、実践をした先に得られたのは、どのようなものだったのかーー
編集長・若林のそんな疑問に応えて、今号の記事を書いていただきました。

特集のタイトルは、ずばり、「仏教が私にくれたもの」。
ぜひ、ページを開いて、たずねてみてください。
すでに魚川さんの本を読まれた方も、この記事を読んだ後で改めて本を読み返してみたら、味の深みがグッと増すはずです。

その他のコーナーは、下記の通り。
【コラム】
・若林唯人「ミャンマーで、トレッキングしてきた」
・竹林真悟「お寺でよくみかけるけれど、なんだろ”アレ” Vol.1」
・久松彰彦「寺社フェス『向源』、京都で初開催」
【マンガ】
・光澤裕顕「アラサー世代の僧侶たち」

フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

この本を開く

写真集 ボリビア・ウユニ塩湖の写真集。朝焼け、昼間、夜空でそれぞれ表情を変えるウユニ塩湖の絶景を記録...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

もっとみる