目次
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~

閉じる


試し読みできます

~エンパイア~

 〝白痴は恥ずべきではない。人の労苦はまるで天から下りた糧を憶えて翼が生えて、悉く人に与えられ得た自然(てん)が講じる一群(あらし)の夜には一段と輝(ひか)る明星が下り着き、名声を下界人(ひと)から貰ったルシファー成る怪人の妖精(こども)は寸尺違わぬ評価を身に付け明度を増し行く。滞らず人に流れ着く愚行の数(ほど)は余程狂った一群(あらし)をまるで漏斗を通して人の脳裏(こころ)へ込ませたようで、宙(てん)から下り得たその粒揃いの愚行とは元天使の輪(リング)に似た幻想(みじゅく)を白痴は教えて数えた物だと君も知って居る筈である。唯知らぬは一時(いっとき)の恥、知るは公明の恥と、愚行を数えた爛漫には凡そ人から生れた乱心が生き、時代が変わる毎に妖精の類(たぐい)も知ったかする間に移行して行く天文の中火を程好く知らしめたルシファーの体裁(ぐあい)に落ち着くのである。一向に変わらぬのは唯人を囲む自然(せつり)と摂理(せつり)、論理(せつり)と成長(せつり)、約束(せつり)と言葉(せつり)であって、明日を生き抜く人の温厚を又程好く熱し熟して行くのもここに下り立つ循環(せつり)の程に在る。最果ての見えぬ、まるで終着駅が地上(ここ)から浮いた宙の中程に在ったとしても君は驚かされず、他人の振りを見て我が癖直すように目下溢れた知識の氾濫を体好く宙へ投げ込むように乱心掲げて常人と成り、巷を往来し行く目下の下人に尊い安堵を憶える日々もそう遠い日の事ではないで在ろうと、君は又、夢見勝ちに我の振りを見ながら思い過ぎる。この「安堵」を過ぎ去った思惑(おもいで)の内には何時(いつ)か君が見知り得た有限に刺さった海馬の働きが活き、その働きが見せ得た白粉を塗りたくった神童の様な小僧が息し、唯飴を頬張る眠た気な田舎の少年には荷が重すぎると、戯れを忘れた雛に成り切る信徒の言葉は轟かずに落ち、君の寝耳の内にはひたすら求められた君への共存への共鳴が君の周囲(まわり)を飛び交う小鳥の命(こえ)と一緒に轟いて居た…(云々)〟、悉く俺への賛美はあのルシファーを空から落し得た宙(てん)の正義と人の正義が又悉く明暗を仕分けるように地にて解体し、人に食べさせた幻想・神話の出来とは創り終えた当人から遠くに置かれた知識人(エリート)により解体され行き、俺が食する頃には、勿体振った知識の扉が全ての創造が宙(てん)へ届くのを妨げるように在って開かず、唯、その論書を著した暇人達から得る鍵が無くては何処へも行けない柵(しがらみ)の生い茂った荒地(あれち)へと俺を誘導せしめて、モンクに似せた合鍵屋の主人は偽(ダミー)の心臓をつい食い破って夢の内へ現れ、水を被り終えた人身を喰い潰す悪鬼の実体へと又その実(み)を変えた。


試し読みできます

~エンパイア~

 白い靄の様な薄霧が深くも浅くもなくまるでその手中に我等を弄ぶかのようにして色付いた祭壇を我等の目前へと投げ遣った時、俺の眼(まなこ)裏にも薄ら鱗の様な靄が掛って白内の癖を吹き飛ばす程の、深淵を呼ぶ蝦蟇の鼾がけたたましくあの深緑の内から鳴り響いたと信じた内に、小言を空から程好く連呼して来た白い兎の体(むれ)が遥か遠くへ置き遣って居た我が愛しの愛猫の生きた気配(ここち)が無造作に飛び交う黄金の砂金の間を掻い潜って俺の麓へ落ち行き、所々で斑の模様を地中へ沈めて又軽くほくそ笑む陽光の熱泥に身を摺り寄せた尽力から得た賜物とは俺の愛猫の体内を涼しく独走(はし)って滔々昏睡を知り、溜めたストレスの痕跡を終生に至るまで後生大事にするのを躊躇う挙句に俺は又静かに白内に佇む愛情を受け取って、我が家へ還る至極の狂酔へ水浴びを覚え果てた兎は猫へと化けて俺を慕い、初めから在る俺への対象としてその場に伏せた。「その場」とは目下旧友達と朝に夕なに程好く呆けて萎えた喜怒哀楽を埋めた地中を指して居り、俺も家族も自ら何処か未開の未知(ばしょ)へ心体(からだ)を蠢かせた儘時に追従した身分を携え陽光を仰ぎ見、捕まり損ねた烏種(からすだね)を落す苗の一芯に余程縋り付きたい本能を抑えて煩悩を飛び越え体を起こして、俺は遂に密かに時空を越えたオルガを抱えて夜雲を照らし照明(サーチライト)が吹く様に射す移り気の下(もと)でこの身許を落した。やがて未知から成った〝耽溺の茂み〟を掻き分けて一匹の猫が少々泡喰った体(てい)にて脚を走らせ、眠気を覚まして、何れの口から放たれたか知らぬ口火を切ったかの様に丸めた背中(からだ)を大きく揺らして俺に頼った。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について