目次
この本は、東京を走る電車の中の楽しい人間模様を書き留めたものです。
ちょうちんブルマー
順番こ
のぞき見(ミタさん)
(トリコットのドレス)
 (ウォッチ君のウォッチ))
(明朝の眉が心配・・・)
(帽子の被り方)
(たんたんと・・)
(銀座線で・・)
紬着物地の利用法
日暮里繊維問屋街というところ
笏を持ったお内裏様・・?
がんばれ!にっぽん! 「ロンドン五輪選手のエンブレム」
ミサンガ
マンタのマント
ピコットちゃん
ふくらはぎ
キューピー体型
スカーフ
ほっこりする風景
冷え冷えタオルの賞味時間
かなしき「デブリン部隊」
美しき「優先席」のひと
銀座線の人
近頃の「手袋事情」
一口コント!
一本の白髪で・・
サマーヤーン
鳩杖
円形・・・
紙の使い方
「謎」のセリフ
スカイツリーと夫婦の有り方
バイヤスのボタンホール
つけまつげ
魔法の液体
ぱか~ん!
ブランドおばあさま
自分のことを一番知らないのは自分
ミスマッチ?
ロココ婦人
お歳頃の心得
しまぶくろ・・・?
「優先席」のA・B・Cさん
ピン一本で・・・
入れ歯遊び
伊達男
色男の困惑
車中ウォッチング(携帯編)
衣替えの季節
人はみかけに・・・
ルーズソックス
体操おばさん
若い男性
クリスマスバージョン
化粧
逆ウォッチング
はな〇〇
おばさんの会話
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 61ページ

スカーフ

            (スカーフ)
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★


恒例の「古嫁会」(義妹を囲む嫁軍団)の為、車中の人になった。

ふと見ると、
目の前に座った可愛い女性のスカーフがとっても素敵だった。


ふんわりもこもこした大判のスカーフを、さりげなく首に巻き付けた

だけなのだが、それだけで華やいだ雰囲気が漂う。


お召しの服は何の変哲もない黒い上下。


f:id:retoto:20170429231810j:image

膝に乗せた、大きな豹柄のバッグがインパクトを添える。


可愛らしい瞳の女性で、同性の私でさえ思わず見惚れてしまう。

こんな美しい瞳に、一時間だけでも良いからなってみたい・・

などと叶わぬ願望と羨望で見るともなく見ていた。


・・と、豹のバッグから、携帯を取り出した。
何と、それも「モノトーンの豹柄」!!!

余程「豹柄」がお好きと見える・・・。



それにしても、大判のスカーフをこんなお洒落に身に付けてみたいものよのぉ・・・。
それには、もう3cm首が長くないと・・・。

ふぅ・・・。

 

 

 

 


ほっこりする風景

         ほっこり
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

さて、今回の「車中ウォッチング」は、【優先席】の話。

f:id:retoto:20140126145620j:image


日比谷東横線のとある駅で乗り込んできたカップル。


30後半から40前半かな・・?という年恰好のふたり。

優先席に陣取っている私の前の席に、その女性をいざなって座らせる

ちょっと魅力的な男性。


あれ・・?優先席なのにそんなお若い方が座って良いのかな・・?

と廻りを見渡すと、充分資格があるような方(つまり、よぼよぼさん)

もそこここにいらっしゃる・・・。


そこで気が付いた。

もしかして、「あかちゃん」が・・・?????
高齢出産ならこのお歳でも有り得る・・・。

お化粧っけはないけど美しい顔立ちの女性が、座ったまま上目使いで

男性に話しかけている姿が何だか素敵・・・。
その話を聞こうと少し腰を落としている男性の姿も素敵!

ジャケットの腰のスリット部分から、しわくちゃな白いシャツが

飛び出しているのも何だか素敵!!
ウェストポーチも今風で素敵!


・・・と、ある駅で彼女の隣の優先席が空いた。
すかさず、その「素敵彼」がするりと座った・・・。


あれぇ~~??


ま、周辺がカラリと空いてしまって誰も居なくなったのだから、

別にいいんだけどぉ~~!  (^^ゞ


彼も座ったということは、別に彼女が「お目出度」では

無かったのかもしれないわ・・。

な~んだ・・、「高齢出産の奥さん」を庇ってあのように

颯爽と優先席を確保しようと画策したんじゃなかったのね・・?


