目次
この本は、東京を走る電車の中の楽しい人間模様を書き留めたものです。
赤福!
ちょうちんブルマー
順番こ
のぞき見(ミタさん)
(トリコットのドレス)
 (ウォッチ君のウォッチ))
(明朝の眉が心配・・・)
(帽子の被り方)
(たんたんと・・)
(銀座線で・・)
紬着物地の利用法
日暮里繊維問屋街というところ
笏を持ったお内裏様・・?
がんばれ!にっぽん! 「ロンドン五輪選手のエンブレム」
ミサンガ
マンタのマント
ピコットちゃん
ふくらはぎ
キューピー体型
スカーフ
ほっこりする風景
冷え冷えタオルの賞味時間
かなしき「デブリン部隊」
美しき「優先席」のひと
銀座線の人
近頃の「手袋事情」
一口コント!
一本の白髪で・・
サマーヤーン
鳩杖
円形・・・
紙の使い方
「謎」のセリフ
スカイツリーと夫婦の有り方
バイヤスのボタンホール
つけまつげ
魔法の液体
ぱか~ん!
ブランドおばあさま
自分のことを一番知らないのは自分
ミスマッチ?
ロココ婦人
お歳頃の心得
しまぶくろ・・・?
「優先席」のA・B・Cさん
ピン一本で・・・
入れ歯遊び
伊達男
色男の困惑
車中ウォッチング(携帯編)
衣替えの季節
人はみかけに・・・
ルーズソックス
体操おばさん
若い男性
クリスマスバージョン
化粧
逆ウォッチング
はな〇〇
おばさんの会話
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

49 / 62ページ

伊達男

日暮里探検隊出動の電車の中・・・で、例によって30分はウォッチング時間。


さて・・と周囲を見回すと、直感で「あ、この人」と思える人が必ず見つかるのがうれしい。

今日は久しぶりに男性。斜め前に座っている55・6才の・・・。


丁度いい具合の混みよう。
例によって、景色を見るような遠い目で前を見ながらの観察はスリルがある!

洒落た茶色の半そでシャツにボタンダウンの襟。
一糸乱れずオールバックに固めた髪は、歳からするとしっかりある方だろう・・・。
ちょっとのっぺりした伊達男風のお顔に、縁なし眼鏡がキラリ・・!
ずず〜いと下の方に視線を落とすと、白地にグレーの細かいタータンチェックのズボンの裾は夏服なのに「ダブル」!
その、多分ウールのウールたる欠点である「自分で洗濯できない素材」を無視したかのような風情がみて取れる。


つまり、自分で洗濯すると、どんなにしっかりアイロンを掛けても、どこかバリ!と仕上がらないものだ。
折角、今時稀な「裾ダブル」なんだから、バリっとクリーニングに出しましょうよ・・・。
夏に「極薄のウール」を履く心意気は認めます! !(^^)!

 

お、扇子を取り出した!
男子が扇子・・!やりますねぇ・・・。
ばっ!と広げた大き目の扇子の模様が、「さ〜すがぁ!伊達男!」


つまり、同じ幅の三色の半円がすっきりくっきり描かれていて、一番上がシャツの色と同色! 
真ん中が白で、一番下がズボンと同じ渋いグレー・・・。
それを、「しゃっ!」という手つきで広げ、さささささと扇いで、しゅっ!としまう。
その手品師のような手さばきもさすがのもの。
何をやっても「伊達男ぉぉぉ〜!」状態。

 

暫く扇子の手品を拝見していたら、退屈してきたのか、あくびを・・・。
おぉ!?と見ていると、小さな薄目の上品な口元が開き、 わぉ! 両口端を思いっきり上にあげ、盛大な盛大なあくびをぉぉぉ!
全体の「伊達男」イメージとは程遠い大胆さ、覗いた上の門歯が可愛かったぞ!

 

私って、完成されたイメージが少し「ホコロブ」のを見るのが好き。
だから、「伊達男のあくびと可愛い門歯」はとても楽しかった!!  (^_-)-☆

 


色男の困惑

暑い夏の横須賀線。
ある駅から乗ってきたカップル二人が前の席に座った。
まず目に付いたのが、男性の靴。
蛇皮で覆った甲の部分が「キザ」!
その目線を上に持っていくと、サングラスで目は見えないがなかなかの美男子。   45がらみ?


