twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格180円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ミステリー 作者 天川裕司
価格 180円(税込)
タグ 欲望オロチ人生味覚課程家庭虚無残像人間生死渇望限界人間界虚飾界無尽蔵生活生気無心カナリア斬新無秩序
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
8ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
漢の欲望がどこまでも膨らみ、やがて膨張に限界を知ると、とたんに空気が抜けたように萎んでいく。

心に描いた偶像の形は、いつしか既成の悪魔を知った。

人が行き交う町並みの風景を、望遠しながら生きる虚無のあり方は、いつしか人にとって「なくてはならない物」となってしまった。

見た事も聞いた事もない、信じられない光景が、いま男女の前に繰り広げられる。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