目次
飽食の時代
飽食の歪み
霊と肉
祈りと感謝
宇宙の統治者
貧しくとも心豊かに
今日無事
起こした交通事故
いのちの樹
いのちの樹
祖先あって
縁あって
子供は第二の自己
感謝は生命をひろげる
有恩所生
有恩所生
神の恩
皇威の恩
厳瑞のみ魂
祖先の恩
酒屋に関わる祖先
父母の恩
父母への孝養
子どもを轢いたタンクローリー
慈母の祈り
恩謝の生活
四恩について
従来の四恩
新しい四恩
大和山の四恩
不満の心
不満を捨てよ
不満大敵
むちうち症の妻
身を切られた不動滝水行
奇跡の治癒
感謝のまこと
馴れる心
馴れのこわさ
善光寺の暗い穴
激しかった目まい
健康の有難さ
感謝を深めるために
老境の悟り
感謝の心
闇を破る感謝
大へんな怠け者の亭主
成田しげさんとの邂逅
変わってきた亭主
感謝の心で救われた危機
救いは感謝より
人間としての謎
謎に満ちた人間
大和山の人間観
人間と動物との違い
死の問題
霊魂に起こされる
見えないもう一つの世界
陰陽の理
陰陽は一つ
現幽二界
現界は霊界の模写
科学と宗教の一致
神は天地の創造者
台風来襲
生かされて生きる
生かされている
祖先あって
諸力の恩
生活精神の会得
雑木林の初夢
薬研温泉へ
いのち
虫にもいのち
いのちの尊厳  
生命とは
松影先生のご臨終
人の幸せとは
物資世界で生きるため
条件の悪い白樺の山
不可能を可能に
天佑神助を受けて
奉仕にひそむ真心
金の在り方
金をもつ意味
失敗した夫の事業
神が教えたタレ
神示の味噌ラーメン
感謝の心
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

飽食の歪み

  現在は飽食の時代といわれ、物の満ち溢れている時代です。太古以来、日本の庶民は、二種分離で常に貧しい生活を強いられてきました。

それがここ僅か数十年前から、有史以来初の、物の豊かな時代に入ったのです。

 飽食の時代に入り、満ち足りてすべてが平和で、不安がなく明るく楽しく生きているかというと、陰湿ないじめが横行し、不必要なまでにイライラしたり、怒りっぽくなったり、老人の自殺はもちろん、子どもの自殺まで出るようになりました。尊い人命を虫けらのように殺す凶悪犯も増加しました。物や金の面で豊かでも、それに逆行した

自殺者があとを断たず、生甲斐を失って、暴走族などつまらないことをしてみたり、虚ろな生活をしている人も沢山でてきました。

 空前といわれる物の豊かな時代に、こうした暗い現象がなぜ起こったのでしょうか。


試し読みできます

霊と肉

 

 その理由は人間が霊と肉の二つで成り立つため、人間存在に関わる奥深くにある霊的部分の原因によるものです。

    たとえ物や金で肉体を充たしても、霊、即ち心をも充たして豊かにしなければ、霊と肉とのバランスを失い、全人的な調和が崩れ、アンバランスになるためです。

 思いやりの心、いたわりの心、許す心、これらは愛の心が発露された心の豊かさで、喜びの心、微笑の心、満足の心、明るい心などは、感謝の心が発露された豊かな心なのです。この二つの心にもとづく心の豊かさがなければ、人の霊魂は安らぐことができないからなのです。

 現代の心の貧困は、宗教的教養の貧しさによるもので、根深いこの混迷を救う手段は、霊の救済を使命とする真の宗教の復興しかありません。

 ここに二十一世紀に精神面で旗手となる正しい強力な宗教が待望され、大和山の使命もまたここにあります。


試し読みできます

祈りと感謝

 

 神諭

  祈りと感謝は、信仰の一大燈火なり。

 (永遠の燈火 昭和九年十月号)

 

 さて、大和山の教えが、人々の心のなかに生きた信仰を育ててゆく、二大要素は祈りと感謝です。祈りについては先に本誌で色々と述べましたので、今回は時代が要望する感謝について神のみ教えに学び、かつ実践して体得し、心読しながらこの一年の課題として求めてゆきたいと思います。

 信仰とは、宇宙に君臨し給う大なる神霊の実在を信じ歩み、教えによって向上し、生かされる身を感謝し、地上天国の神のみ業に参加することだと、私は考えております。

 

 信じて先ず心に湧くものは、感謝の心なり。

(教のしづく 四)

 

 大宇宙に満ちる神の無限の力と無限の恵みが、われらを生かし給うことは、信の心に立って思いを深めるほどにまず湧いてくる心で、これが感謝の心です。


試し読みできます

宇宙の統治者

 

  人ハ霊ノ存在セル自然ノ摂理ナルヲ知ラザレバナリ。コノ宇宙ニ勝レル霊物(れいぶつ)有リテ、ソノ支配ナスヲ知ラザレバナリ。

(済度教典 十三巻)

 

 大宇宙は偉大です。しかし大宇宙よりもっと偉大な霊物である神が厳然と存在し、自然をつくられ、これを統治し、運行なさっておられると神は啓示なさっています。

 一切に偶然はなく、そこに神の摂理があるのです。地球という緑の惑星があって、そこに海と陸があり、草木虫鳥獣と生物が生き、また人間が住んでいるのは、すべて宇宙を創られた神が治められ、生かし給うからです。

 

 神諭

  神は高くあがめよ。而してかく自然の力を以て、この世の人を恵み給う神力を感謝せよ。稲が米となり、種が葉となり、海に至りて魚となり、日が照り月が光り、天となり風となり、波となり風となり、波となり潮となる。雲が通ひ又青空となり、地にありて家を建て、人これに住む。山に木あり、鳥歌ひ、四季その眺めも美麗なり。

(大和山神諭 十八巻)

 

神諭には、神の造られた自然の諸々の現象を讃え、そこに及ぶ神のみ恵みが、あますところなく見事な筆によって書かれています。

自然は神によって造られ、われわれはその恵みに生かされて生きていると、天地万有のもとを正しくみつめた信の心のなかにこそ、感謝の心は油然とわきでてきます。あふれるばかりの感謝の心は、――生かされて生きる――生命(いのち)の実相(すがた)信じる信仰によってのみ開かされる霊性なのです。


試し読みできます

貧しくとも心豊かに

 これまでの我が社会は貧しくても、各人が自分の置かれた境遇を素直に受け入れて感謝し、基本的な生活倫理があったので、乏しさを補って明るく生きてこれました。つまり物質的に貧しくても、心は豊かでした。物や金の量の多少をいつも人に比べて不満をもつ貧しい心をいだいていては、かりに物や金に囲まれ恵れた飽食の境遇に育っても、なお満足を知ることがなく、イライラして生きなければいけません。

 

ご神歌

  人のうへの高嶺の花も上みれば

      はてなき空のひろまりてみゆ

(九つの星 四二)

人と比べて自分の持つものが少ないと嘆く貧しい心の現代人は、満足を知らずに不安と焦燥に駆られて、生きなければなりません。



読者登録

白川龍一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について