閉じる


試し読みできます

もくじ

原田式 足指強化法

 

 

【もくじ】

 

●のうがき

 

 

●方法


試し読みできます

のうがき

原田式 足指強化法

 

 

【のうがき】

 

 

●スポーツ選手は怪我で泣いている人が多い。

過酷な練習や試合で体は悲鳴を上げている。

整体やマッサージなどで身体ケアーしているひとも少なくないが、怪我が治らなくて選手生命を縮めてしまう人も多い。

 

タイガーウッズも腰痛の手術が良くなくて…、大変なことになっている。

スパイクシューズは足指が弱る場合が多いから注意しないと。

 

怪我が修復出来ない人は回復力が良くないのである。(あたりまえの文章だ)

人は寝ている間、休息している間に副交感神経が高まり、痛めた個所、疲労した箇所を修復してくれる。

それで翌日には痛みが消え、元気な身体でチャレンジしていける。

 

だが、回復力の良くない身体の人は、痛みや疲労をいつまでも引きずることになる。

それでは勝てない、力を出せない、選手には選ばれない、なんてことになる。

 

1分あれば足指を強くできる「原田式足指強化法」、それで階段を昇れば脚が軽くなっているのが判る程即座に修復効果がある。

 

 

●稀勢の里が横綱になり、大相撲が面白くなってきた。

関取は故障を抱えたまま土俵に上がる人が多い。

膝にサポーター、足首にサポーター、足指にテーピング、腰や肩にもテーピングと痛々しい恰好で戦っている。

あれでは本来の力は発揮できない。

ズルズルと負け越してしまい、番付を下げてしまっている。

 

昔、戦闘竜とい力士がいた。

彼は股割が硬いとのことで柔軟アップしてあげることになった。

出してきた足はとても大きくて、足裏から足横側まで皮膚がガサガサしていた。

このガサガサ状態というのは血流が悪く老廃物がイッパイ溜まっている証拠である。

 

血流が悪い足、全身の血流も良くないのだ、故障も起きやすいのでは?なんて考えながら、仙骨の反射区にクリームをつけて私の人差し指の関節でギューと強くしごいた。

大きくてガサガサの足には、力いっぱいやらないと効かないと感じたからだ。(当時の私も若かった)

 

とても痛かったようだが、それでも数回しごいた。

お陰で股割がスーッと開くようになり、他の力士達からの拍手と笑いが沸いていた。

 

裸足で稽古や生活をすることが多い相撲取り、裸足だから足に刺激を受けているから老廃物が溜まっていなくて健康なのでは?なんて考えてしまいがち。

とんでもない間違いである。

 

足にイッパイ老廃物を貯めている。

だから、足指が痛い、足首が痛い、膝が、腰が、…、なんてことになってしまっている。

そんな痛みを、痛い部位しか診ないで治していたら、いつまで経っても完治できないのである。

 

足指が痛ければ踏ん張って相手の力士を押せないはず、相撲はまずは押すことが基本である。

その押しが弱くなる。

それではパワーは発揮できない。

 

また、血流というのは心臓から送り出されて足指先まで到着し、そこから引き返して心臓に戻る。

足指が悪ければ、その辺りで血流が滞り、引き返す血流量も減少している。

足首、膝、腰、いやいや身体全体の血流が少なくなってしまっている、パワーは出ないし怪我もしやすい修復もしにくい状態なのである。

 

原田式足指強化法を1分間実践すれば、足指に力が入るようになり、身体に生じていた痛みなどが改善するから、足指の血流がどれだけ身体全身に影響を与えているのか知ることが出来る。

 

 

●優れた足指強化法は1分で空手技のパワーが出る、上手くなる

 どのようなスポーツでも勝つために足指は大切である。

足指をタオルギャザーで鍛えたり、開いたりして足指の強化を計っているスポーツ選手もいる。

それも良いだろうが、原田式足指強化法は取り組み方がちょっと違う。

だから1分で足指に力が入るのが判る優れものである。

 

回し蹴りが不得意なのは軸足の足指が弱いため、つま先で立って回転できないためである。

そんな軸足の指を1分間強化すると、地面に足指がへばりつき、足指にパワーが出て、しっかり回転できる。

鋭い回し蹴りに変身してしまう。

 

同時に足脚が軟らかくなり、腰や股関節も軟らかくなるから、更に蹴りやすい状態になる。

左右の足指を強化すれば、とてもパワフルでしなやかな蹴りになる。

 

 

●サッカー選手も俊敏性が必要だから足指鍛える

芋虫歩きやキャップ取りゲームなどで足指を鍛えて、俊敏性、柔軟性、走力を強化しているサッカー指導法もある。

それらも面白い方法だが、もっと早く大きな効果を出したいのなら原田式足指強化法である。

 

