閉じる


<<最初から読む

1 / 45ページ

のぞき見(ミタさん)

 

覗き読み・・・これこれ・・

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★
f:id:retoto:20170417185753j:image

今日はバレンタインディ。


向かいに座ったかわいこちゃんが、にこにこしながら夢中でメールを打っている。
カレシとデイトの連絡かな・・・?


バッグの中には、手作りチョコレートが入っていたりして・・・。(^o^)丿


隣にすわったおばちゃま、何でそんなに気になるのか、のけぞりながら

盛んにメールの文字を読もうと覗き込んでいる目が笑えちゃう・・・。

これこれ・・・。


(トリコットのドレス)

        トリコットのドレス
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 f:id:retoto:20120507214245j:image


とある駅から乗り込んできた、日本に着いたばかりとおぼしき
外国からのお二人・・・。

わ!

おっぱいが半分出ている・・・・。

ひょろひょろとした感触で身体を包んでいる「トリコット」の生地が、
ますます色っぽさを演出している。

対面に座っている家人の目が、釘づけ?!  (~_~;)  多分!

大きな羽を広げたクジャクの模様の右側の人の手を見て、わぉ! 
と思った!  ↓

 f:id:retoto:20120507214244j:image  

こんな飾り、初めて見た!!!  (+_+)


動く度にぷるるんと揺れるおっぱいは、わたしにとって、
勿論主人にとっても目の保養になりましたぁ!  ふふ


日本はまだ肌寒いから、風邪を引かないでね・・・。(~_~;)

いい旅を・・・!
 
 
 

「優先席」のA・B・Cさん

     「優先席」のA・B・Cさん

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★


毎度の事ながら、ホームで電車を待つのは「優先席」の指定がある

場所のドア近辺。  (^^ゞ

乗り込んだ「優先席」は6席とも一杯だったので、仕方なく

吊革につかまって何気なく席を見下ろすと・・・、

前の席はこんな感じの人たちが座っていた・・・。

f:id:retoto:20170503100122j:image

では、まず【A】の方から・・・。

 

(ごめんなさいね、退屈なものでついついウォッチングをして

しまいますぅ・・)

 
★ A

ハンチング帽(ワニのマークが付いた)を被り、何やらアイフォン

を操っている50~60代のおじさん。
はたと目についたのが、顔全体を覆っているマスクの色・・・!
消し炭色・・・(古いたとえですね・・! 年齢がわかってしまう・・)。

マスクと言えば「白」と相場が決まっていると思い込んでいる私。

あ、もしかして、「消臭の為に炭を織り込んだ生地」で出来ている

新式なのかも・・。

でも、端から見えている「裏」は普通の白い生地なので、

装着方法を間違えているとか・・?
表面が白で、裏が消し炭入り生地とか・・?

ま、いいや、そんなことはどうでも・・。

でも、ワニが赤い口をわっと開けている例のブランドマークの

ハンチングと、ジャケットの襟をびゃっ!と立ち上げている着方と、

消し炭色のマスクが一体となって、何だか面白いムードが漂う

「優先席」ではあった。 





★ B

真ん中に座っている青年。「優先席」なのに・・・。 (^^ゞ

ちらっと目が合った・・。

とたんに、「あ、厚化粧のおばあが前に立った!マズイ!」と

いわんばかりに、ぎゅっと目を閉じると、あれま! 

急に居眠りを始めた!!
しかも、「あからさま」に大きく身体を前に横に・・。

そんなぁ・・。

もしかして、熱が有って病院へ行くところかもしれないし、

見えない部分に怪我をしているのかもしれないし、

いくらドスこい体型でも、まさか妊娠している訳でもない

だろうから、体調が悪い人は「優先席」に座っていて良いのよ・・。

わたしゃこう見えても、六本木位までなら立っていても

ぜ~~んぜん平気なんだから・・!

でも、こうもあからさまに目の前でゆらゆらこっくんこっくん

されると、何だか前に立っているのが申し訳なくなってくる。

べつに~! そんなに座っていたいのなら、おばさん(おばあさん)

を気にしなくていいのよ~!!! (^^ゞ




★ C


青年の隣に、ちまっと収まっているおばあ様・・。

全然身じろぎをしないで、「お地蔵様」化している。

お召しのコートも、きっちりと、ハンガーから外してそのまま

身体に乗っけたように清廉潔白!!

お靴もきっちり揃えて、清々しいというか、なんというか・・。

こういう「お地蔵」さんのような方でも、激情の青春時代を

通り抜けて来た過去があるのでしょうが、その方の周りには、

「有り難い」ようなすわ~~~んとした清い空気が漂っていたぞ・・・。




人それぞれ、其々の過去があって現在がある・・。
その、奥深い歴史を想像するのも楽しい。



私だってぇ~! 今はこんな「どすこい」で悲惨なおばあさんだけど、

ウェスト58cm・・な~んていう時代もあったのよ。
「あなたに一目ぼれしました!一生この美味しそうにわしわし

食べる姿を見ていたい!」とプロポーズして下さった方も

いらしたのだから! (自慢じゃないが・・)(*_*;

勿論、我が家人ではないですよ・・・。  (^^ゞ

 



ま、そういうわけで、私にもそういう過去があって、

目の前に立っている「どすこいおばあちゃん」が出来上がった

という訳なんだけどね・・。

だけど、気にしないでいいのよ、ボクちゃん。
「席を譲って頂戴!」などとは言わないから、安心して!