ちょっと小太りが「難」だけれど、口角がちょっと上がった口元を摺り寄せて彼女の耳元で何かをささやいている。


女性も嬉しそうに目を見つめあったりしていたが、暫くしてふと気が付くと、何やら雲行きがあやしい会話に発展しているような気配。


口を尖らした女性(35くらい?)の台詞が断片的に聞こえてくる・・・。
「だってさ〜!この間だって私のことを・・・・・・・どうしたこうした・・・」
「会社で○○子さんとばっかり仲良く話しをしていたから、

私が邪魔なのかと思って席を外したのよぉ・・・・・・どうしたこうした・・」

 

女性の声がだんだん大きくなって今にも何かを喚きそうになった時、

蛇皮君が薄い唇に手をあてて、「し〜〜〜っ!」とささやいて、きょろりと周囲を見回す。


そして、優しそうな仕草で彼女の茶色く染めた髪を撫で撫でして気持ちを落ち着かせ、そっと肩を抱き寄せる。
それでも口を尖らしてぶつぶつ言いう彼女の唇に「ちゅっ!ちゅっ!」  
髪の毛を「いいこいいこ」・・・・。


さすがの彼女も、そうまでされたらすっかり高ぶった気持ちも萎えたらしく、今度は男性の腕にしっかと抱きつき、肩に頭をのっけて目をつぶる。
年齢がにじみ出ている二重顎が茶髪の下で見え隠れ・・・。
そのままじ〜〜〜〜〜〜っとしがみついて動かなくなった彼女を肩にしたまま、男性の所在なさそうな様子が可笑しい。


最初、自由が利く方の手の指でピアノを弾く仕草をしていたが、

それでも寝た(ふり!)彼女はしがみついたまま微動だにしない。


仕方なく、彼女の茶髪を撫でたり、ぐしゃぐしゃにかき回したりし、

それでも起きない・・・・となると、今度は「貧乏揺すり」を始めた。


「蛇皮」の靴を強くトントンと踏んだり、足を組んだり・・・・。
でも寝た(ふり)ままの二重顎(ごめんなさい)の女性。

 

絶対あんなに大げさな「貧乏揺すり」をされたら、普通なら起きるに決まっているのに、

催眠術に掛ったように微動だにしない女性は、ますます体重を預けてきて、

まるで抱擁のような姿勢にまでだらしなく寄りかかっている。
見ると、男性は「ピアノ」の手や「貧乏揺すり」で何とか時間を潰してはいるが、

「えい!」と押し戻すような行動は決してしない・・というところがさすが「色男」!

 

とうとう東京駅に着き、私達は降りなければ・・・。
ホームに降りてからもちょっと気になって振り返ってみたら、

男性がすっくと席を立ち、

女性が振り乱した茶髪のまま呆然と見上げているのが窓越しに見え、

照明のほの明るい電車がするすると視界からいなくなった・・。

 

彼の我慢も「東京駅」までだったのだろう。
男女のしがらみの、何と複雑なこと・・・。
二人は同じ職場のようだったが、オアトがどうなるのかは蛇皮君の力量で・・・・。


隣にいる私の家人が「見た目はナンだけど、こんな人柄」でよかった・・・・!と、つくづく思いながら帰途に着いたことだった。


車中ウォッチング(携帯編)

        f:id:retoto:20120818223549j:image  


お出かけの帰りの車中で、トイメンに座っていた外人・・・。
ハンマー投げの室伏さんのような髭がちょっといかつい。



目が圧倒的に大きい事と、二重が正にくっきりと二本平行にくびれていることと、白目の部分が真っ白なことに感動しながら、見るともなく見ていたら、・・・、あら! びりりり・・と携帯呼び出し音が・・。
黒い鞄をまさぐって取り出した携帯を開くと、「あ、もしもし・・、はいそうです。・・・あの、その件につきまして」などと綺麗な日本語でおしゃべりし始めたと思ったら、つい!と席を立ち、携帯を手で覆いながら腰を低くして乗降口に行き、「今電車の中ですので、後でこちらからかけ直します、ちょっとお待ちください」と、それはそれは綺麗な日本語でおしゃべり。



自分の席に着いたと思ったら、・・・・、ん?・・・トイメンの一番端に座っている私の傍の「消火器」近辺をきょろきょろしながら見ている。
大きな身体を、上下、左右に揺らしながら、真剣に何か探している。



え〜〜?!!
消火器に、何でそんなに気を取られているんだろう・・・。
先ほどの携帯のおしゃべりといい、マナーといい、乗車口に行く時に鞄を座席に置きっぽなしだったとこといい、日本に長く住んでいる方とお見受けするのに、「消火器」が何でそんなに珍しいのかしら・・・。



・・・、と・・・!!!
その二重目さんが、腰を浮かせたと思うと、トイメンの私の隣の席(空いていた)に引っ越しをして来たではあ〜りませんか!!


