目次

閉じる


試し読みできます

(1)

 やけに視界が狭いと思ったら、制服とまちがえて着ぐるみを着てきてしまったらしい。教室の窓ガラスに映ったピンク色のうさぎを見て、ぼくはようやくそのことに気がついた。

いくら自由な校風で有名な高校とはいえ、着ぐるみはさすがにまずいだろう。一限目が終わったら、保健室まで替えのジャージか何かを借りに行こうか。

 しかし、何だか妙だ。クラスメイトはおろか先生さえ、ぼくの服装のことに触れてこないのはなぜだろう。自分の友だちや生徒が突然着ぐるみで登校してきたら、驚くなり突っ込むなりしそうなものだが。

 ためしに消しゴムを落としてみた。

「落としたよ」と隣の席の女子が拾い上げてくれる。礼を言って受け取ると、彼女は何事もなかったかのようにノートを取る作業に戻った。ピンク色の布に包まれた手に触れたというのに、無反応だった。

 休み時間に入ってクラスメイトと談笑している間も、まるで全員が裏で示し合わせているみたいに、着ぐるみのことは完全にスルーされていた。あまりにみんないつもどおりなので、そのうち、自分は裸の王様なんじゃないかという気さえしてきた。

結局、着替えに行くことのないまま、昼休みを迎えてしまった。

 その日、掃除当番に当たっていたぼくは、いつものメンバーで弁当を食べたあと、クラスの男女三人と教室の清掃に取りかかった。床を掃いて机の上や窓などを拭くだけなので、四人で手分けすれば十五分とかからない。手早く済ませてしまおうと、ぼくは教室後方にある掃除用具入れからホウキを取り出した。

 掃き始めてすぐ、ある異変に気がついた。床がやけに砂っぽいのだ。気のせいかと思って上靴の底をこすりつけると、歯で金平糖を噛み砕くのに似た感触を覚えた。

 うちの学校は一階のロッカーで上靴に履き替える規則になっている。本来ならば砂土が教室に持ち込まれることは有り得ない。さては、誰か校則を破って土足で教室に上がっているな。あとでこっそり犯人探しをしてやろう。

 密かにそんなことを企みながら砂をかき集めた。ところが、隅の方にどんぶり一杯分ほどの砂山を作っても、一向に足元のざらつきはなくならない。やはり何かがおかしい。

脇の下に冷や汗が滲んでくるのを感じながら、それでも手を動かし続けていると、一緒に掃除をしていた男子の一人が、

「なあ、いつまでやってんの。もういいだろ? さっさと捨てて遊びに行こうぜ」

 と声をかけてきた。それから、ぼくの足元に屈んで、チリトリを構えてくれる。

「でも、まだ砂が……」

 ほとんど混乱状態で訴えると、

「砂? なんのこと?」

 と、彼は怪訝そうに首を傾げたのだった。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格10円(税込)

読者登録

水流苑まち(つるぞの・まち)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について