閉じる


<<最初から読む

10 / 45ページ

日暮里繊維問屋街というところ

  日暮里繊維問屋街というところ
 ★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

日暮里ってところは、ファッションが面白い。
ピンからキリまでのファッションが見られるのが楽しい。

      f:id:retoto:20110627235358j:image

信号待ちする二人も、正に「日暮里」を行きかう人々の中の二人。



さ~て、右に居るのは誰でしょう・・?  (~_~;)   はい!  当たり!!





★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:retoto:20110627235334j:image


帰りの電車の中・・・。

とある駅で降りようとして立ち上がった女性がよろめいた。


おっとっと・・・。


見ると、お召しになっているスカートが、アシンメトリーに左が垂れ下がったひと頃流行ったデザイン。
その下がった先を踏んでしまったのね・・・。



ダメダメ  おば(あ)さん!
そんなスカートを履いたらダメですよ~~ん!!
年相応に、「危険」なファッションは諦めましょう!!  (^_-)



と自分にも言い聞かせる・・。




自分のことを一番知らないのは自分

 自分のことを一番知らないのは自分 
 ★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

今日は「日暮里探検隊出動日」。
11月のピアノリサイタルでお召しのドレス生地を探しに。


私の最寄駅のプラットホームで、デッサン会」のお仲間(男)にばったりお会いした。

「あら、お久しぶりです。お出かけですか?」(このフレーズって、ちょっと馬鹿っぽいけど、便利なんですよね・・出かけて来たからこそここでお会いしているのに・・・)

「えぇ、歯医者さんまで」

・・・から始まって、彼が長寿大学を卒業して、今度はその上の県立の長寿大学に入るつもりだ・・との話に発展したところで電車が来た。

乗り込んだら、車両端の両側に一つづつ空席があったので、それぞれにお別れして座った。

次の駅に着いた時、私の隣の若者がすっと立ち、「どうぞ」と先ほどの絵の仲間を私の隣にいざなう・・・。

「へっ??・・・」という感じの目で若者を見送り、彼が腰を曲げたまま私の隣にとことこと移動・・・。

いつの間にか若者の姿は見えなくなっていた。

       
f:id:retoto:20170505144830j:image


「うふふ、きっと私達のことを夫婦だと思って気を利かせたのですねと私。
「いやいや、光栄です!」と頭を掻く彼。


勿論、ギャグだということは一目瞭然!!  (^O^)/


体積・容積からして考えられないし、( *´艸`)
絶対彼の方がず~~っと年が上だと思う・・・、というか、私の半分かと思えるような「骨川筋衛門」の肉体保持者で、見るからにおじいさん(ごめん、よく考えれば私も見るからにおばあさんだった・・・)。
まさか夫婦には見えませんわよぉ・・・。


ところが、話しているうちに、デッサン教室でのイメージとかけ離れた日常を送っていらっしゃることが少しずつ分かってきた・・・。

「デッサン教室の他に【ダンス】をやっていましてねぇ、長寿大学の方もあって、なかなかデッサンにいけないんですよ」

「今、ダンス教室では【タンゴ】をやっていてね、そのお相手が、太った女性で・・、あ、あなたより少し細いかな?・・・、タンゴってのは、クッと首を反らしたり足裁きもシャっ!としなくてはいけないのに、その太った女性の動作がゆっくりで参っているんですよ。
太った人にはダンスは無理ですね。(なぬ?)
男性の足と足の間に女性をクッと挟んでステップを展開しなくてはいけないのに・・・うんぬんかんぬん・・・」

「息子と二世代住宅で住もうか・・・という話になったことがあったのですが、家内が【嫁姑】問題を心配して反対したものだから、息子が別に家を建てて、今では嫁の母親と息子一家が二世代で住んでいるんですよ・・・。
そうなると、私たち夫婦は置き去り状態で、小学生の孫は、おばあちゃんと言えばあちらの親を指す感じですよ」

 

ーーー



ちなみに、我が孫の「No.1君」は成人している・・・。



次から次へとお話なさる言葉から、「あれ?もしかして、この方は考えるほどご老人ではないのかな・・?」と思いだし、「Aさんは何年生まれですか?」とお聞きしてみた。

「○○年です」・・・・え~~っ?!  私と同じ!
よく聞けば、私より何ヶ月もお若い!  うっそぉ~~!  (00);


先の
ーーーーーーーーーーーーー
「うふふ、きっと私達のことを夫婦だと思ったのですね」と私。
「いやいや、光栄です!」と頭を掻く彼。
ーーーーーーーーーーーーー


の会話は、「まさかぁ?!」の確信から出た言葉。
てっきり、80歳は出ていらっしゃると思い込んでの冗談だったのに・・・。

いやん! 私の方が年寄りだったなんて・・・!  ぎゃお



かくして、「自分のことを一番知らないのは自分」という事を見事に知ったのだった。






笏を持ったお内裏様・・?