な・な・・なんと!!!


勿論、私は客観的には「澄ました顔」で座っていたが、神経は左隣の「新規引っ越し人」の動作の一挙手一頭足(あれ?この字でいいのかな?)にびりびり・・・。


何やら、屈みこんで「消火器」周辺を前にも増して真剣に探りを入れている・・・!  (*_*;


そして!  例の携帯電話を取り出すと、充電器を差し込んだではありませんかぁ〜!!  


な〜んだ!
消化器の周りには、そんな設備が付いていたのね・・・。



日本人でありながら、全然知らなかった!
あっぱれ! 二重目の外人さん!


衣替えの季節

信じられない速さで季節は逃げていく。
押入れはまだ「夏」バージョン・・・。何とかしなくては。

  • 先日の小旅行が丁度10月1日の衣替えの日だったので、車中ウォッチングは「衣替え」ネタでいこうと車中を見回すと、わ!素晴らしくぴったりこんのご老人を見つけた。

           

 

乗換え駅までの30分間をたっぷりとウォッチングさせていただく事に。
(^_-)

  • お洋服はしっかりと「秋色」にコーディネート。茶色に統一した色合わせはきっといろいろ考えた結果・・ね?。

でも、お帽子も素敵な茶色なのは良いけれど、パナマかな?しっかりと張った編み目の夏バージョン。そこだけすけすけで薄寒い感じ。
下に視線を移すと、ヘムの上げが目立つベージュのおズボン(パンツというにはちょっと抵抗がある?)から見えるお靴が、真っ白なズック。
一番上の帽子と一番下のお靴が「夏バージョン」・・という設定がいかにも衣替えの10月1日・・。

  • と・・・。

大きな袋から、何やら取り出した。
ハンカチ。薄紫のハンカチの一角を持つと、ハッシと振って、見事にバイヤスの対角線を作り、それを首に巻き始めた。
あごを持ち上げた時、見た・・・食い込んだ黒い顎紐を。
そうだよなぁ・・・。どうもおかしいと思ったんだぁ・・・。
だって、首の上にどこかから持ってきたようにくっきりたるんだ顎がのっかっているんだもの。


おまけに、さっきのハンカチを首に無理やり回し、顎の下で片結び。
やっとこさ結べる長さなので、小さな小さな結びが顎の下で窮屈そうに収まる。
きっと首周りが10月の空気を感じたのね・・・。 (^_-)-☆
でも、ますます顎と首の境目がくっきりと・・・。いやん

 

彼女一人だけで、10月1日の空気と心の動きと行事の全てが完結。


絵が下手でごめんなさいね、おばあさん・・・。(>_<)


人はみかけに・・・

電車がある駅に到着すると、わいわいと人の波が吸い込まれてくる。
昼下がり、買い物帰りの人だろうか三々五々それなりの位置へ・・・。
私の隣に座った二人連れ。
男性はW杯の審判長のようなおつむ。それに、白地にグリーンの民族柄の長目のシャツ姿。
女性は・・紫色の華やかなシャツに白いパンツ。
頃は45歳前後?


透けるつばのある帽子の女性。お二人とも黒々としたサングラス。
そう・・・。ここまで書けばお察しのように、どうみても「○○組」に所属しているあねさんとだんな風。
なにやら楽しそうに会話が途切れない。

と・・。ある駅に近づくと、審判長がツと立ち上がり、手を差し伸べた。
きらり光る白い歯。やさしさと愛しさを瞳にほのともして、「さぁ・・」と右手を差し出して促す。
見ると、反対の手に涼しげな可愛いバッグを下げている。しかも、紫のスカーフがひらり結んであるもの・・・。
うれしそうに差し出された手につかまり、「よっこらしょ!」と立ち上がる紫おばさん。
私より素晴らしい(?)体躯
ころころと審判長の手につかまりながらホームに消えて行った。

手を差し出した時の審判長の微笑みと、愛溢れるまなざし・・・。(あ、この時はサングラスを取っていたのね)
それに呼応して、うれしさを巨体に滲み出しながら付いていった紫おばさん。

いいなぁ・・・いいなぁ・・・。
最初の「おわっ」という姿勢が、自分で恥ずかしくなったことでした。

人は見掛けで決めてはいけないのね・・。



読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について