目次
この本は、東京を走る電車の中の楽しい人間模様を書き留めたものです。
どっちが男性?女性?
たゆたゆ 
(たんたんと・・)
のぞき見(ミタさん)
本当は自分の孫に言いたいこと
あめちゃんおばあちゃん
キューピー体型
たてむすび
素敵な瞬間を見た!
私が着たら・・・!
(トリコットのドレス)
 (ウォッチ君のウォッチ))
(明朝の眉が心配・・・)
冷え冷えタオルの賞味時間
(帽子の被り方)
(銀座線で・・)
紬着物地の利用法
日暮里繊維問屋街というところ
笏を持ったお内裏様・・?
がんばれ!にっぽん! 「ロンドン五輪選手のエンブレム」
一口コント!
秋葉原の「メイドさん遊び」?
ミサンガ
マンタのマント
ピコットちゃん
ふくらはぎ
スカーフ
車中ウォッチング(ブランドもどき)
ほっこりする風景
かなしき「デブリン部隊」
美しき「優先席」のひと
銀座線の人
ブランドおばあさま
近頃の「手袋事情」
一本の白髪で・・
サマーヤーン
鳩杖
ロココ婦人
円形・・・
紙の使い方
「謎」のセリフ
スカイツリーと夫婦の有り方
バイヤスのボタンホール
つけまつげ
魔法の液体
ぱか~ん!
自分のことを一番知らないのは自分
ミスマッチ?
お歳頃の心得
しまぶくろ・・・?
「優先席」のA・B・Cさん
ピン一本で・・・
入れ歯遊び
伊達男
色男の困惑
車中ウォッチング(携帯編)
衣替えの季節
人はみかけに・・・
ルーズソックス
体操おばさん
若い男性
クリスマスバージョン
化粧
逆ウォッチング
はな〇〇
おばさんの会話
赤福!
順番こ
ちょうちんブルマー
★ ありがとう、おばあちゃん ★
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

32 / 72ページ

美しき「優先席」のひと

          美しき「優先席」のひと
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

さて、乗り換えた電車も勿論「優先席」を狙って・・・。
始発駅だったので座れてほっとし、六本木まではゆっくり・・・と思いながら 

ふと前の席を見ると、あややや・・、このむさくるしい電車の空気が

そこだけ「さらりん~~♪」と清々しい風景に・・。


きりりと白い半襟を程よく覗かせて、シャリ感のある一重の着物に身を包んだ

清楚な若い女性が座っていた。
20台前半・・・?
しっかり白足袋の足を揃えて、うつむき加減の色白の頬が美しい。


髪をきっちり一本の後れ毛も見逃さずに見事に結い上げた風情は、

もはや素人の域を出ている。

おじい・おばあさん達の間で光っている彼女が何で「優先席」・・・?


良く見れば、薄いグレー地に白い大きな格子の着物に締めている帯が凄い!
何と、純白のレースのひらひらで出来ている・・・。
その帯の中心で輝いている「ヒスイ」の爽やかな大きなグリーンの帯留め。

もう・・・、何もかも「普通」じゃない!!!

あれ、気が付かなかったけど、左胸には、クリーム色の大きな薔薇の

コサージュが・・・。
きっと、帯締めの翡翠の色と合わせて、一層の華やぎを表現したのでしょうね。



ほんと、なんなのぉ~  このお方はぁ・・・。


薄化粧の輝くような若さにこのイデタチ・・・・!
う~ん、タダモノではないぞ!!


そして、最後に発見したものにまた仰天したものだ!!  (*_*;

f:id:retoto:20130702230619j:image



先ほどの電車の中で思った「優先席での自己主張」を、完璧に実現していた!!!!

【お腹に あかちゃんがいます】 と描いたプレートを下げていたのだ!!!


これで堂々と「優先席」の住人で過ごせることになる・・・。


凄い!


