twitterとfacebookアカウントでログイン

  • 風狂(2017年)
  • 風狂(2017年)
  •  「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において、講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた詩を研究する会であった。その後、「中野学校」「武蔵野詩人会」を変遷して「風狂の会」は生まれたが、主宰者は、2006年(平成18年)6月に亡くなるまで齋藤 怘氏であり、現在はその後を継いだ北岡善寿氏である。ところで「風狂の会」には会則がなく、役員もいない。つまり自由な風狂詩人であることを自認する者、詩歌に興味がある者、文学に関心がある者などによる自主的で民主的な集まりである。しかしながら、日常的に作品を発表する場所が従前からなかったので、2014年(平成26年)8月に創立20周年を記念して電子書籍の同人誌「風狂」を創刊することとなった。誰でも投稿できるものとするが、創作活動に主眼を置く観点から、掲載作品は原則として未発表のものとしており、編集会議(編集長は北岡善寿氏)にて決定するものとする(投稿規定は「風狂(創刊号)」の「創刊に当って」を参照)。毎月21日までに新作品を発表する予定である。
  • 連載 評論 翻訳 エッセイ 同人誌 創作

  • 無料
  • 1回配信 ( 配信日を確認 » )
  • 高村昌憲高村昌憲

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 雑誌 作者 高村昌憲
タグ 連載評論翻訳エッセイ同人誌創作
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 15ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において、講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた詩を研究する会であった。その後、「中野学校」「武蔵野詩人会」を変遷して「風狂の会」は生まれたが、主宰者は、2006年(平成18年)6月に亡くなるまで齋藤 怘氏であり、現在はその後を継いだ北岡善寿氏である。ところで「風狂の会」には会則がなく、役員もいない。つまり自由な風狂詩人であることを自認する者、詩歌に興味がある者、文学に関心がある者などによる自主的で民主的な集まりである。しかしながら、日常的に作品を発表する場所が従前からなかったので、2014年(平成26年)8月に創立20周年を記念して電子書籍の同人誌「風狂」を創刊することとなった。誰でも投稿できるものとするが、創作活動に主眼を置く観点から、掲載作品は原則として未発表のものとしており、編集会議(編集長は北岡善寿氏)にて決定するものとする(投稿規定は「風狂(創刊号)」の「創刊に当って」を参照)。毎月21日までに新作品を発表する予定である。

コメント一覧

ちょっと怖いハナシ 怖い話ですね。勘違いもあるでしょうが・・・霊や妖怪は存在するように思います。こちらの心の状態も大いに関係すると思いますが、妖怪を鎮める方法を知っていると良いと知りました。
huukyo-15 : 2017-06-26 13:23:03

アラン『大戦の思い出』(一) 第一章 アランは、一九一四年開戦の第一次世界大戦に、志願兵として情熱をもって戦ったことを知りました。電話交換手として、恐怖や危険に身を晒した辛い冬の兵営などなど大戦を思い出して、一九三一年に戦争に反対しながら、決してどんな戦争も繰り返してはならないと書かれてありました。その後一〇年ほどして、第二次世界大戦開戦になったことを知りました。
huukyo-15 : 2017-06-26 13:09:24

三浦逸雄の世界(十九) 花瓶に挿された花は、ドライフラワーなのに、やさしく温かく見えました。
huukyo-15 : 2017-06-25 23:10:09

汀 美しい岸辺、穏やかな情景描写が、水面の天国のように感じました。 最後の4行は、白神山地の青池のようでした。
huukyo-15 : 2017-06-25 22:59:33

蛙 道標の上に、雨蛙が自分で這いあがったか、誰かの戯れだったか。それはどちらにしても、聖なる森の生ける使いのようにも思えて、森すべてを包み込む、見えない大いなるものに、一礼したのだと思いました。
huukyo-15 : 2017-06-25 22:44:40

百の足 見ただけで悲鳴を上げてしまいますよね。ムカデの気持ち悪さ、怖さがよく分かります。それにしても、女性警備員の姿の対比が見事に思いました。
huukyo-15 : 2017-06-25 22:23:35

夜を思考する人へ 夜眠れるって、心身にどんなに良いことでしょう。しあわせに思います。また新しく始まるいちにちのために。色々な問題を抱えて、夜眠れないで苦しんでいる人がたくさんいます。どうか心地よい眠りを!と祈るばかりです。
huukyo-15 : 2017-06-25 22:17:23

懐旧 陸に住む蟹がいるんですね。私の住んだ村にはザリガニがいました。懐かしい村に小さなベンケイやボロタ蟹が見られなくなって哀れに思います。戦争を知らないけれど、戦争の話を聞いたり、物語を見たりして、平和を願っています。
huukyo-15 : 2017-06-25 20:34:20

授業参観 授業参観に、お母さんが来てくれて嬉しい。お母さんにいいとこを見せたい緊張した気持ちが、よく伝わってきました。
huukyo-15 : 2017-06-25 17:08:01

芭蕉布に芭蕉の花が咲く 「芭蕉布のうた」がもち歌だった友、いい歌ですね。芭蕉の花や実を知りませんでした。芭蕉翁の庵のそばに植えてあった芭蕉にも、花や実がついたのでしょうか。沖縄の情景が浮かびました。
huukyo-15 : 2017-06-25 16:57:39

facebook コメント一覧