目次
この本は、東京を走る電車の中の楽しい人間模様を書き留めたものです。
(たんたんと・・)
のぞき見(ミタさん)
本当は自分の孫に言いたいこと
あめちゃんおばあちゃん
キューピー体型
たてむすび
素敵な瞬間を見た!
私が着たら・・・!
(トリコットのドレス)
 (ウォッチ君のウォッチ))
(明朝の眉が心配・・・)
冷え冷えタオルの賞味時間
(帽子の被り方)
(銀座線で・・)
紬着物地の利用法
日暮里繊維問屋街というところ
笏を持ったお内裏様・・?
がんばれ!にっぽん! 「ロンドン五輪選手のエンブレム」
一口コント!
秋葉原の「メイドさん遊び」?
ミサンガ
マンタのマント
ピコットちゃん
ふくらはぎ
スカーフ
車中ウォッチング(ブランドもどき)
ほっこりする風景
かなしき「デブリン部隊」
美しき「優先席」のひと
銀座線の人
ブランドおばあさま
近頃の「手袋事情」
一本の白髪で・・
サマーヤーン
鳩杖
ロココ婦人
円形・・・
紙の使い方
「謎」のセリフ
スカイツリーと夫婦の有り方
バイヤスのボタンホール
つけまつげ
魔法の液体
ぱか~ん!
自分のことを一番知らないのは自分
ミスマッチ?
お歳頃の心得
しまぶくろ・・・?
「優先席」のA・B・Cさん
ピン一本で・・・
入れ歯遊び
伊達男
色男の困惑
車中ウォッチング(携帯編)
衣替えの季節
人はみかけに・・・
ルーズソックス
体操おばさん
若い男性
クリスマスバージョン
化粧
逆ウォッチング
はな〇〇
おばさんの会話
赤福!
順番こ
ちょうちんブルマー
★ ありがとう、おばあちゃん ★
奥付
奥付

閉じる


この本は、東京を走る電車の中の楽しい人間模様を書き留めたものです。

 



 

 

東京を走る電車の中で退屈な時間を過ごしている間にも、気が付けば、微笑ましくも楽しい会話や人間らしい行動などを見聞き出来ます。

つい見逃してしまいそうな、そんなエピソードの切れ端を拾ってみました。

 

私が絵(デッサン・クロッキー)を20年間勉強し続けていることも有り、ふとした仕草や服装などを頭にクロッキーして記憶し、後で帰宅後に思い出して描いています。

絵が思わぬところで役立って、描き続けてきて良かったな・・と思います。

 

どうぞ、私と一緒に、車中の人々を絵と共にウォッチングしてみませんか・・・?

 

 



 

 


(たんたんと・・)

     たんたんと・・・
★ーーーーーーーーーーーーーーー★


六本木に向かう電車の中で、例によって「優先席」に陣取った私。

とある駅で隣の方が席を立って降りられた。
そして、入れ替わりに泳ぐように真っ先に大急ぎで

乗り込んできた80過ぎとおぼしきおじいちゃん。

両肘を「く」の字に広げて幅を確保しながら飛び込んでくるなり、
「おっおっ!」と、大きなジェスチャーで私の隣の空いた席を

指さして、後ろから乗ってきたおばあさんに大きな声で指図をし、

自分も丁度空いた向かいの席によろよろしながら慌てて座った。

あ~、これで一安心!おばあさんも座れたし・・という

安心顔がやさしい。

おばあさんは、私の隣でもの静かに、たんたんと座っている

・・・。


そして私が降りる駅が来た時、想像してみた・・・。

「きっとあのおじいさん、私が立ったら奥さんの隣に席を

移動してくるぞ!」・・と。


ひゃ!  お見事!!あたった!

         f:id:retoto:20170425215747j:image

降りる瞬間にふと見返ると、ほ~らね!  

あったり~~~!!!

おじいさんが自分の席から立ち上がり、混んだ人ごみを分けて、

おばあさんの隣の席(今まで私が座っていた席)へ突進し、

よろよろしながら腰を下ろすところだった! ('◇')ゞ

だって、

次の駅が終点なんだから、一駅位別々でもいいじゃな~い?!

と思いながらも、「たんたん」と前を向いたままの

冷静なおばあさんと、

そのおばあさんを愛してやまないおじいさんの

威張った指図の滑稽さに、思わず頬を緩めながら降り立ったことだった。

大事な大事な奥さんなんですね!  (^O^)/

何とも良い風景。

 

 


のぞき見(ミタさん)

 

覗き読み・・・これこれ・・

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★
f:id:retoto:20170417185753j:image

今日はバレンタインディ。


向かいに座ったかわいこちゃんが、にこにこしながら夢中でメールを打っている。
カレシとデイトの連絡かな・・・?