ある駅で降りる彼女の立ち姿をみたら、お腹はほんのりふっくらしていて、

そこへふわりと締めた純白のふりふりレースの帯が、これまた可愛く

【短めの舞妓帯」に垂らしてあった・・・。

ふぅ・・・、こりゃ参った!
完璧。
でも、後ろ襟の抜き加減からすると、やっぱり「素人」ではないと直感した。

(そんなのどうでも良いけど)(~_~;)



さ~て、そこからがまた面白かった!!

彼女の向かいの席・・、つまり私の隣に座っていたおじいさん・・・、

彼女が降り立ったとたんに、大急ぎで彼女が座っていた席にお引越し!!!

きっと、わたしと同じ気持ちでぼ~~~っと憧れの目で見つめていたと思われ・・・。
その席の「ぬくもり」を独り占めしたかったのだと確信する。
だって、その素早さときたら・・・!  ^m^
誰にも渡すものか・・、この残り香を・・・、という勢い!   
しっかり座った後の、「むふふ」という満足げな表情を見落さなかったぞ~!!  (^_-)-☆



とうに70歳は過ぎているだろうおじいさんでも、やっぱり感じるのね!

この美しさを・・・。



銀座線の人

         銀座線のひと
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

              
      f:id:retoto:20170425221305j:image
昨日に続き、「銀座線の女(ひと)」を描いてみた。


紫・華紺・黄色・ブルー・・・いろいろな色が大胆に描きこまれた生地の

ツーピースをお召しのひと。

こんな目も覚めるような色をごった煮にしたようなインパクトのある

生地で仕立てた洋服でも、それを下品にならない身のこなしで

存在感を引き立てている。


だけど・・・、ゆるく首に纏ったスカーフも同系色の柄物・・・

ってのはちょっと頂けないなぁ・・。



しかも!しかも!よく見ると、手に持つ高級な皮仕立てのバッグの

蓋以外のところに、またまた紫とブルーと黄色の咲き乱れている花が

描きこまれている!!!!!  (*_*;


もしもし・・・。


このツーピースだけだったら、大胆だけれど着こなしで

他の追随を許さない程のインパクトで引き立って美しいと思う。


でもでも、ふわりと巻かれたスカーフは、無い方が好きだけど、

もしどうしても・・とお思いならば、無地で引き締めた方が

よりすっきり素敵だと思う。



そして・・・、バッグ!


とても裕福なお方・・というオーラが放たれている方なので、

きっと「紺」か「紫」「白」等の無地のバッグをお持ちの筈。
そんなスッキリ感を演出した方が洋服の柄が引き立つと思うんですけど・・・。


視線を下に降ろすと、靴まで洋服の柄の一つ「真っ黄色」!
しかも、前だけ黒のコンビネーション!!!


その一つ一つは、初夏の空気を鋭く煌めかせる実にイキイキとして

素敵なものなのだけど、それの三位合体となると、

これはもう・・・、本当に残念な結果になっていた・・・。



きっとお洋服のコーディネートをする時、

「あら、このバッグの色が同系色だわ!素敵!」

「あらら、スカーフもピッタリの色合いのものがあったわ!ラッキー」

と、ご自身はきっと、完璧!!の気分でウキウキの

「銀座線の女(ひと)」だった筈・・・。



う~ん・・・、でも、兎に角人目を引く程飛びぬけて

美しかったこともホント・・・。

もしかして、こんな着こなしも「アリ」なのかもね!  (~_~;)




ブランドおばあさま

       ブランドおばあさま
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

朝のラッシュが終った時間帯の電車の中。
駅に着く度に、ひときわ寒い今日の寒さを避けるように温かい車中に

転がるように入ってくる人たち。
立つ人もまばらなどこかのんびりした風景。
一渡り見回して、今日はウォッチングする種がなさそうだわ・・と

思っていたら、いらっさいました!!    うふ  (^_-)-☆


とある駅から乗ってきて、ささ!と斜め前の席に座った女性。
え・・・? と思わずもういちど彼女に目が泳いだ・・・。
何故かというと、温かそうな彼女のコートがとてもユニークなのだ・・・。
高級感あるグレーの無地はいいとして、信じられないような別布を