勝手に今流行の「高齢初産」のストーリーを頭に描いていた

自分が可笑しかった!!  (~_~;)

・・・・ところが!

ある駅で降りる二人の姿・・、彼女が、席から立ち上がる時に見せた仕草・・・。
守る様にお腹に添えた手・・・。

その彼女を優しくサポートする彼。

わ、やっぱり「あかちゃん」が居たんだわ!  (^O^)/


ひとりで頬が緩んでしまった瞬間。

可愛いあかちゃんが無事生まれますように・・と、窓越しに見える

ホームの素敵なお二人に暖かいエールを送ったことだった。




.


冷え冷えタオルの賞味時間

          冷却タオル
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

先日の車中・・・。
暑くてうだりそうな外気、電車の中に入ると「うぅ~! 生き返る!!」

心境。


ふと、前に座ったおじさんの首に目が行く・・・。


あぁっ、 「あれ」だぁ・・・!  (+_+);

綺麗なコバルトブルーの「水につけて絞るだけで冷たい冷却タオルに」

(仮名)を首に巻いて、涼しそうな顔で座っていらっしゃる・・。


実はこれ、私も買ったのだぁぁぁ~!
そして、語るも涙の経験をしたのだった・・・。

f:id:retoto:20120820214039j:image





ある日、ラジオを聞きながらミシンの前で仕事をしていたら、

 

「今日は、アノ!ナサで研究された、水につけるだけで冷た~いタオルに

変身する、魔法のようなタオルをご紹介します・・・」という

「ラジオショッピング」の女性の声に、ふと、耳がピクリとなった!


実はこの間、わんこのルリちゃんのお散歩用に、同じような

「水に浸してから着用すると何時までも冷たさが持続する・・」

というワンコ用のベストを買ったばかりだった・・・。


それが・・・!!!  何と、宅急便代を入れて5000円弱の

大枚をはたいて楽天から買ったのに・・・、わ!! 

水に浸すと、いくら絞っても「どすん」!!と重くなってしまい、

裏は水が漏れない様にしっかりとビニールコーティング・・・。


ルリちゃんに着せたら、まるでフェンシングの人か中世の鎧の騎士

みたいな格好になり、玄関で固まって一歩も動かない・・。(-_-;)




そんな失敗の折の、ラジオショッピングのこの魅力的な「冷却タオル」?

ときたもんだ!!!
そうだ!
この魔法のタオルで  ちゃ!ちゃ!っとルリちゃんのお散歩用

冷え冷え洋服を縫ってあげよう!!!

何て素敵なタイミング!  (^O^)/
何て素敵な私の発想!!  ルン!



そこで私、早速ラジオ局に電話をした!!!  意気揚々と・・・。


「お買い上げありがとうございます!

 この商品は、【二個買うと宅急便代が一個分ゼロになりますが、

二個お買い上げは如何でしょうか】」と可愛い受付け嬢の声。


そうさな・・・、ルリ洋服を二枚作ってあげても良いんじゃない?


ほ~ら、早速お誘いに載ってしまうわたくしめ。
「は~い、では、二個お願いし~す」・・・・=^_^=



その後何が起こったと思いますぅ~??!!!



数日後、待ちに待った宅急便が届き、   わお!   

開けてびっくり玉手箱!!!
一枚ずつ二枚届くと思っていた私の目に、大きな箱が二つもどどん!!と。


しかも!しかも!
一箱の中に、こんな ↓ 大袈裟なハードな筒に入ったタオルが5つ!!! 

ぎっしりと詰まっていた!!
それが二箱、つまり、がぽがぽのハードな筒が10個・・・!!!!!!


         f:id:retoto:20120820214037j:image



わお!
どうしよう・・・。
聞いてないよぉ~!!  (私が聴いていなかっただけかもしれない・・)

私の脳内では、一個に付、小き目な湯上りタオルが一個分・・

だと思い込んでいたのだ・・・!



でも、ま、仕方ない・・・。
5個入った一箱は二階にプレゼントしましょう!!  

