目次
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~
~エンパイア~

閉じる


<<最初から読む

115 / 130ページ

試し読みできます

~エンパイア~

 白い靄の様な薄霧が深くも浅くもなくまるでその手中に我等を弄ぶかのようにして色付いた祭壇を我等の目前へと投げ遣った時、俺の眼(まなこ)裏にも薄ら鱗の様な靄が掛って白内の癖を吹き飛ばす程の、深淵を呼ぶ蝦蟇の鼾がけたたましくあの深緑の内から鳴り響いたと信じた内に、小言を空から程好く連呼して来た白い兎の体(むれ)が遥か遠くへ置き遣って居た我が愛しの愛猫の生きた気配(ここち)が無造作に飛び交う黄金の砂金の間を掻い潜って俺の麓へ落ち行き、所々で斑の模様を地中へ沈めて又軽くほくそ笑む陽光の熱泥に身を摺り寄せた尽力から得た賜物とは俺の愛猫の体内を涼しく独走(はし)って滔々昏睡を知り、溜めたストレスの痕跡を終生に至るまで後生大事にするのを躊躇う挙句に俺は又静かに白内に佇む愛情を受け取って、我が家へ還る至極の狂酔へ水浴びを覚え果てた兎は猫へと化けて俺を慕い、初めから在る俺への対象としてその場に伏せた。「その場」とは目下旧友達と朝に夕なに程好く呆けて萎えた喜怒哀楽を埋めた地中を指して居り、俺も家族も自ら何処か未開の未知(ばしょ)へ心体(からだ)を蠢かせた儘時に追従した身分を携え陽光を仰ぎ見、捕まり損ねた烏種(からすだね)を落す苗の一芯に余程縋り付きたい本能を抑えて煩悩を飛び越え体を起こして、俺は遂に密かに時空を越えたオルガを抱えて夜雲を照らし照明(サーチライト)が吹く様に射す移り気の下(もと)でこの身許を落した。やがて未知から成った〝耽溺の茂み〟を掻き分けて一匹の猫が少々泡喰った体(てい)にて脚を走らせ、眠気を覚まして、何れの口から放たれたか知らぬ口火を切ったかの様に丸めた背中(からだ)を大きく揺らして俺に頼った。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について