閉じる


<<最初から読む

5 / 45ページ

(明朝の眉が心配・・・)

          明朝の「眉」が心配・・・
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

f:id:retoto:20080714220200j:image

午後から所要で出かける。

電車の前の椅子に座っている女性・・・、ちょっと可愛い。
清楚な面持ちと、赤いブラウスのちょうちん袖(・・・って今どき言うかぁ?)がマッチして、うん、良い感じ・・・・。
足元は、今はやりの「ボーン(骨)シューズ」。

と思ったのも束の間だけ。   

ごそごそと赤い大きなバッグから取りいだしましたる・例のポーチと鏡。
それからの25分の奮闘は、例によっての人目も憚らぬ真剣勝負。
だんだん、だんだん、目が釣りあがり、全くの別人かぁ?と思うほどに変身しだし、勢い余って、隣の空いた席にも使いかけの小道具をちょっと置いたりして、睫を少しでも長くしようとブラシでこするのに夢中。



f:id:retoto:20080714222914j:image

そこに乗り込んできたおじさん。

座ろうとした席に眉ペンシルらしき小道具が置いてあるのを「チラリ」と見て、ちょっとヒルンダかな?と思った瞬間、何と!「どっしん」とその上から座ってしまったぁ~~!!!


太ももの辺りに棒のような感覚が触っているだろうに、しっかりと目をつぶって知らん顔。

くだんの彼女はそんな事情は知るよしもなく、すっかり変身した顔を満遍なく鏡に映して納得するや、ごそごそと取り出したのが・・・・!  わ、赤い縁の大きなサングラス!

前にもそんなシチュエーションがあったが、まさに又同じことが・・・。
せっかく25分塗り捲った目を、茶色のサングラスでしっかり隠し、おまけに、前髪を引き寄せ、おばけ~~~のように顔を覆ってしまった・・・。

何のための25分だったのさ・・・。

ところで、おじさんの太ももに敷かれた眉ペン、どうなっただろうか・・・。
明日の朝、お化粧をしようとした彼女を襲うパニック! 
眉無しでご出勤か?  (>_<)

いえいえ、例のサングラスがありますワイ!

 

 


(帽子の被り方)

           帽子の被り方  
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

所用で出かけた車中で、前の席に座ったご婦人・・・。


f:id:retoto:20170430222744j:image



あのぉ~・・・、その帽子の被り方、違ってません?・・・

これだと、額に△が来て、「さん○の川」を渡る人みたいじゃありません?・・・

もしかして、正しい被り方は、 ↓ では・・・?    (^^ゞ

f:id:retoto:20140309214539j:image



はおっているコート(?)が、木綿の絣で出来ていて、ちょっと珍しい。
私も、手持ちの着物でコートを作りたいといつも思いながら実行できないでいる。

実は、この方はきっと、凄いおしゃれ心をお持ちなのだと思う。
私の思いより一足早くそんなコート(?)をお召しだし・・・。
(ただし、木綿の絣で・・とは思いつかなかったが・・・)

ピンクと黒の大胆な模様のセーターも、単独でお召しだときっと洒落た感じなのね・・。
絣の下だと、そのオシャレ度が全く逆を行ってしまうのも残念・・・。
その心意気は素敵だと思う。

でも、・・・、ごめん、言わせて貰いますね・・、首に巻いた「草木染」だと思われるスカーフ(?)の扱いが、絣の上着と相まって、「手ぬぐい」を捲いたように見えるのね・・・。
ごめん、本当にごめん・・・。
何度も結び方の調整を気に掛けていたので、もしかして愛の籠ったお手製の「草木染め」かもなのに・・。


だってこの方、帽子の被り方と手ぬぐい・・じゃなかった、スカーフの扱い以外は、お洒落心満載なことは伝わってきているの・・。
大きなマスクで覆われて入るけれど、辛うじて覗いている眉間の皺などから察すると、私位の年齢の方にお見受けするけれど、見てください!「真っ赤な皮のシューズ」を履いていらっしゃる!!

お帽子だって、マニュアル通りに被ればお洒落さん!!


惜しい!!





(たんたんと・・)

           たんたんと・・・
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★


六本木に向かう電車の中で、例によって「優先席」に陣取った私。

とある駅で隣の方が席を立って降りられた。
そして、入れ替わりに泳ぐように真っ先に大急ぎで乗り込んできた80過ぎとおぼしきおじいちゃん。

両肘を「く」の字に広げて幅を確保しながら飛び込んでくるなり、
「おっおっ!」と、大きなジェスチャーで私の隣の空いた席を指さして、後ろから乗ってきたおばあさんに大きな声で指図をし、自分も丁度空いた向かいの席によろよろしながら慌てて座った。

あ~、これで一安心!おばあさんも座れたし・・という安心顔がやさしい。

おばあさんは、私の隣でもの静かに、たんたんと座っている・・・。


そして私が降りる駅が来た時、想像してみた・・・。

「きっとあのおじいさん、私が立ったら奥さんの隣に席を移動してくるぞ!」・・と。


ひゃ!  お見事!!あたった!

         f:id:retoto:20170425215747j:image

降りる瞬間にふと見返ると、ほ~らね!  あったり~~~!!!

