閉じる


<<最初から読む

16 / 45ページ

マンタのマント

         (マンタのマント)
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

コンサート帰りの電車の中。


ふと前の座席を見ると、面白いオーバーを着ている男性に目が留まった。

茶色の大胆なチェックの、何処かアジアン風なざっくり織りの生地で、

襟がだらしなく大きい。


その大きく開いた襟元には、木彫りの大きな数珠のようなネックレス。
その先の胸のあたりに、これまた大きな木の十字架・・・。


一心不乱に携帯を打っている。   
         f:id:retoto:20170502223048j:image

隣の黄色のジャンパーの女性が、微妙にその男性に寄りかかりながら

目を閉じている。
よく見ると、二人の左手薬指に細いマリッジリング。
あぁ、ご夫婦なのね・・・。
ある駅で連れ立って降りていったが、ホームを、海中のマンタのように

オーバーを翻して消えていった。  
          f:id:retoto:20081026092803j:image


う~ん・・、あのセンスは今どきの男のもの・・・?



ピコットちゃん

           ピコットちゃん     
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

f:id:retoto:20081026224759j:image


昨日の続き。
「この頃のおのこ」の第二弾!


マンタのマント・・・(ややこしい)・・・のおのこの隣の隣に

座っていた彼  ↑

可愛いピコットが一杯ついた大きなショールを、

無造作に、首のあたりに黒の模様を出すように仕向けた羽織り方で巻きつけ、ぬくぬくと座っていた。


おのこがこんな着方をしているのは初めて見たぞ・・・。


ピコットちゃんと呼びたくなった・・。

 

 

 

 


ふくらはぎ

             こぶ
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★


電車のドア付近をふと見ると、美しいお嬢さんが立っていた。


でも、その立ち姿がなんだか落ち着かない・・・。

その要因を考えてみた。

つまり、ピンヒールの靴に重心を載せることに心が行きすぎ、

ふくらはぎに「コブ」を作って必死に耐えている・・図。

せっかく清楚で美しい方なのに、「コブ」メ!  "(-""-)"


f:id:retoto:20140828141108j:image





上の絵を全く動かさずに、スカート部分だけ描き変えてみたら・・・  ↓


f:id:retoto:20140828141107j:image


ほ~らね!!  (^O^)/
素敵な素敵な知的なムード漂うお嬢様になったでしょ?  !(^^)!


もしくは、上のスカートのままだったら、ピンヒールは辞めましょう!
普通のヒールで颯爽と・・の方がお似合ですよ、きっと。


せっかく美しい若さが、このニックキ ピンヒールでオジャンに

なっているのを見ていて、ご本人には分からない事なんだろうなぁ・・

とちょっと悔しい。



な~んて、またまたお節介なおばあちゃんの独り言・・。



人様の事を気にする前に、自分の姿に気を向けたら!? 
「はい・・・、そうでした・・・」 ぶひ   ( *´艸`)





.


スカーフ

            (スカーフ)
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★


恒例の「古嫁会」(義妹を囲む嫁軍団)の為、車中の人になった。

ふと見ると、
目の前に座った可愛い女性のスカーフがとっても素敵だった。


ふんわりもこもこした大判のスカーフを、さりげなく首に巻き付けた

だけなのだが、それだけで華やいだ雰囲気が漂う。


お召しの服は何の変哲もない黒い上下。


f:id:retoto:20170429231810j:image

膝に乗せた、大きな豹柄のバッグがインパクトを添える。


可愛らしい瞳の女性で、同性の私でさえ思わず見惚れてしまう。

こんな美しい瞳に、一時間だけでも良いからなってみたい・・

などと叶わぬ願望と羨望で見るともなく見ていた。


・・と、豹のバッグから、携帯を取り出した。
何と、それも「モノトーンの豹柄」!!!

余程「豹柄」がお好きと見える・・・。



それにしても、大判のスカーフをこんなお洒落に身に付けてみたいものよのぉ・・・。
それには、もう3cm首が長くないと・・・。

ふぅ・・・。

 

 

 

 


ほっこりする風景

         ほっこり
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

さて、今回の「車中ウォッチング」は、【優先席】の話。

f:id:retoto:20140126145620j:image


日比谷東横線のとある駅で乗り込んできたカップル。


30後半から40前半かな・・?という年恰好のふたり。

優先席に陣取っている私の前の席に、その女性をいざなって座らせる

ちょっと魅力的な男性。


あれ・・?優先席なのにそんなお若い方が座って良いのかな・・?

と廻りを見渡すと、充分資格があるような方(つまり、よぼよぼさん)

もそこここにいらっしゃる・・・。


そこで気が付いた。

もしかして、「あかちゃん」が・・・?????
高齢出産ならこのお歳でも有り得る・・・。

お化粧っけはないけど美しい顔立ちの女性が、座ったまま上目使いで

男性に話しかけている姿が何だか素敵・・・。
その話を聞こうと少し腰を落としている男性の姿も素敵!

ジャケットの腰のスリット部分から、しわくちゃな白いシャツが

飛び出しているのも何だか素敵!!
ウェストポーチも今風で素敵!


・・・と、ある駅で彼女の隣の優先席が空いた。
すかさず、その「素敵彼」がするりと座った・・・。


あれぇ~~??


ま、周辺がカラリと空いてしまって誰も居なくなったのだから、

別にいいんだけどぉ~~!  (^^ゞ


彼も座ったということは、別に彼女が「お目出度」では

無かったのかもしれないわ・・。

な~んだ・・、「高齢出産の奥さん」を庇ってあのように

颯爽と優先席を確保しようと画策したんじゃなかったのね・・?


勝手に今流行の「高齢初産」のストーリーを頭に描いていた

自分が可笑しかった!!  (~_~;)

・・・・ところが!

ある駅で降りる二人の姿・・、彼女が、席から立ち上がる時に見せた仕草・・・。
守る様にお腹に添えた手・・・。

その彼女を優しくサポートする彼。

わ、やっぱり「あかちゃん」が居たんだわ!  (^O^)/


ひとりで頬が緩んでしまった瞬間。

可愛いあかちゃんが無事生まれますように・・と、窓越しに見える

ホームの素敵なお二人に暖かいエールを送ったことだった。




.



読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について