目次
この本は、東京を走る電車の中の楽しい人間模様を書き留めたものです。
どっちが男性?女性?
たゆたゆ 
(たんたんと・・)
のぞき見(ミタさん)
本当は自分の孫に言いたいこと
あめちゃんおばあちゃん
キューピー体型
たてむすび
素敵な瞬間を見た!
私が着たら・・・!
(トリコットのドレス)
 (ウォッチ君のウォッチ))
(明朝の眉が心配・・・)
冷え冷えタオルの賞味時間
(帽子の被り方)
(銀座線で・・)
紬着物地の利用法
日暮里繊維問屋街というところ
笏を持ったお内裏様・・?
がんばれ!にっぽん! 「ロンドン五輪選手のエンブレム」
一口コント!
秋葉原の「メイドさん遊び」?
ミサンガ
マンタのマント
ピコットちゃん
ふくらはぎ
スカーフ
車中ウォッチング(ブランドもどき)
ほっこりする風景
かなしき「デブリン部隊」
美しき「優先席」のひと
銀座線の人
ブランドおばあさま
近頃の「手袋事情」
一本の白髪で・・
サマーヤーン
鳩杖
ロココ婦人
円形・・・
紙の使い方
「謎」のセリフ
スカイツリーと夫婦の有り方
バイヤスのボタンホール
つけまつげ
魔法の液体
ぱか~ん!
自分のことを一番知らないのは自分
ミスマッチ?
お歳頃の心得
しまぶくろ・・・?
「優先席」のA・B・Cさん
ピン一本で・・・
入れ歯遊び
伊達男
色男の困惑
車中ウォッチング(携帯編)
衣替えの季節
人はみかけに・・・
ルーズソックス
体操おばさん
若い男性
クリスマスバージョン
化粧
逆ウォッチング
はな〇〇
おばさんの会話
赤福!
順番こ
ちょうちんブルマー
★ ありがとう、おばあちゃん ★
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

12 / 72ページ

(トリコットのドレス)

        トリコットのドレス
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 f:id:retoto:20120507214245j:image


とある駅から乗り込んできた、日本に着いたばかりとおぼしき
外国からのお二人・・・。

わ!

おっぱいが半分出ている・・・・。

ひょろひょろとした感触で身体を包んでいる「トリコット」の生地が、
ますます色っぽさを演出している。

対面に座っている家人の目が、釘づけ?!  (~_~;)  多分!

大きな羽を広げたクジャクの模様の右側の人の手を見て、わぉ! 
と思った!  ↓

 f:id:retoto:20120507214244j:image  

こんな飾り、初めて見た!!!  (+_+)


動く度にぷるるんと揺れるおっぱいは、わたしにとって、
勿論主人にとっても目の保養になりましたぁ!  ふふ


日本はまだ肌寒いから、風邪を引かないでね・・・。(~_~;)

いい旅を・・・!
 
 
 

 (ウォッチ君のウォッチ))

     (ウォッチ君のウォッチ) 

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 

f:id:retoto:20081027194354j:image
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


向かいに座ったサラリーマン風の男性が、大きなあくびを繰り返す。

やだ・・、私まであくびが移って、かみ殺すのに一苦労。


その隣の「宇宙防衛隊」(?!)風な、白いステッチだらけの服

を着ている男性・・・。
細い眼鏡が今風で、頭髪をブラシのようにツンツン立ち上げて・・・。


・・・・とある駅で、ぶわんぶわんの金髪を揺らせた

グラマーちゃんが乗りこんできて、華やかな仕草で

「眼鏡くん」の斜め前に座った。(つまり、私と家人の左隣)

 

 f:id:retoto:20081027205957j:image

勿論、金髪は金髪でもお顔は純日本製。


そのとたんに、細眼鏡の目がキランと光ったのを素早

くキャッチしたぞ・・・(^_-)!
その金髪さん、目がつけ睫で真っ黒け!
どこに眼球が存在するやらわけわかめ状態・・・ながら、

全体で見るとかなり華やか。

気付くと、細眼鏡が小さな本(だと思う)を取りだして

そこにに何やら描き出した。


何処から出したものやら、いつの間にやらしっかり鉛筆を

手に持っている。
そして、5秒毎に金髪に目線をチラリ・・・、

どうやらスケッチしているらしい。
金髪はそ知らぬ顔で携帯を打ち捲くり。


本に見えたけど、もしかして小さなスケッチブック?。
さては、常習犯(?)か?


ありゃ・・、私達が降りる駅に着いてしまった。


降り際、ナニゲによろける風を装ってスケッチを見ようと

したが、微妙に身体で防御されて見えなかった。残念!

それにしても、車中で盗みスケッチなんぞして良いのかなぁ!?

 

ありゃ?、私も「目から」だけだけどしっかり頭にスケッチ

している・・・。

もしかして、私も同罪・・?