おじいさんが自分の席から立ち上がり、混んだ人ごみを分けて、おばあさんの隣の席(今まで私が座っていた席)へ突進し、よろよろしながら腰を下ろすところだった! ('◇')ゞ

だって、次の駅が終点なんだから、一駅位別々でもいいじゃな~い?!

と思いながらも、「たんたん」と前を向いたままの冷静なおばあさんと、そのおばあさんを愛してやまないおじいさんの威張った指図の滑稽さに、思わず頬を緩めながら降り立ったことだった。

大事な大事な奥さんなんですね!  (^O^)/

何とも良い風景。

 

 


(銀座線で・・)

        出来るオンナ・・
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

       f:id:retoto:20170425221050j:image
銀座線の女性。
とある駅から乗ってきたのを見て、「あれ?頭頂が剥げているぅ?」と一瞬思ってしまったほど、幅の広い肌色のカチューシャで白髪まじりの髪を止めていらした。
前に座った彼女のそのカチューシャの左には、親指大の大きな大きな10個ほどのクリスタルの花が飾ってある・・・。


こんな大胆なカチューシャは初めて見たぞ!!!


100均のものしか使ったことがない我が身、ひょえ~!と思ってしまう。
きっと、外国か何かで求めたのだろうなぁ・・。
こういう大胆な装飾品をさりげなく身に纏えるセンスも凄い!




それにしても、何て幅が広いカチューシャだろう・・。しかも、肌色のシルク?
だから思わず、「磯野家のおとうさんか?」と思ってしまったのだった。 (^_-)-☆




襟をシャッと立て、姿勢良く座っている彼女の「出来るおんな!!」ムードに、思わず魅入ってしまった。


彼女の降り際に見た後ろ姿の、ほぼ白髪のストレートの髪を一纏めに括って留め上げた無造作の中の美にも「お手上げ状態!」の気分を味わった!


私もこんな女性になりたかった・・・。=^_^=
ほんと!  「出来るおんな!!」 ムード満載。


同じ女として(まだ取り敢えず女・・)こころから羨ましい。







紬着物地の利用法

         紬の利用法
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

連休中日ということもあり、電車が混んでいて、やっと座れた私達夫婦。

とある駅で、どどっと乗り込んできた人の群れのなかで、英語を喋っている女性の声が・・・。
結構混んでいて、私の前に若い女性が立ち塞がり、その声の主を見ることが出来ない。
隙間からちらりと見ると、お年を召した70歳前後の女性と、多分ご主人かと思える年恰好の日本人の男性が並んでいて、男性はずっと窓の外を見ていて、時々短く何か返事をしている模様。


f:id:retoto:20121223224124j:image


この年恰好の国際結婚だとしたら、女性は物凄い決心で日本に来たのだろうなぁ・・・、ご主人を頼りにしながらここまで生きて来たのだろうなぁ・・? だから、こんなにいろいろ話掛けて仲良くしているのだわ、きっと。

・・・と、切れ切れに見えるお二人の姿と話声だけでちょっと想像を膨らませていた。


ふと見ると、彼女のおズボン(!?)が何と、日本の着物の紬織の生地を使っているらしい面白いデザインのものだと気が付いた。
しっかり織られた紫の「ぼかし」の生地で、もしかして「帯」をリフォームしたものではないかと目を凝らす。
ユニークな裁断で、リュックとスニーカーのラフなイデタチにマッチしている・・・。



実は驚いたことに、その直前に「暇が出来たら、自分の着物の紬を使って軽いコートを仕立てたいな・・・」とあれこれ裁断方法やデザインなどを空想していた時だったので、「着物を使って服を作る」という共時性にびっくりしたのだった。
彼女のような斬新なデザインはとても着こなす自信はないけれど、「着物地で洋服を・・・」の願望がこの一件でぐっと身近なものになった。  (^_^)v
よ=し、やってみよう!!!



ところで、この女性は余程「紫」がお好きなようで、ご主人のブルゾンや帽子もちょっと渋い紫がかったグレーだったし、彼女のズボンも紫、襟から覗いているマフラーも色鮮やかな手編み風のモヘア、白髪に少し紫のヘアマニキュアをしているようだし、吊革に掴まる手首には、アメジスト(紫水晶)の濃淡の石のブレスレット。
全身好きな紫で纏めたお気に入りの恰好のよう・・・。


何処へいらっしゃるのか、リュック(古い!)はパンパン!!
しっかりと背中にしょったまま。
彼はと言えば、すかすかの黒いリュックを降ろして足元に・・・。

彼女の、いかにもパンパンなリュックには目もくれないで・・・。

いらないお世話だけど、レディファーストの掟・・それでいいのかなぁ・・・日本男児さん!



読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について