twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ミステリー 作者 天川裕司
価格 100円(税込)
タグ 乳児子ども記憶残像無知矛盾純情不純人間孤独賛美喝采活性岐路就寝春琴独歩吟味世間町並み社会遊泳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
11ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
琴に込められた無性の哀しさ・・・それはある女性から出た、春琴にみられた哀しさでもある。

無秩序に並びたてられた「人の孤独」というものは、また無秩序を装い、人の見知らぬ「宇宙の果て」まで帰還していく。

男と女。男女に塗られた木漏れ日から得た残像は、ふっと、命を知らない乳児を生んだ・・・

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