twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ファンタジー 作者 天川裕司
価格 300円(税込)
タグ 江戸時代虚無空砲発砲武器殿様家来未知無頼文学人間人生生死記憶経験譚記録矛盾自己暗示白日夢蜃気楼蜻蛉陽炎お城
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
11ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ある日、江戸の町に返った男は、自分の親友のような男に出会う。

二人は何気に意気投合するが、どこからか聞こえてくる、あるいは感じる、「クウホウ」のような衝撃と音を知った。

「どこかで馬鹿な殿様が、無法に人を殺害している・・」

そんな噂を心の中で知った二人は、すぐさまその殿様の暴君ぶりをいさめようと、その殿様がいるであろうお城へ向かう。

けれど、何かを追いかけるうち、ふっと場面が途切れる。

二人の男が男はまるで一人になったようで、その一人は自分の記憶に埋れていった。

どこからどこまで夢なのか、理想と現実が混在していく。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