 

●野球選手も足指が大切

「足指がバランスを整え、力を引き出す。

指をしっかり使うことで、大地を掴んでパフォーマンスを引き出せる。」なんてことも、あるインターネットに書かれていた。

足指トレーニング方法も色々書かれているが、それはごく一般的な方法、それも良いが、やはりもっと端的に効果が表れるのが原田式足指強化法である。

 

 

●片足立ちが容易に出来る

足指に力が入らないと片足立ちが難しい。

身体が左右に揺れるので、それを止めるためには特に親指や小指のパワーが必要になる。

太ももやフクラハギのいわゆる脚の筋肉が衰えているからだと、筋肉が付くサプリメントが効果的だともてはやすが、足指が衰えていたら難しいのである。

足指が地面に吸い付くように張り付けば、いとも簡単に片足立ちが出来てしまう。(足指に力が入れば、足脚にも力が入るようになる)

そんな効果も原田式足指強化法で1分あれば出来てしまう。

 

●足指の血流アップは全身の血流アップ

スポーツ選手でも、高齢者でも痛みはアチコチに出る。

椅子から立ち上がると、腰が、膝が、…、が痛いなんてことも珍しくない。

いやいや椅子に座っているとお尻が痛いのも。

それらは血流が悪いから膝も腰もお尻も股関節も痛くなるのである。

例えば、右半身の血流が悪ければ、右の腰と右の膝なんて取り合わせも珍しくない。

 

そんな場合は右の足指を強化するだけで両方とも消えてしまう事も少なくない。

足指の血流を促せば、足先から頭のてっぺんまで血流が改善するから生じる現象である。

 

●お腹の具合も良くなる

 便秘をしやすい、下痢をしやすいなどと日本人はお腹が弱くなっている。

乳酸飲料や整腸剤のコマーシャルが多いこと。

腸を強くしたい人々がイッパイいるんだ。

私もその一人だが。

腸の弱いのもストレスが大きな原因である。ストレスがあるから食べ過ぎてしまって、更に腸に負担を掛けてしまう事にもなる。

腸を活発に働かせるのは副交感神経である。ストレスは交感神経を高めてしまうから副交感神経が働かないでいる。

腸の調子がおかしくなるのも当然なのである。

副交感神経を高めるには末端の血流を良くすること。多くの人は知っているはず。

末端の毛細血管を広げて血流を良くする、それで副交感神経は高まってくれる。胃腸の働きも良くなる。

 

良く食べれるようになると、筋肉も付きやすくなる。元気にもなる。身体も暖かくなる。

無理して沢山食べると、良くないのはご存じのはず。

朝に1分間×2原田式足指強化法をやると腸が変わるよ。

 

●冷え症改善

 腸のところでも書いたが、足指は冷えやすい箇所。交感神経が高まると末端の毛細血管は狭まり、血流を悪くしてしまう。

結果、足指及び足は冷たくなってしまう。

血液は酸素や栄養素、それに温度も運んでくれて足指等も暖めてくれる。

血流が悪くなってしまえば温度は上がらないよね。

 

足先を始め下半身を冷やさないように注意して、原田式足指強化法を実践していくことをお勧めする。

 

 

●「潮田玲子さんが足指を鍛えるべく、タオルを足指で扱うようなしぐさをしていた…」とインターネットで書かれていた。たぶん、バドミントンの一流選手のことであろう。

バトミントンも俊敏なフットワークが大切。

足指のパワーが大切だと感じていたのであろう。

 

 

●短距離陸上選手も足指が大切なんだが

素早い走りを必要とされるスポーツは数多い。

100メートル走で日本人が10秒を切るのは誰か?なんてメディアが話題にしている。

そんな記録に挑むためにも是非原田式足指強化法をお勧めする。

 

実践すれば、もちろん足指に力が入るようになる。

それに土踏まずが深くなり、足底アーチが顕著になる。

昔から偏平足の人は足が遅いなんて言われているが。ある程度当てはまっているようだ。

 

それに偏平足だと運動神経が鈍い、疲れやすい、…、と、なりがちのようである。

これらはいずれも足指に力が入りにくい、足指が弱いために生じる。

原田式足指強化法で変身してみれば?

カンタンに、しかも短時間で実践できるから続けやすい方法だよ。

 

 

●他にも原田式足指強化法の効果はイッパイある。

高血圧、糖尿病、頻尿、…、…、…、等々にも効果は高いと思う。

全身の血流が良くなるのだから。

病や痛み、不具合の原因は殆ど血流の悪さからなんだから。

短時間でカンタンに実践出来るから、やらない手は無いよね。

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について