目次
犯罪の可能性
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
~切り裂きジャック事件について~
~壁の落書きについて~
~被疑者として挙げられた人物から仮説まで~
~切り裂きジャック事件について―現代まで~
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
「幻想に浸れる狂王(きょうおう)の英国(くに)~ジャックを語るのに足るものは「実在説」か、それとも「陰謀説」か?~」
あとがき

閉じる


試し読みできます

あとがき

 

 事実を明るみに引き出せない常識的な文言は、哀しくも、この「リッパー説」を語る上でも適用される。現代でも見られるような猟奇的殺人の数々が、「二十一世紀の殺人遊戯の幕開けとなる」と称していたこのリッパーの言動から始まり、その犯罪への種火は今を以て中々消えないでいる。

 ここで提示したのは「実在説」か「陰謀説」かであったが、人の頭脳が考え得る限り、様々な憶測は飛び交うのである。事実を明るみに引き出すことの出来ない曖昧にして有耶無耶な、人にとって限界を知らされる壁を前にして、リッパーの真実への究明は、凡そ過去から現代、そして未来において紡ぎゆかれるであろう。

 

取り敢えずここで挙げた「実在説」と「陰謀説」に対峙する時、キミはどちらを選ぶだろうか?そこで結論した「キミの考え方の行方」さえ、きっと闇に巻かれるように彼方へ消えて、「キミが今そこで決断した事」そのものも経過によって打ち消されてゆき、人の記憶からも定めのように葬り去られてしまうのだろうが。

 

 

(※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは一切関係ありません。)


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,800円(税込)

読者登録

天川裕司さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について