あちこちに配したコート。


グレーに「人のコブシ」ほどの大きな白いドット(水玉)を織り込んだ生地を、

アシンメトリーにあちこちの切り替えに挟み込み、

今まで見たことが無い斬新なシルエット。



そっとお顔の方に視線を移す・・・。

これまたびっくり、私を遠く越した感じの年齢のご婦人。
表現するには少し抵抗を感じる「肌つや」「形状」をモノトモセズ、

目の上は真っ青!口は真っ赤!眉は触覚!  一言でいうと、

一心不乱に一時間は鏡の前で頑張ったことを想像させる念の入りような

お化粧・・・。



それはそれで「ご苦労様でした・・・」という思いがあるのだが、

私が気になったのが、口をもぐもぐぐちゃぐちゃしている【ガム】!!!
噛む度に「ホウレイ線」がくっきり掘れ、周囲の頬の筋肉が大活躍している

のが手に取るように見て取れる・・・。

その、真っ赤に塗られた口で噛みまくったガムは、とうとう終点まで

噛んでいましたよ。
苦くなっていないのかしら・・・?
既に美味しい筈が無く、何のメリットもないのに、顔面の皺という皺を

披露するはめになっているのに気が付かないのね・・・。

f:id:retoto:20170419152619j:image


お洒落なお洒落な(奇抜ともいう)コートに、高価そうな(わからんちんな私

だけど、高級感漂っているから多分ブランド品?)小さめのエンジ色の

皮ボストンバッグ。
右手の皮の手袋を取ってバッグからハンカチを取り出した・・その指には!!

なんと、重そうな金の指輪が三本の指にギッシリ・・・、幾つ重なっている

のやら・・・、まるでこぼれ落ちそうな程の重量が見て取れる。
指は、真っ赤に燃えるような爪が綺麗に手当てされていて、お見事!
ハンカチで、沖縄の海のようなブルーに彩られた目を拭いてバッグに戻して

再度手袋をするが、例の指輪のボリュームが引っ掛かってなかなか指が

入らない・・・。




程なくしてまた手袋をごそごそと取りさり、またまたハンカチを取り出す・・・。
今度は口を横に曲げながら鼻の下を拭き、その手で何やら「手品師」のような

ことをやり始めた。


ん・・?ハンカチの隅を尖らしてしごいている・・、

あ、耳の穴に突っ込んだ!!   
ごしごしごし・・・。


片方が終ると、ハンカチの別の隅を探し出してそこを尖らせる魔術師を再開。
そして、反対側の耳も ごしごしごし・・・。
それを交互に数回・・・。


ごしごし行為一回ごとに目の前に突き出して、耳○を ぱっぱっぱっと

床下に落とす・・・。
爪の真紅が生き物のようにしなやかに宙を舞う・・・。


何も、こんなところでやらなくてもぉ~!   (+o+)



ほんっとにお洒落なコートをお召しだったから、不似合いな行動が

いやに気になった私だった・・・。


あ、いや、これを読んで、もし「あれ、私のことを書いた?」と

お思いの方がいらしたら、違います!
あなた様はそのような行為は断じてなさらないもっと素敵な方に

違いありませんから・・・。  (~_~;)


.



近頃の「手袋事情」

        ちかごろの「手袋事情」
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

いやはや、世の中びっくりすることだらけ。


f:id:retoto:20121214225748j:image



昨日の車中で見つけた「ポケット付手袋」。
指先がカットされていて、いかにも使い勝手はよさそうなのだけど、

手袋の「甲」の部分に、小さなポッケがついているのが不思議・・・。


手の甲を温かくするため・・?それとも、「スイカ」や「切符」を

収納して置く為・・・?と、いろいろ思いを巡らせたけど、

結局分からなかった。
若い男性が、何だか小さな「リュック」を背負っているようで、

ちょっと見微笑ましい・・・。


という話を、食事に行った折に孫(2)に話したら、わははわははと大笑い!
あれはポッケではなく、指を使わない時に、クルリと回して

指先を包む為に付いているんですって!おくさん!!  (~_~;)

