twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,500円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ミステリー 作者 天川裕司
価格 1,500円(税込)
タグ ミステリー横丁人間仮想現実舞台男性女性究明太陽日光部屋孤独虚無幸福過去現在未来時空徒歩毎日人間模様人間関係社会世間功徳遊び夢遊病白日夢思想哲学
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 26ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
心太のように透き通る謎の季節が現れ、一人の男にあれこれ言う。

男の周りには「現実」という名の舞台が繰り広げられてはいるが、どうも男はそこに「自分の居場所」を見つけられない。

そうこうしているうちに男は、いつもの生活から脱線している生活に自分がいることに気づく。

虚構のような日々の暮らしに、「謎の季節」はいろいろな言葉を投げかけ、男を魅了してゆく・・・

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