それで解決しよう!!



と思った私がバカでした!



二階の息子一家にもと意気揚々と持って行くと、「ありがとう! 

でも、これ、幾らで買いました? 

これと同じようなのが、○百円の均一コーナーで売っていますよぉ!!」
だと!!!!


・・・・(-_-;)  がく!


でも、そういうのとは品質が違うんじゃない?
だって、この一箱で3000円以上するものなんだから・・・

と脳内で反論の私。



その自信が完璧に裏切られたのはその直ぐ後だった・・・。



五個のケースの中から、可愛いピンクを選んで、さぁ、ルリちゃんの

「冷え冷え洋服」を・・・と張り切って裁断し、縫って着せました・・・。


その時点では、特殊な液で柔らかくしなやかなタオル状の生地だった。
のに、まさか!まさか!その後思いも寄らない事が起こるとは!!!


水に浸して、ルんルん気分でルリちゃんに着せました!
そして、先述のフェンシング防具もどきと違い、軽々、冷え冷えのこの服は

快適で、ルリちゃんも何の抵抗も無くお散歩に出かけました!



お散歩を終えて、脱がせた洋服をその辺においていたのを忘れて

気が付いた時にその服がどうなっていたと思いますぅ~!!!????


                 ↓

     f:id:retoto:20120820214038j:image





きゃぴ~~ん!!!
まるでスルメのヒラキ!!!



・・・・・・。

この生地は、二階のママに言わせると、常識的にそうなのだそうだ・・・。
知らぬは私ばかりなり・・・!

再び水に漬ければ元通りのしなやかなタオル生地になる・・・んだと!
知らなかったよぉ~~!!



でもまぁ、取り敢えずルリちゃんの「冷え冷え洋服」は一枚できたし、

私の首に巻く為に一枚使ったし、5個入りの1箱は二階に上げたし・・・、

あと三個はどう処分しよう・・・と思案投げ首していたところ、

ママが良い案を提供してくれた!!

【合宿小僧(孫1)のところに送って良いですか?、

頭を洗ったりした後に日常的に安いこのタオルを使っているようなので・・

友達にも上げて貰いましょう】

おぉ! そうして頂きましょう!
少しでも彼の役に立てるのなら、今回の大失敗も「自分を許す」

感じになるので・・・。  =^_^=


・・・・・で、二階のママが送る荷物の中に入れて送って貰った今日・・・! 
大きな肩の荷を下した感じ・・。
ふぅ・・・、ちかれたび・・・。 (+_+);




  ➡  f:id:retoto:20120820214039j:image

ところで、車中ウォッチングのおじさんの数時間後が心配な私。

首に巻いた「冷え冷えタオル」の賞味時間(?)が過ぎた時・・・、

おじさんの首には、べきべきの「スルメのヒラキ」が・・・。
(*_*;

ひぇ~~~!!!

怪談より怖い風景かも・・。  (+0+);



・・・と、私の失敗談でした!  ( *´艸`)





.


かなしき「デブリン部隊」

       かなしき「デブリン部隊
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★


恒例の「六本木会」に出席のため、車中の人になった私。

土曜日だということも有って、なかなかの混みよう。

勿論、「あわよくば・・」と【優先席】に突進したことは言うまでもない。

ところが・・・、老人たちがひしめく優先席区域の席に、若~い青年が

すまし顔で座ったまま。
その前には、私と、それに輪を掛けたドスコイさんが二人立ちふさがって

いるのが目に見えぬか・・・!!という迫力で吊革をぎこぎこさせながら

ぶら下がっている・・・のに・・・だ。  こわ!


f:id:retoto:20130701230043j:image

でもでも、この怪獣女たち(知らない同志)にも全然物怖じせず、

優雅な涼しい顔で鞄からサングラスを取り出して丁寧にウェットティッシュで

なぜなぜしたり、ツンツン髪をかさ上げする仕草を見せたりして、

そこだけそよ風が立つような風情・・・。


彼から見たら、自分よりはるかに体格が良いこのむんむん軍団を労わる

気持ちなんて100% ゼロだったのだろうなぁ・・。

「優先席」だと知っていても・・。


しかも、ぎんぎんに厚化粧して、イアリングをジャラジャラ下げて、

如何にも若ぶっている女になんて・・。
(あ、となりの人・・ね)

