目次
飽食の時代
飽食の歪み
霊と肉
祈りと感謝
宇宙の統治者
貧しくとも心豊かに
今日無事
起こした交通事故
いのちの樹
いのちの樹
祖先あって
縁あって
子供は第二の自己
感謝は生命をひろげる
有恩所生
有恩所生
神の恩
皇威の恩
厳瑞のみ魂
祖先の恩
酒屋に関わる祖先
父母の恩
父母への孝養
子どもを轢いたタンクローリー
慈母の祈り
恩謝の生活
四恩について
従来の四恩
新しい四恩
大和山の四恩
不満の心
不満を捨てよ
不満大敵
むちうち症の妻
身を切られた不動滝水行
奇跡の治癒
感謝のまこと
馴れる心
馴れのこわさ
善光寺の暗い穴
激しかった目まい
健康の有難さ
感謝を深めるために
老境の悟り
感謝の心
闇を破る感謝
大へんな怠け者の亭主
成田しげさんとの邂逅
変わってきた亭主
感謝の心で救われた危機
救いは感謝より
人間としての謎
謎に満ちた人間
大和山の人間観
人間と動物との違い
死の問題
霊魂に起こされる
見えないもう一つの世界
陰陽の理
陰陽は一つ
現幽二界
現界は霊界の模写
科学と宗教の一致
神は天地の創造者
台風来襲
生かされて生きる
生かされている
祖先あって
諸力の恩
生活精神の会得
雑木林の初夢
薬研温泉へ
いのち
虫にもいのち
いのちの尊厳  
生命とは
松影先生のご臨終
人の幸せとは
物資世界で生きるため
条件の悪い白樺の山
不可能を可能に
天佑神助を受けて
奉仕にひそむ真心
金の在り方
金をもつ意味
失敗した夫の事業
神が教えたタレ
神示の味噌ラーメン
感謝の心
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

10 / 76ページ

試し読みできます

縁あって

 

我れてふいのちの樹の、そこをいのちの宿として生くるを思へば、正しく一つの縁あり。己れと共に生くる人も一つの縁。己れを生かす在り場も一つの縁。人の兎角(とかく)の我さはれひとりよしとなす心根も畢竟此の理を覚らざるが故ぞ

(永遠の燈火 昭和十七年八月号)

 

人の生命が生きるのは、時間的には祖先につながるものですが、空間的には家庭のなかに育ちます。父と母によって誕生の縁と、兄弟姉妹と共に育つ縁ができます。祖父母、叔父、従兄とも縁ができます。つまり縁によって支えられ護られ、生命はそこに存在できるのです。

 家庭を宿として、人という一本の生命の樹が育っている、それがわが生命であると気付き、さらに家以外の社会の恩を受けていると思えるとき、数々の支えてくれるものに対する感謝の心が、泉のようにふつふつと湧いてきます。

 生命を深くみつめられず、またこれらのことを悟れない人は、自分の欲望の充たされないと、ただ不平と不満にいらだち心を暗くし、人が妬ましくなり、呪いの言葉をはいて心を乱し、のたうちまわる憐れな人となるだけです。そうなれば生活のことが負担となって重くのしかかり、溜息(ためいき)をついて毎日を苦悩のうちに生きるだけです。すべては生命の実相(すがた)を覚(し)らないために、感謝の心が開けないからです。


試し読みできます

子供は第二の自己

 子どもが生まれることも縁があっての故です。親子の出会いによって関わりとつながりができ、第二の自己として我が肉をついでもらい、この地上に肉体もまた永遠に生きてゆくことになります。子どもがあることによって、親として次代への希望と喜びが湧いてきます。その縁を尊重し、子どもの生命が生き生きと躍動するように尽くしてあげることが、真の親心だと思います。

 しかし、われわれは自分の体面や世間体をおもんばかって、自分の欲望のために、子どもの生命をそいでいることも少なくありません。次の小学校五年生の作文は、このことを教えています。

 

  通信簿をもらってみると「4」が二つもついていた。ぼくは大急ぎで帰った。お父さんは庭先で牛のせなかをかいていた。

「お父ちゃん、これみい。通信簿もらったぜ」

というと、お父さんは牛のせなかをかきながら、

「あっちにおいとけ。あとでみる」

といった。ぼくはつまらんので「ふーん」と思い、あとでといって家の中へはいっていった。

 お父さんは見ていたが、

「なんじゃ『3』が四つもあるじゃないか」といった。ぼくは「4」が二つもあるのにと思った。


試し読みできます

感謝は生命をひろげる

 ここには、親子の縁に無関心な、愚かな親の心がのぞかれます。「お父さん、これみい」こう父に語った子供の心は、精一杯努力してここまで向上したことへの生命の悦びと、父への共感の期待がこめられています。父は「ほう、そうか」と言って、牛の背中をかくのをやめて、通信簿をみてあげ、「4が二つになった。よくやったね」と、ほめてあげ、励まして共に喜んであげるべきです。

父は、良い牛を育てて儲けようという思いと、一点でも良い点数をとって良い学校に入り、いい会社へ就職して高い給料をかせいでもらいたいという欲望が占められています。

   このような自己中心的な考えのため、逆に子どもがわが期待に応えてくれないと不満をぶつけるので、親子のきずなが弱められてゆきます。

 

 は、唯求むる心のみに苛ら立ちて、受け身の我れを知らざるは人の不幸、その人は病犬(やみいぬ)の如く心よろばひ、飢えたる者の如く心貧しく、渇ける者の如く心充たざる可し。

(永遠の燈火 昭和十六年一月号)

 

縁あってここに生きるという、人間存在の根源にかかわる大事なものを見失うと、感謝の想いが薄れてお互いの生命が削がれ弱められてゆきます。縁を尊び、支えられ、支えてゆく生命の真実に開眼すると感謝の念に充たされ、親も子もお互いの言葉の響きがききとれて心が通い、われも人も精一杯に共に生きる生命の深い悦びが湧いてきます。

生命は縁あって生き、もろもろの縁によって支えられ、また自分も支えてゆくものです。こうした生命の実相を正しくみつめ、感謝の心を深めて行動するとき、人の生命はより輝きが 増してきます。

 

感謝、感謝、汝あるところに、即ち感謝あり。己れを包む諸々の恩愛の如何に深く、如何に大いなるかを覚らしむるところこそ、信仰のわざに外ならず。

(永遠の燈火 昭和十六年一月号)


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格770円(税込)

読者登録

白川龍一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について