             車中風景
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

・・・・・・・・・・・・

f:id:retoto:20170504224136j:image



まさか!  (^_-)-☆


ふふ、皆がお内裏様に見えてきた・・・!
皆一緒に「笏」を持ち・・・

 

がんばれ!にっぽん! 「ロンドン五輪選手のエンブレム」

       ユニフォーム姿の二人       
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

今日の車中ウォッチング・・・。


電車の端に立って居る二人の男性。
とても魅力的なブレザー姿に思わず見惚れていた。        
     
      
f:id:retoto:20170503173954j:image

グレーのズボンの皺がとても良い感じで、クロッキーをしたい位。
時々ズボンに手を突っ込むと、ぱっつりした素敵なお尻の線が見え隠れし、身体に合った仕立てのブレザー姿が本当に素敵な二人。


彼がふと身を捩ってこちらに向いた時!!!!!!

おぉぉぉ!  胸に輝く「ロンドン五輪選手のエンブレム」を見てしまったのだ!


     f:id:retoto:20120723233813j:image  (もしかして、「JAPAN」が入っていたかもしれない・・・)
 
     (正しくは、下の画像【パラリンピックのエンブレム】でした!)   
(色の順番だけを覚えるのに必死で、エンブレムの形まで気が行かなかった為の失敗・・。)(≧▽≦)
         f:id:retoto:20170502140134p:image


素敵すぎる!!!!!  (^O^)


スポーツに携わっているだけあって、さすがに身体の線が素晴らしいわ!!!
(絵はちっとも素敵に描けなかったけど・・・)


下の波のような三本の線は何を意味するのだろう。
「赤」「青」「緑」の順番だった。  (ほんの二秒位で見ただけだったけど)


紺のブレザーの襟の部分に、白と赤の細い線が入っているのも洒落ている。


・・・・で、家に帰ってから見たテレビのニュースで、この赤白の線が入った紺ブレザー集団の映像が映っていた!!!
何の種目なのか知らないけれど、確かに、確かに、ロンドンオリンピックに出掛ける空港での映像だった。


何だか胸が高鳴った!!!  (^O^)/


★ーーーーーーーーー

一つだけ「ウォッチング的」なものを「み~つけ!!!」ふふ

絵の左の男性の、紺色ブレザーのお尻のスリットの「バッテン」が付いたままだったぞい! 


かっこよくズボンに手を突っ込む素敵な仕草も、あれれれ、絵のようにたくし上がって・・・。


右の方!  教えてあげてね!!!   (^_-)-☆ 



ちなみに、このロゴは【パラリンピック】のもので、色の意味等は下を参照。 ↓

http://sn1.e-kokoro.ne.jp/english/olympic/whats06_05.html




(2012年8月)

ミサンガ

          ミサンガ
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

f:id:retoto:20130813090950j:image:w500

六本木に向かう車中・・・。
前に座ったお嬢さん、何と飾りっけのない服装だこと! 

だぶつき気味のTシャツに、ぶかぶかのオレンジ色のズボン。
イヤリングもネックレスも無し・・・。

普通の運動靴の色をぶかぶかズボンとお揃いのオレンジにしているあたりは、まだちょっと気を使っているのかな・・?


・・・・・と思いながら、ふと見ると、手首に巻いた「ミサンガ」風の飾りが 何と! レースの小花。
普通に洋裁に使うこの小花模様のレースは、「オレンジ・白」が交互になった可愛い見慣れたもの。
このレースをこんな風に使うなんて、想像も出来なかったなぁ・・・。

でも、どんなジャラジャラした装飾品より、彼女に一番よく似合う!!!

・・・・・と、視線を下に降ろすと、わ! 何と!
オレンジのぶかぶかズボンの裾の折り返しが・・・!
白い生地に自分でネット生地をプラスしたらしい、可愛いふんわり感が涼しそうでオサレ!!

なになに・・・?!!!

その下の運動靴を見て、またまたびっくり!!!

普通の「紐」を透明な「オーガンジー」のリボンに替えて履いていた!!!



このおしゃれ感は、只者ではないぞ!!
ちょっと見、「ぼっさり」した今どきには見られないような純朴な御嬢さんにみえたが、なんの!なんの!
こんなに自分だけのお洒落を楽しんでいる凄いお洒落さんだったのだ!!!


いやぁ・・・、気付いてあげて良かった!!!
完璧に見落すところだった・・・。






読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について