だから、そんな大きなゼスチャーの「ゆらゆら・こくこく」は

必要ないのよ・・・!!! (~_~;)


・・・って・・、やっぱり「優先席」こだわっているじゃん・・・。




 (ウォッチ君のウォッチ))

     (ウォッチ君のウォッチ) 

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

 

f:id:retoto:20081027194354j:image
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


向かいに座ったサラリーマン風の男性が、大きなあくびを繰り返す。

やだ・・、私まであくびが移って、かみ殺すのに一苦労。


その隣の「宇宙防衛隊」(?!)風な、白いステッチだらけの服

を着ている男性・・・。
細い眼鏡が今風で、頭髪をブラシのようにツンツン立ち上げて・・・。


・・・・とある駅で、ぶわんぶわんの金髪を揺らせた

グラマーちゃんが乗りこんできて、華やかな仕草で

「眼鏡くん」の斜め前に座った。(つまり、私と家人の左隣)

 

 f:id:retoto:20081027205957j:image

勿論、金髪は金髪でもお顔は純日本製。


そのとたんに、細眼鏡の目がキランと光ったのを素早

くキャッチしたぞ・・・(^_-)!
その金髪さん、目がつけ睫で真っ黒け!
どこに眼球が存在するやらわけわかめ状態・・・ながら、

全体で見るとかなり華やか。

気付くと、細眼鏡が小さな本(だと思う)を取りだして

そこにに何やら描き出した。


何処から出したものやら、いつの間にやらしっかり鉛筆を

手に持っている。
そして、5秒毎に金髪に目線をチラリ・・・、

どうやらスケッチしているらしい。
金髪はそ知らぬ顔で携帯を打ち捲くり。


本に見えたけど、もしかして小さなスケッチブック?。
さては、常習犯(?)か?


ありゃ・・、私達が降りる駅に着いてしまった。


降り際、ナニゲによろける風を装ってスケッチを見ようと

したが、微妙に身体で防御されて見えなかった。残念!

それにしても、車中で盗みスケッチなんぞして良いのかなぁ!?

 

ありゃ?、私も「目から」だけだけどしっかり頭にスケッチ

している・・・。

もしかして、私も同罪・・?


・・・と、電車の中はウォッチングの材料に事欠かない! (^o^)丿

 






(明朝の眉が心配・・・)

     明朝の「眉」が心配・・・
★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

f:id:retoto:20080714220200j:image

午後から所要で出かける。

電車の前の椅子に座っている女性・・・、ちょっと可愛い。
清楚な面持ちと、赤いブラウスのちょうちん袖

(・・・って今どき言うかぁ?)がマッチして、うん、良い感じ。
足元は、今はやりの「ボーン(骨)シューズ」。

と思ったのも束の間だけ。   

ごそごそと赤い大きなバッグから取りいだしましたる例のポーチと鏡。
それからの25分の奮闘は、例によっての人目も憚らぬ真剣勝負。
だんだん、だんだん、目が釣りあがり、全くの別人かぁ?と

思うほどに変身しだし、勢い余って、隣の空いた席にも使いかけ

の小道具をちょっと置いたりして、

睫を少しでも長くしようとブラシでこするのに夢中。



f:id:retoto:20080714222914j:image

そこに乗り込んできたおじさん。

座ろうとした席に眉ペンシルらしき小道具が置いてあるのを

「チラリ」と見て、ちょっとヒルンダかな?と思った瞬間、

何と!「どっしん」とその上から座ってしまったぁ~~!!!


太ももの辺りに棒のような感覚が触っているだろうに、

しっかりと目をつぶって知らん顔。

くだんの彼女はそんな事情は知るよしもなく、

すっかり変身した顔を満遍なく鏡に映して納得するや、

ごそごそと取り出したのが・・・・! 

 わ、赤い縁の大きなサングラス!

前にもそんなシチュエーションがあったが、まさに又同じことが・・・。
せっかく25分塗り捲った目を、茶色のサングラスで

しっかり隠し、おまけに、前髪を引き寄せ、

おばけ~~~のように顔を覆ってしまった・・・。

何のための25分だったのさ・・・。

ところで、おじさんの太ももに敷かれた眉ペン、

どうなっただろうか・・・。


明日の朝、お化粧をしようとした彼女を襲うパニック! 
眉無しでご出勤か?  (>_<)

いえいえ、例のサングラスがありますワイ!

 

 



読者登録

MEMEさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について