でも、歳は歳、膝がいたいのよぉ~~ん! 理解してぇ~!!  (+_+)


あまりにも色白でたおやかな仕草に、もしかして「女性・・」と思って

ブラウスのボタン穴の方向を見定めようと覗きこんだら・・・!  すご!
こんなシャツ、初めて見たぁ~!!
つまり、普通はボタンの穴かがりが男性なら左にある筈だけど、

彼のシャツは、右と左に、交互に穴かがりが空いていて、どちらでも有効・・・

という優れものだった!!


ま、汗まみれ軍団も、絶対に席を譲って貰えなさそうな成り行きに、

鼻息も少し冷静になったところで乗り換え駅に着いてしまった。


もしかして、若くても身体に不都合がある方だったかもしれないので、

勿論責める気はないが、サングラスのお掃除云々は別として、

「目に見えない苦痛」を抱えている方だと分かる方法はないものかしら・・

と、つくづく思ったことだった。






美しき「優先席」のひと

          美しき「優先席」のひと
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

さて、乗り換えた電車も勿論「優先席」を狙って・・・。
始発駅だったので座れてほっとし、六本木まではゆっくり・・・と思いながら 

ふと前の席を見ると、あややや・・、このむさくるしい電車の空気が

そこだけ「さらりん~~♪」と清々しい風景に・・。


きりりと白い半襟を程よく覗かせて、シャリ感のある一重の着物に身を包んだ

清楚な若い女性が座っていた。
20台前半・・・?
しっかり白足袋の足を揃えて、うつむき加減の色白の頬が美しい。


髪をきっちり一本の後れ毛も見逃さずに見事に結い上げた風情は、

もはや素人の域を出ている。

おじい・おばあさん達の間で光っている彼女が何で「優先席」・・・?


良く見れば、薄いグレー地に白い大きな格子の着物に締めている帯が凄い!
何と、純白のレースのひらひらで出来ている・・・。
その帯の中心で輝いている「ヒスイ」の爽やかな大きなグリーンの帯留め。

もう・・・、何もかも「普通」じゃない!!!

あれ、気が付かなかったけど、左胸には、クリーム色の大きな薔薇の

コサージュが・・・。
きっと、帯締めの翡翠の色と合わせて、一層の華やぎを表現したのでしょうね。



ほんと、なんなのぉ~  このお方はぁ・・・。


薄化粧の輝くような若さにこのイデタチ・・・・!
う~ん、タダモノではないぞ!!


そして、最後に発見したものにまた仰天したものだ!!  (*_*;

f:id:retoto:20130702230619j:image



先ほどの電車の中で思った「優先席での自己主張」を、完璧に実現していた!!!!

【お腹に あかちゃんがいます】 と描いたプレートを下げていたのだ!!!


これで堂々と「優先席」の住人で過ごせることになる・・・。


凄い!


ある駅で降りる彼女の立ち姿をみたら、お腹はほんのりふっくらしていて、

そこへふわりと締めた純白のふりふりレースの帯が、これまた可愛く

【短めの舞妓帯」に垂らしてあった・・・。

ふぅ・・・、こりゃ参った!
完璧。
でも、後ろ襟の抜き加減からすると、やっぱり「素人」ではないと直感した。

(そんなのどうでも良いけど)(~_~;)



さ~て、そこからがまた面白かった!!

彼女の向かいの席・・、つまり私の隣に座っていたおじいさん・・・、

彼女が降り立ったとたんに、大急ぎで彼女が座っていた席にお引越し!!!

きっと、わたしと同じ気持ちでぼ~~~っと憧れの目で見つめていたと思われ・・・。
その席の「ぬくもり」を独り占めしたかったのだと確信する。
だって、その素早さときたら・・・!  ^m^
誰にも渡すものか・・、この残り香を・・・、という勢い!   
しっかり座った後の、「むふふ」という満足げな表情を見落さなかったぞ~!!  (^_-)-☆



とうに70歳は過ぎているだろうおじいさんでも、やっぱり感じるのね!

この美しさを・・・。




読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について