・・・と、電車の中はウォッチングの材料に事欠かない! (^o^)丿

 






(明朝の眉が心配・・・)

     明朝の「眉」が心配・・・
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

f:id:retoto:20080714220200j:image

午後から所要で出かける。

電車の前の椅子に座っている女性・・・、ちょっと可愛い。
清楚な面持ちと、赤いブラウスのちょうちん袖

(・・・って今どき言うかぁ?)がマッチして、うん、良い感じ。
足元は、今はやりの「ボーン(骨)シューズ」。

と思ったのも束の間だけ。   

ごそごそと赤い大きなバッグから取りいだしましたる例のポーチと鏡。
それからの25分の奮闘は、例によっての人目も憚らぬ真剣勝負。
だんだん、だんだん、目が釣りあがり、全くの別人かぁ?と

思うほどに変身しだし、勢い余って、隣の空いた席にも使いかけ

の小道具をちょっと置いたりして、

睫を少しでも長くしようとブラシでこするのに夢中。



f:id:retoto:20080714222914j:image

そこに乗り込んできたおじさん。

座ろうとした席に眉ペンシルらしき小道具が置いてあるのを

「チラリ」と見て、ちょっとヒルンダかな?と思った瞬間、

何と!「どっしん」とその上から座ってしまったぁ~~!!!


太ももの辺りに棒のような感覚が触っているだろうに、

しっかりと目をつぶって知らん顔。

くだんの彼女はそんな事情は知るよしもなく、

すっかり変身した顔を満遍なく鏡に映して納得するや、

ごそごそと取り出したのが・・・・! 

 わ、赤い縁の大きなサングラス!

前にもそんなシチュエーションがあったが、まさに又同じことが・・・。
せっかく25分塗り捲った目を、赤のサングラスで

しっかり隠し、おまけに、前髪を引き寄せ、

おばけ~~~のように顔を覆ってしまった・・・。

何のための25分だったのさ・・・。

ところで、おじさんの太ももに敷かれた眉ペン、

どうなっただろうか・・・。


明日の朝、お化粧をしようとした彼女を襲うパニック! 
眉無しでご出勤か?  (>_<)

いえいえ、例のサングラスがありますワイ!

 

 


冷え冷えタオルの賞味時間

          冷却タオル
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

先日の車中・・・。
暑くてうだりそうな外気、電車の中に入ると「うぅ~! 生き返る!!」

心境。


ふと、前に座ったおじさんの首に目が行く・・・。


あぁっ、 「あれ」だぁ・・・!  (+_+);

綺麗なコバルトブルーの「水につけて絞るだけで冷たい冷却タオルに」

(仮名)を首に巻いて、涼しそうな顔で座っていらっしゃる・・。


実はこれ、私も買ったのだぁぁぁ~!
そして、語るも涙の経験をしたのだった・・・。

f:id:retoto:20120820214039j:image





ある日、ラジオを聞きながらミシンの前で仕事をしていたら、

 

「今日は、アノ!ナサで研究された、水につけるだけで冷た~いタオルに

変身する、魔法のようなタオルをご紹介します・・・」という

「ラジオショッピング」の女性の声に、ふと、耳がピクリとなった!


実はこの間、わんこのルリちゃんのお散歩用に、同じような

「水に浸してから着用すると何時までも冷たさが持続する・・」

というワンコ用のベストを買ったばかりだった・・・。


それが・・・!!!  何と、宅急便代を入れて5000円弱の

大枚をはたいて楽天から買ったのに・・・、わ!! 

水に浸すと、いくら絞っても「どすん」!!と重くなってしまい、

裏は水が漏れない様にしっかりとビニールコーティング・・・。


ルリちゃんに着せたら、まるでフェンシングの人か中世の鎧の騎士

みたいな格好になり、玄関で固まって一歩も動かない・・。(-_-;)




そんな失敗の折の、ラジオショッピングのこの魅力的な「冷却タオル」?

ときたもんだ!!!
そうだ!
この魔法のタオルで  ちゃ!ちゃ!っとルリちゃんのお散歩用

冷え冷え洋服を縫ってあげよう!!!

何て素敵なタイミング!  (^O^)/
何て素敵な私の発想!!  ルン!



そこで私、早速ラジオ局に電話をした!!!  意気揚々と・・・。


「お買い上げありがとうございます!

 この商品は、【二個買うと宅急便代が一個分ゼロになりますが、

二個お買い上げは如何でしょうか】」と可愛い受付け嬢の声。


そうさな・・・、ルリ洋服を二枚作ってあげても良いんじゃない?


ほ~ら、早速お誘いに載ってしまうわたくしめ。
「は~い、では、二個お願いし~す」・・・・=^_^=



その後何が起こったと思いますぅ~??!!!



数日後、待ちに待った宅急便が届き、   わお!   

開けてびっくり玉手箱!!!
一枚ずつ二枚届くと思っていた私の目に、大きな箱が二つもどどん!!と。


しかも!しかも!
一箱の中に、こんな ↓ 大袈裟なハードな筒に入ったタオルが5つ!!! 

ぎっしりと詰まっていた!!
それが二箱、つまり、がぽがぽのハードな筒が10個・・・!!!!!!


         f:id:retoto:20120820214037j:image



わお!
どうしよう・・・。
聞いてないよぉ~!!  (私が聴いていなかっただけかもしれない・・)

私の脳内では、一個に付、小き目な湯上りタオルが一個分・・

だと思い込んでいたのだ・・・!