若い男性が、あんな可愛いポッケ付の手袋をしているなんて、

なんて可愛いのだろうと思った私が悪かった・・・。



               f:id:retoto:20121214225747j:image

そして、ふと車中を見回すと、わ!こんな可愛い猫ちゃんの手袋が

目に入って来た。
ふわふわに編みこまれた真っ白な可愛い手袋。
高校生のお嬢さんが、首から両手に紐を回して、こんな可愛い手袋をしていた。


・・・でも、よく見ると・・・、何とまぁ・・、

親指を入れるところが下あごで、ばっか~ん!と真っ赤な大口が開く仕掛け。
まるで「お神楽」「お獅子」


笑わせて頂きました・・・。

きっと、「御神楽」さんに手を突っ込んで、ぱっかん!ぱっかん!と真っ赤な口を開けて楽しむのでしょうね。

ーー

などと、二階のお食事(およばれ)時に話題にしたら、孫娘が「うふふ、おばあちゃん、これも・・・」と笑いながら手を差し出した。

f:id:retoto:20121214225746j:image





あらぁ・・・、これは便利!!!
世の中、どんどん面白いことになっているのを実感!

わたしゃ、年を取ったものじゃわい・・・。





.


一本の白髪で・・

           一本の白髪で
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

     
        f:id:retoto:20170423225212j:image


日暮里に向かう電車の中で、前の席に清々しい女学生が座っていた。

お化粧っけもなく、何と清々しい二人だろう・・・。
二人は、こんな感じで顔を見合わせながら、静かに楽しそうにお話している。

右側のお嬢さんの横顔がとても神秘的で、輝く珊瑚のよう・・・。


わたしにもこんな時代があったのだわ(若さだけは)・・と見惚れていると、

画面右のピンクのぼかしお嬢さんがやおら例の「鏡」を取り出して

お化粧のショーを始めた。 (-"-)   ちっ!!

あまりにも目障りだったので、画像は「ぼかし」でしかえし・・・。(≧▽≦)

延々とお化粧をして別人28号になったところで、携帯をやり始めた。

・・・と、何が切っ掛けかは見落としたが、左の女学生二人が

何やらピンクと話しをしている。
お知り合いではなさそうだけど・・。

そして、ピンクぼかし嬢の髪の毛を引っ張って、

ぱらりと何かを探している様子。
・・・、あった!!
「白髪」の長~~~いのが一本!

ピンクが「抜いて頂戴」かなにか言ったらしく、

女学生がその白髪っを引っ張るも、そこは流石の白髪くん!、

抜かれてたまるか・・という風情でなかなか抜けない。

三人がかりでやっと抜けた長い白髪・・。


自分の分身を手にしたピンクは、白く輝く長く見事な白髪を

びょ~んと両手で伸ばし、しばしみとれていた。


さ~て、、この白髪をどのように始末するだろうか・・?

と興味津々でちら見している私。

数秒後、・・・

おっとぉ~!! やっぱり想像通り足元にそっと捨てやがった!!

(あ、お捨てになりました)(-"-)


あんなに20分も頑張ってお化粧したのに、

お隣の女学生の輝く肌に負けたピンク。

お二方!貴女方は、お化粧をしないでこのままの美しさを継続して下さいね・・

と願うばかり。


たは・・・、まるで自分に言い聞かせているような・・・。
私だって、こんな「皺の中にお化粧品を刷り込んで」いるような

今の自分が情けない・・・。

でも、これをしないと、もっと「おばけぇ~」状態なので仕方ない!
シミ・ソバカス・小じわ・・・等々を隠さないと(隠したつもり)人様の前には出れない自分・・・。

あ~あ、これでも昔は「さすがお肌が白いわね」と、新潟出身と言うと

必ずついてくる褒め言葉・・・ いや、お世辞を言われていた自分・・。

仕方ないのね・・・、年を取るということは、そういう事なんだから・・・。


ピンクの華やかなオーバー・丹念なお化粧20分・・・。
なのに・・、白髪一本で「人生の悲哀」を何倍にも感じさせてくれた

ピンクさんのドラマだった。








読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について