twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,800円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション , ミステリー 作者 天川裕司
価格 1,800円(税込)
タグ 切り裂きジャック事件クリミナル犯行犯罪猟奇的犯罪猟奇的異常劇場型劇場型犯罪ジャック・ザ・リパ―イギリス英国日本現代現代殺人現代犯罪人間生死捜査警察スコットランドヤード陰湿陰謀グル実在ミステリー文芸文学歴史イギリス史日本史サバイバルサバイバルナイフジャックナイフランプ神戸連続児童殺傷事件酒鬼薔薇聖斗選択究極悪魔性善説正常性欲煩悩暗闇希望連続殺傷独創ユダヤ撲滅娼婦乱交堕落七つの大罪五角形ユダヤの星1888年9月12月3か月ストリートベイカー通りモンタギュー・ドルイットマイケル・オストログセブンフリーメイソン
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 30ページ (Web閲覧)
54ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
現代を以て迷宮入りの事件として扱われている「切り裂きジャック事件」(Unsolved Crime of Jack the Ripper)。この事件に興味のある誰もが考えさせられ、時には魅了されて、真犯人究明の為にと全力を注いだものの結局「解決」は未遂に終わり、〝ジャック・ザ・リパー〟こと切り裂きジャックは夢の彼方へ消えている。

本記事では、1888年9月末から起きた「切り裂きジャック事件」にまつわる推測・憶測・史実・状況証拠・口証に関わるあらゆる出来事におき、もう一度新たに「切り裂きジャック事件」そのものを考察しながら「この事件の一連に見られた行動が、人間、あるいは特定の個人に、可能な犯行としてあるのかどうか?」ということを一から考察してみたい。

ここで私はこれまでに集めた独自の資料(史料)と、その資料に基づく多角的な視点と真実究明へのヒントを得、一つの驚くべき発見をした。

それは作品途中から後半にかけて切々と訴えている。ラスト十行の訴えで、物語にさえ見える本記事の「あらかじめ決められていたような終着地」へと辿り着くことが出来た。


その最後のシーンを、どうぞあなたの目で確認下さい。


それでは、ゲートを開きます・・

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ケロリーマン&ケロウーマンは静岡県富士市を走る岳南電車の非公認キャラクター。https://www....

この本を開く

一振りの鋼に栄達を託す時代はとうに過ぎ。若者たちはもう、勇者にも英雄にも成り得ない―――******...

この本を開く

スペインアンダルシアのリゾート都市在住15年の日常生活を綴ったブログから抜粋したエッセイシリーズ2冊...

この本を開く

かまねこちゃんシリーズ・スピンオフ作品。 大人の憩いの場バー『化』の常連マーちゃんこと、岡まさあきは...

この本を開く

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中...

もっとみる