でも、ま、仕方ない・・・。
5個入った一箱は二階にプレゼントしましょう!!  

それで解決しよう!!



と思った私がバカでした!



二階の息子一家にもと意気揚々と持って行くと、「ありがとう! 

でも、これ、幾らで買いました? 

これと同じようなのが、○百円の均一コーナーで売っていますよぉ!!」
だと!!!!


・・・・(-_-;)  がく!


でも、そういうのとは品質が違うんじゃない?
だって、この一箱で3000円以上するものなんだから・・・

と脳内で反論の私。



その自信が完璧に裏切られたのはその直ぐ後だった・・・。



五個のケースの中から、可愛いピンクを選んで、さぁ、ルリちゃんの

「冷え冷え洋服」を・・・と張り切って裁断し、縫って着せました・・・。


その時点では、特殊な液で柔らかくしなやかなタオル状の生地だった。
のに、まさか!まさか!その後思いも寄らない事が起こるとは!!!


水に浸して、ルんルん気分でルリちゃんに着せました!
そして、先述のフェンシング防具もどきと違い、軽々、冷え冷えのこの服は

快適で、ルリちゃんも何の抵抗も無くお散歩に出かけました!



お散歩を終えて、脱がせた洋服をその辺においていたのを忘れて

気が付いた時にその服がどうなっていたと思いますぅ~!!!????


                 ↓

     f:id:retoto:20120820214038j:image





きゃぴ~~ん!!!
まるでスルメのヒラキ!!!



・・・・・・。

この生地は、二階のママに言わせると、常識的にそうなのだそうだ・・・。
知らぬは私ばかりなり・・・!

再び水に漬ければ元通りのしなやかなタオル生地になる・・・んだと!
知らなかったよぉ~~!!



でもまぁ、取り敢えずルリちゃんの「冷え冷え洋服」は一枚できたし、

私の首に巻く為に一枚使ったし、5個入りの1箱は二階に上げたし・・・、

あと三個はどう処分しよう・・・と思案投げ首していたところ、

ママが良い案を提供してくれた!!

【合宿小僧(孫1)のところに送って良いですか?、

頭を洗ったりした後に日常的に安いこのタオルを使っているようなので・・

友達にも上げて貰いましょう】

おぉ! そうして頂きましょう!
少しでも彼の役に立てるのなら、今回の大失敗も「自分を許す」

感じになるので・・・。  =^_^=


・・・・・で、二階のママが送る荷物の中に入れて送って貰った今日・・・! 
大きな肩の荷を下した感じ・・。
ふぅ・・・、ちかれたび・・・。 (+_+);




  ➡  f:id:retoto:20120820214039j:image

ところで、車中ウォッチングのおじさんの数時間後が心配な私。

首に巻いた「冷え冷えタオル」の賞味時間(?)が過ぎた時・・・、

おじさんの首には、べきべきの「スルメのヒラキ」が・・・。
(*_*;

ひぇ~~~!!!

怪談より怖い風景かも・・。  (+0+);



・・・と、私の失敗談でした!  ( *´艸`)





.


(帽子の被り方)

      帽子の被り方  
★ーーーーーーーーーーーーーーーー★

所用で出かけた車中で、前の席に座ったご婦人・・・。


f:id:retoto:20170430222744j:image



あのぉ~・・・、その帽子の被り方、違ってません?・・・

これだと、額に△が来て、「さん〇の川」を渡る人

みたいじゃありません?・・・

もしかして、正しい被り方は、 ↓ では・・・? (^^ゞ

f:id:retoto:20140309214539j:image



はおっているコート(?)が、木綿の絣で出来ていて、

ちょっと珍しい。


私も、手持ちの着物でコートを作りたいといつも思いながら

実行できないでいる。

実は、この方はきっと、凄いおしゃれ心をお持ちなのだと思う。
私の思いより一足早くそんなコート(?)をお召しだし・・・。
(ただし、木綿の絣で・・とは思いつかなかったが・・・)

ピンクと黒の大胆な模様のセーターも、単独でお召しだと

きっと洒落た感じなのね・・。


絣の下だと、そのオシャレ度が全く逆を行ってしまうのも残念

・・・。
その心意気は素敵だと思う。

でも、・・・、ごめん、言わせて貰いますね・・、

首に巻いた「草木染」だと思われるスカーフ(?)の扱いが、

絣の上着と相まって、「手ぬぐい」を捲いたように見えるのね

・・・。
ごめん、本当にごめん・・・。


何度も結び方の調整を気に掛けていたので、もしかして愛の

籠ったお手製の「草木染め」かもなのに・・。


だってこの方、帽子の被り方と手ぬぐい・・じゃなかった、

スカーフの扱い以外は、お洒落心満載なことは

伝わってきているの・・。


大きなマスクで覆われているけれど、辛うじて覗いている

眉間の皺などから察すると、私位の年齢の方にお見受け

するけれど、見てください!

真っ赤な皮のシューズ」を履いていらっしゃる!!

お帽子だって、マニュアル通りに被ればお洒落さん!!


惜しい!!






読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について