バッグの中には、手作りチョコレートが入っていたりして・・・。(^o^)丿


隣にすわったおばちゃま、何でそんなに気になるのか、のけぞりながら

盛んにメールの文字を読もうと覗き込んでいる目が笑えちゃう・・・。

これこれ・・・。


本当は自分の孫に言いたいこと

この季節、受験で日夜頑張っている学生たちの姿や、それを見守る家族の方々の気使いがそこここに・・・。


我が家も無事済んでほっとした時間を取り戻したところ。
そんな時、いつも思い出す車中の風景がある。

3年ほど前のこの季節。
バリッと真新しい制服姿の初々しい高校生が隣に座り、慣れない電車通学に緊張した面持ち。


いいなぁ!いいなぁ!こんな紅顔の少年時代は長くは続かないのだから、精一杯三年間の高校生活を楽しんでね。
どんなお友達が出来るかなぁ・・。可愛いこちゃんとの素敵な出会いもきっとあるよ!
ご家族もさぞお喜びのことでしょう! ほんと!良かったね!
きらきらしたほっぺに、まだ中学生の面影を残している少年を眩しく見ていた。

その隣の60がらみの太ったおばさんも、ちろりちろりとその新高校生を見ている。


そして、ついに話かけた。

 


あんた、勉強しなかったんでしょう!?」

 

ん?・・・何を言い始めたのかしら・・・?

この「僕」のおばあさんでもなさそうだし・・・?

 

「だからこんな高校しか受からなかったんだよね」


な・何を言い出すの?

 
私はびっくりして飛び上がりそうになった!


はっとした少年は自分に話かけたのだと知り、顔を紅潮させて下を向く・・・。


なおもおばさんの毒舌が続く。


「あんた、人生頑張らなきゃいけないこともあるんだよぉ!これから生きていくのに、努力することも大事!それを怠けていたからこんな制服を着るはめになるんだから!」


人生訓をとうとうと垂れるおばさんと、首をうな垂れ、真っ赤になっている少年・・・。
もう、いたたまれない雰囲気になった時、最後にこう付け加えた!


「ごめんよ、実はおばさんの孫もあんたと同じ高校に通っているんだよ・・・。だからついつい悪いことを言ってしまったね。本当は自分の孫に言いたいことをあんたに言っちゃってさ。」

もう!

ふぅ~~~!!!

 

 

 

 

 


あめちゃんおばあちゃん

六本木会へと向かう車中。

久しぶりに「車中の人」 になって、さ~ていつもの「ウォッチング」を始めようと周囲に目を泳がす・・・。

残念、それらしきお方が見当たらない。

 

・・と、ある駅に着いて扉が開いたとたん、がやがやと数人の塊が押し合い圧し合いで乗りこんできた。

わやわや、数個空いていた席をめがけて右往左往・・・。

そのあまりの勢いに、座っていた人が立ち上がってそっと別の車両へ移ったぞ・・・。

 

はぁ・・・。

座るべき人が全部座ったとみるや、目の前のおばあさんが、リュックのポケットをまさぐって何かをわっしと取り出した。

そして、前かがみになりながら、手一杯にこぼれそうなほどの何かを付きだしながら向かいの座席の私達の方にやってくる・・・。

そして、私の隣の女性に「ほれ!」かなにか良いながら差し出した。

その女性がけらけら笑いながら受け取ったのが、「飴」一粒。

次は私・・・! か・・?

と身がまえて、「あ・・、結構ですぅ」かなんか言おうとしたら・・・!

違った!

私を通り越して、左隣のお爺さんに飴を一粒・・・。

みんな、けらけら笑いながら受け取っている。

f:id:retoto:20171212232148j:plain

(飴印を付けた方たちが「飴一味」(?)だったようだ)

 

そうか・・、これが噂に聞く「あめちゃんおばあさん」なのか・・・? (^O^)/

 

関西で出没するらしい「あめちゃん」を初めて目にしたことだった。

 

あやうく、私も手を差し出すところだったぞ。 ふぅ

 

 ふふふ、たかが飴・・「されど飴・・・」、笑っちゃいました。
いえね・・、わらわらと乗ってきた人達が「飴ちゃん一団」だと分かっていたらショックが少なかったのね・・・。
でも、「ほれ!ほれ!」と皆にばらまくのかと思っていたのに私だけ「スカ」はちょっとズッコケでしたよん! ( *´艸`)
この絵の私の後ろ姿の「哀愁」を共有してくださいますぅ~?!!


「たかが飴」されど「飴」!!! (≧▽≦)

 

 

 

 

 



読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について