twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格150円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 天川裕司
価格 150円(税込)
タグ 言葉コミュニケーション人間関係歴史時代現代未来過去虚無虚像脚色生死生気明度暗闇理知知識知恵宇宙
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 12ページ (Web閲覧)
15ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
言葉は、本当に人に思いを伝えるだけの道具なのだろうか?

これまで地球上で、幾憶と紡いで来られた人の言葉は、コミュニケーションという形で扱われてきた。

けれど少し見方を変えると、人は独り切りでも言葉を唱えていられる。

言霊や文経、いろいろ巧みに扱われている人の言葉は、ある日とつぜん姿を消した。

そして言葉をなくされた人に残ったものとは・・・

この本は表紙だけご覧いただけます

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

液タブ導入によって退役状態になった板タブ...

コミック

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。...

小説・ノンフィクション

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア...

ビジネス・教育・社会

この本を開く

本書はFBなどネットに投稿された台湾に関...

趣味・生活・芸術

この本を開く

人差し指と中指の間に入る感情線の持ち主は...

小説・ノンフィクション

もっとみる