閉じる


魔法の森の首だけ・首なし

試し読みできます

魔法の森の首だけ・首なし1

 ディタート国の王様は、傲慢で我が侭でした。生まれついての独裁者でした。

 そしてその娘である、ナコーレ姫もまた、父によく似た性格の持ち主でした。

 高い税金、相次ぐ飢饉、流行る病。一方、きらびやかな王族達。

 それらに耐えられなくなった国民達は、クーデターを起こし、国は生まれ変わることになりました。

 古い悪王は、断頭台へ。王族達は断頭台へ。

 それは、ナコーレ姫も変わりありません。

 そんなのってないわっ! と姫は思いました。私はただ、渡されたものを、あるものを欲していただけなのに。たくさんのドレス、美味しい料理、あまぁいケーキ、煌めく宝石。それらがあるからもらったの。それの、何が悪いの? 私はもっと楽しいことがしたいのに。恋愛だってしたいのに。まだまだ生きていたいのにっ!

 姫の思いは、断頭台へ近づくごとに強くなっていきました。

 首が落とされるその瞬間まで、姫は強く思っていました。その強い思いが、どこかに届いたのでしょうか。

「あ、首が」

 切り落とされた首は、地面に落ちることなく、ぽーんっと跳ね上がり、

「カラス!」

 通りかかったカラスに掴まれると、そのままどこかに運ばれて行きました。

 そして、とある森のカラスの巣にまで運ばれました。

 

 一方、隣国、バタール国のセヴァロは騎士でした。百戦錬磨の騎士で、常にバタール国に勝利をもたらす、強い騎士でした。

 しかし、ならず者であることでも有名でした。騎士道精神の欠片も持ち合わせていない彼に泣かされた人は大勢いました。

 そんな彼の弱点はお酒でした。お酒にめっぽう弱い彼ですが、お酒がめっぽう大好きでした。その日も、昼間から大量のお酒を一気に飲み干し、浮かれた気分で外にでて、道ばたで熟睡してしまいました。

 そこにとおりかかったのが、彼に酷い目に何度も合わされた、農家の息子でした。自分は苦しい目にあっているのに、のうのうと昼寝をしている彼を見て、怒りが押さえ切れなくなりました。息子は、持っていた鉈を一振り。セヴァロの首と胴体は、すぱっと切り離されました。しかしそれでも怒りが収まらない息子は、首を蹴り飛ばしました。首はよく飛んで、どこかへ消えて行きました。

 我にかえった息子が、怖くなって逃げ出す足音で、セヴァロの強靭な肉体と、鍛え抜かれた本能が目を覚ましました。

「まてぇぇ、俺の首を、返しやがれぇぇ! どこだぁぁ」

 セヴァロはそのまま、駆けて行きました。

 そうしてその姿は、森の中へ消えました。

 

 目を覚ましたナコーレ姫は、巣から逃げ出すと、ふわふわと宙を浮きながら森の中を彷徨いました。

 セヴァロは、首! 首! 叫びながら森の中を走り回っていました。

 かくして、首だけの姫君と、首なしの騎士は森で運命的な出会いを果たしたのです。

「いやぁぁぁ、化け物っ!」

「うぎゃああ、怪物っ!」    


魔法の森の首だけ・首なし2

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)