閉じる


<<最初から読む

20 / 21ページ

ハンマーとダーザイン

は釘を打つ道具なのだろうかいやネズミを潰す道具だろううまくヒットすれば身動きがとれなくなり、あとは頭蓋骨を砕いてお仕舞い。そんな金属片に木材の突き刺さった道具だ 

なに言ってんの。黄色いアーモンドみたいな形して 

俺はとは違うのか。  

あたしが見る限りあんたはイエローサブマリン。みんなで楽しい旅をする潜水艦。バンド演奏も加わって何不自由なく楽しく暮らせる潜水艦。 

それはあまり魅力的ではない 

なんでよ。 

今、俺本の釘が打ちたいん 

それならば金属片に木材の突き刺さったあたしのほうが向いているんじやない。 

でもはネズミを潰す道具だろう 

あんたが求めれば釘打ちくらいにはなるわよ。 

ほかに何かを打つのに適当な道具はいないのか 

ここにはあたしあんたしかいない 

それならほかの行くとしようか。 

どこに行ったって釘を打つための道具なんていやしない。いつの時だってネズミを潰す道具釘を打ってきた 

ネズミを潰す道具釘を打つなんて、あまり気持ちのいいもんじゃないな 

あんたはまでどうやって釘を打っていたのよ 

釘を打つのにとても良い形状をしていと思っていた。でも、君に言わせればそうではないらしい 

なんか悪いこと言ったかしら 

そんなことはない。俺がネズミを潰す道具というよりイエローサブマリンの形をしていだけのことだ 

でも、目の前のあたしがネズミを潰す道具みたいな形をしているじゃない。 

ネズミなんか潰したくない 

あんたバカ?あたしが釘を打ってあげるって言ってんの 

それはいいかもしれない長いこと自分で釘を打つことに疑問を感じてた。 

あんたはイエローサブマリン。みんなで楽しい旅をする潜水艦。バンド演奏も加わって何不自由なく楽しく暮らせる潜水艦。 でも、ポンコツみたいね。

俺はネズミを潰す道具を目の前にして不安を感じているよ。ポッキリ折れてしまった俺を打ち止めてくれるのだろうか 

潰すも治すもあんた次第じゃない 


奥付



Puzzzle文集10


http://p.booklog.jp/book/115223


著者 : puzzzle
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/puzzzle/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/115223



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/)
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト




この本の内容は以上です。


読者登録

puzzzleさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について