閉じる


試し読みできます

(1)

 部屋の隅に置いた有明ありあけ行灯あんどんの火が、不完全燃焼を起こしているらしく、火皿から黒い煙が細い帯のように立ち昇っている。それが悪臭を放つせいで、葉よう次じも連れの女も、息を吸うときは口からでなければならなかった。うっかり鼻呼吸しようものなら、青生臭い脂の臭気に粘膜を刺激されて嘔吐えずきそうになる。泊まっているのは一泊二食付で一人百文程度の安宿だ。廉価な魚油ぎょゆを用いるのは仕方がないことではあったが、これでは半分悪夢に魘うなされているようなものだと、葉次は不満だった。

二人はしばらく裸のまま布団に横たわっていたが、やがて女の方から葉次に絡ませていた腕をそっと抜き取った。それから、蛇のように滑らかな動きで上半身を起こし、葉次に背を向ける形でその場に端座した。外箱の上にのせた火ひ袋ぶくろから漏れる灯りが、女の腰から臀部までを仄かに黄金き色いろく染め上げる。それでもなお青白く見える女の肌を、汗が筋を引いて流れていった。

葉次は視線を、その露になった部分から上方へと移動させ、長い黒髪に隠れた肩のあたりを遠慮がちに眺めた。

 女は畳の上に脱ぎ捨ててあった絹の長襦袢を手に取る。腰のあたりで襟を整えて持ち直し、右手首を二度ほど回しながら片袖を持ち上げていく、その仕草のたおやかなこと。とても自分より六歳も下だとは思えない。

「ちょいと待ちな」

 それまで黙って様子を見守っていた葉次が、やにわに声を発した。

「はい、なんでございましょう?」

女は絹きぬ衣ころもを持つ手を止め、後ろを振り返りかける。

「いや、いい。気にしないでくれ」

 一寸置いて、藪蛇になるのはご免とばかりに、葉次は己の好奇心を制した。

ところが、女は葉次の内心を見透かしたらしく、羽織りかけていた襦袢を腰元に落とすと、髪を片側に寄せて見せた。

「これが気になるのでございましょう」

女の背には、天鵞絨びろうど色いろの扇を幾重にも重ねたような文様が入っていた。一枚の扇は銭貨せんかほどの大きさで、着物の襟で隠れるぎりぎりの箇所から、肩甲骨の半ばあたりまで続いている。末尾の一枚はまだ色を入れている途中なのか、他のものよりやや薄く感じられた。

葉次は観念して、先刻引っ込めた問いを口にした。

「それは、入れ墨か?」


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格15円(税込)

読者登録

水流苑まち(つるぞの・まち)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について