閉じる


<<最初から読む

7 / 9ページ

試し読みできます

魔法仕掛けのアイドル1

 憧れていた。子どものころから、ずっと、ずっと。

 テレビの向こうでキラキラしている、アイドルたちに。

 

 眠る前、自室の小さな窓から空を眺めるのは、十年続いている習慣だ。五歳の時、アイドルというものをちゃんと認識して、憧れたあの日からの。

 一戸建ての並ぶ住宅街。三階にある私の部屋からは、空がよく見える。

 ダンスのレッスンは、ずっと続けている。歌だって。

 体重が増えないように気をつけている。友達とスィーツ食べに行くのを断って、付き合い悪いよね、なんて陰口叩かれても耐えている。

 最近のアイドルには何か個性が必要、という記事を見て以来、ずっと手品を練習している。

 美少女、っていえるような顔じゃないのはわかっている。だからせめて、と笑顔の練習をしている。にっこり。窓に向かって微笑んだ私の顔は、少なくとも愛嬌がある、とは言われるはずだ。

 なのに、もうずっと、長いことオーディションに受からない。

 最初は協力的だった両親も、積み重なる交通費とか洋服代にうんざりしているのがわかる。

「今回だけ、あと一回だけ、これで駄目なら諦めるから、お願い」

 何度、そう言っただろうか。

 そろそろ、本当にとめられてしまいそう。

「大人になって、自分でお金稼ぐようになってからにしなさい」

 ママはそう言うけれど、それじゃ駄目。それじゃ駄目なんだ。

 私がなりたいのは、ただの芸能人じゃない。アイドルなんだから。ティーンエイジャーにしか、アイドルになれないんだから。

 だから私は、毎晩、夜空にお願いする。月に祈る。

「アイドルになれますように」

 最初は、純粋なお願いとして。

 今は、真摯な祈りとして。

 何か足りないあと一歩の後押し、神頼み。

「どうか、どうか、アイドルになれますように」

 どうか、神様。

「その願い、叶えてやろうか」

 聞こえた声に、祈りのために閉じていた瞳をあける。

「神では、ないがな」

 私の目の前、窓のすぐ外に声の主はいた。ここは、三階なのに。宙に、浮いている?

「悪魔でもいいのなら、手を貸してやろう」

 真っ黒な服を着て、真っ黒な髪をした少年が、赤い唇でニヤリ、と笑った。

「……悪魔?」

 小さく呟くと、少年は一つ頷いた。

「神様はお忙しいからな。あんたら人間の私利私欲にまみれたお願いなんて、叶えている暇がないんだ。悪魔でよければ、条件次第で叶えてやるぜ?」

 ふてぶてしい、言い方。

 宙にあぐらをかくようにして浮いている。でも、それ自体は驚くところではない。何かトリックがあるのかもしれない。手品、かも。私の得意な。

 でも、そんなこと、どうでもいい。

「私のお願い、叶えてくれるの?」

 トリックを用いて、私を騙そうとしているのかもしれない。常識的に考えれば、そちらの可能性の方が高い。本物の悪魔だ、なんてことよりも。

 でも、そんなことで疑って、もしも本物だったら? 本当に、私のお願いを叶えてくれるというのならば?

「ああ、条件付きだがな」

 悪魔が頷く。

 なら、迷うことはない。

「お願い、叶えて!」

 差し出された手を、掴むだけ。

「疑わないのか? 怪しまないのか?」

「疑っているし、怪しんでいるけれども、そんなことよりも、私はアイドルになりたい」

 憧れていたのだ。ずっと、ずっと。テレビの向こうでキラキラ歌ったり、踊ったりしているアイドル達に。ずっと、ずっと。

 ふふっと楽しそうに悪魔が笑う。

「十年ずっと、願っているもんな」

「……知っていたの?」

「ああ。十年ずっと一つのことを願うやつは珍しい。そういうやつは、嫌いじゃない」

 だから、と彼は続けた。

「十年ずっと続けたならば、叶えてやろうと思っていたんだ。気づいてたか? 丁度十年前の今日、あんたは祈りはじめたんだ」

「……ああ」

 小さく口からもれた言葉は、ようやく願いが叶う安堵か、歓喜か。十年もかかってしまった悲しみなのか。自分でもわからない。

 なんでもいい。叶うのならば。

「よし、じゃあ、取引な」

 悪魔は一度、軽く手を叩くと言った。

「俺からの条件は二つ」

 右手の指を二本たてる、ピースサイン。

「一つは、寿命十年分の提供」

「……悪魔の契約、ね」

 命を欲するなんて、漫画にでてくる悪魔みたい。

「だろう? ただ働きをしないのが俺の信条でね。だが、報酬をもらう分、しっかり仕事はするさ」

「なら、構わない」

 躊躇わず答えた。

 アイドルで居られるのは、ティーンエイジャーの時だけだ。それ以降、年を取った私が生きていく期間が短くなるなんてこと、どうでもいい。

 もしも、私の寿命が二十五歳までで、この寿命をあげることで今ここで死んでしまうのならば、それでもいい。アイドルになれないのならば、夢を叶えられないのならば、生きていても仕方ない。

 潔いねぇ、と悪魔が笑った。

「もう一つは、恋をしないこと」

「……恋を?」

 悪魔の口からでた、似つかわしくない言葉に首を傾げる。

「ああ。俺のかける魔法でアイドルにすることはできる。けれども、あんたが恋をしたら、その魔法はとける。あんたは二度と、人を愛することができない、それでもいいか?」

 ああ、何を簡単なことを。

「勿論」

 私は頷く。躊躇わず。だって、

「アイドルは恋愛が禁止だって、昔から決まっているでしょう?」

 恋愛騒動で揉める現役アイドルを見る度に思っていたのだ。せっかくアイドルになれたのに、なんで自分からその地位を棒に振るようなことをするのだろう、と。勿体ない。バカみたい。

「なら、契約成立だな」

 悪魔が右手を伸ばす。

 その手は、窓ガラスを突き抜けて部屋に入っていた。

 人差し指で私の額に触れる。

「改めて、俺の名前はデジーロ。よろしくな、月原夢(つきはらゆめ)」

 ああ、私の名前、知っているのか。さすが悪魔。

 そんなことを思った瞬間、ぴりりと額に痛みが走る。電流のような。

 そうして、私の意識はブラックアウトした。


試し読みできます

奥付


pigment blue28


http://p.booklog.jp/book/115485


著者 : 小高まあな
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/kmaana/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/115485



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

小高まあなさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について